記事

政党助成金、制度発足以降5555億円の税金を各党が山分け

 政党助成金制度が1995年に導入されて18年たちます。毎年、総人口に250円をかけて算出した約320億円もの血税が、日本共産党以外の各政党に毎年ばらまかれています。
 制度発足からこれまでのあいだ(1995~2012年10月分)に、総額は5555億円に達しています。この間に各党が受け取った金額は、自民党2540.6億円、民主党1629.8億円、公明党414億円、社民党336億円にもなります。

 日本共産党は、国民の税金から政党が活動資金を分け取りすることは、政党を支持していない国民にも有無をいわせず“献金”を強制するものであり、「思想・信条の自由」や「政党支持の自由」に反する憲法違反の制度であると厳しく指摘してきました。本来、自主的自立的にまかなわれるべき政党の政治資金を国民の税金に依存することは許されないと主張し、日本共産党はきっぱりと受け取りを拒否してきました。

画像を見る
<PDFファイルはこちらから>

 重大なことは、政党助成金制度が、政党と政治家の堕落と劣化をもたらしていることです。
 日本共産党以外の政党は、政党の運営資金の大半を政党助成金でまかなっています。主要政党の政党助成金依存率(2011年)は、民主党は83.2%、自民党は72.5%、みんなの党96.8%、国民新党89.4%、社民党52.5%、公明党17.9%などとなっています。
 まさに「税金に過度に依存」するいわば「国営政党」というのが実態です。
 自らは税金に依存しながら、国民に増税を押し付ける、まさに厚顔無恥の態度であり、断じて許されません。

 今回の総選挙前に新党が乱立し離合集散をくりかえしましたが、その背景には「5人以上の国会議員をあつめれば政党助成金をもらえる」ということが動機の一つになっています。
 政党は、何よりも、国民の中で活動し、国民の支持を得て、政党の活動資金をつくる、というのが政党としての基本です。政党が一般国民から浄財を集める努力をしないで、税金で党財政をまかなっていると、次第に感覚が麻痺して、庶民の痛みがわからなくなるのです。
 政党助成金だのみの政党をつくりだす制度が、「虚構の多数」をつくりだす小選挙区制とあいまって政党・政治家の堕落・劣化を生み出しているのです。
 このような「有害」な税金の使い方は許されません。政党助成金制度は廃止すべきです。

 日本共産党は、政党助成金も、企業・団体献金も受け取らず、党の財政は、党費・個人献金・機関紙などの事業収入でまかなっています。だからこそ、国民の立場に立つことができるのです。

あわせて読みたい

「政党助成金」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  2. 2

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  3. 3

    マリエさんの枕営業告発が一瞬で話題から消えた2つの理由

    PRESIDENT Online

    05月18日 16:25

  4. 4

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  5. 5

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  6. 6

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  7. 7

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  8. 8

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  9. 9

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  10. 10

    「週6で働いて手取り15万円」「23時まで残業して月16万円」 低すぎる手取りに疲弊する人々

    キャリコネニュース

    05月18日 16:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。