記事
  • ロイター

ジョージ・シュルツ氏死去、100歳 レーガン政権で国務長官


[ワシントン 7日 ロイター] - 1980年代に米共和党のレーガン政権で国務長官として旧ソ連との緊張緩和に尽力し、冷戦終結に向けた環境を整えたジョージ・シュルツ氏が6日死去した。100歳だった。米スタンフォード大フーバー研究所が発表した。

幅広い経験と才能を持ち、政治、ビジネス、学術の分野で偉業を成し遂げた。

1982年から1989年に米国の外交トップとして米国とソ連の緊張緩和に重要な役割を果たし、その取り組みが第2次大戦以降約40年続いた冷戦の終結につながった。

レーガン政権以前は、ニクソン政権で労働長官(1969─70年)、初代OMB局長(1970─72年)、財務長官(1972─1974年)と、要職を歴任した。それ以前はアイゼンハワー大統領の経済アドバイザーのポストに就いていた。

1920年12月13日、ニューヨーク市生まれ。第2次大戦中に海兵隊に所属していた。

退任後もスタンフォード大フーバー研究所で精力的な活動を続け、執筆活動なども行った。対キューバ禁輸措置や英国の欧州連合(EU)離脱に反対の姿勢を取っていた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「俺はそういう人間だ」オンライン生活についていけないミドル男性は罪なのか

    土屋礼央

    04月19日 09:24

  2. 2

    日米共同声明に「台湾」が明記。日本は安全保障・環境問題で「メインプレイヤー」になる時だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月19日 08:14

  3. 3

    早稲田政経の入試で数学必須が話題に… “数学不要論”に天才数学者の答えは

    ABEMA TIMES

    04月19日 17:41

  4. 4

    ワクチンに関する政府の発信の不安定さ

    大串博志

    04月19日 08:29

  5. 5

    「仲介手数料ゼロ」に気をつけて!賃貸契約で損しないための交渉術

    中川寛子

    04月19日 09:08

  6. 6

    ワクチン接種は景気を大きく左右する 接種が遅れる日本は消費回復も鈍いだろう

    野田佳彦

    04月19日 16:19

  7. 7

    外出自粛の要請に従わない世の中 同調圧力で機能してきた日本のコロナ対策は限界

    緒方 林太郎

    04月19日 11:32

  8. 8

    あの騒動から7年…佐村河内守氏、YouTubeで新曲公開「大変ありがたい」

    マイナビニュース

    04月19日 12:39

  9. 9

    まん延防止で休業している飲食店経営者は、今どこで何をしているのか?

    内藤忍

    04月19日 10:28

  10. 10

    【読書感想】まちづくり幻想 地域再生はなぜこれほど失敗するのか

    fujipon

    04月19日 15:05

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。