記事

「残業代を付けてほしい…」ブラック化が叫ばれる“教育業界”に自ら進んだ若手教員の本音 『教員という仕事 なぜ「ブラック化」したのか』より #1 - 朝比奈 なを

1/2

 長い労働時間、モンスターペアレントへの対応、教員間のいじめ、休日に担当する部活顧問……。教育業界は労働環境のブラック化が問題視されはじめて久しい。しかし、いまも教員を目指す人たちは決して珍しくない。教員=ブラックな仕事との見方が社会に一般に広まっている中で、いったいどのような思いのもと教職を目指し、実際に働いてどのようなことを考えているのか。

【写真】この記事の写真を見る(5枚)

 教育ジャーナリストの朝比奈なを氏の著書『教員という仕事 なぜ「ブラック化」したのか 』(朝日新聞出版)を引用し、20代の現役学校教員の声を紹介する。(全2回の1回目/後編を読む)

◇◇◇

 取材に応じてくれた高藤(仮名)さんは2020年1月の取材当時は教員1年目、落ち着いた物腰で笑顔を絶やさない青年だった。教員=ブラックな仕事と広く認知されている今、教員になることを目指して実現させた彼のストーリーを追ってみる。

小学校以来、ずっと学校が大好きだった

 会社員の父、パート勤めの母、4つ下の弟の4人家族で彼は育った。彼は小学校以来、ずっと学校が大好きだったと語る。

 地元の小規模な公立小学校に入学した彼は、3年生の時のことを楽しそうに語った。元気な彼はクラスの「3バカトリオ」の一員とみなされていた。定年間近の女性担任は休み時間にもいつも子どもたちと一緒にいた。子どもの一人が「先生、白髪があるよ」と言うと、「じゃあ、抜いて」と担任が答え、友人とともに白髪抜きをしたという。

 4年生の担任は若い女性教員だったが、子どもの目から見ても指導力に乏しく、担任を馬鹿にした態度を取る児童が多くなったそうだ。

 少し中だるみしたような学校生活が5年で変わる。担任は溌剌とした体育会系の若い男性教員で、学習指導にも熱心だった。


©iStock.com

 小学校入学時から近所の個人経営学習塾に通っていた高藤さんは、それまでも勉強は嫌いではなかったが、「5年生の時に、もっと勉強をやるようになった」そうだ。この担任は自習学習でドリルを完成させると子どもたちにシールをくれてノートに貼らせた。「普通の丸いシールでしたが、それで自分の努力が可視化され、一層頑張って勉強をやるようになりました」と彼は語る。

 運動はやや苦手だったが、それも変わり始める。サッカーをやっていた友人と一緒に朝早く登校して始業までの約1時間走るようになった。「もとはできなかったのでそれでも人並みになった程度でしたが」と言いつつも、この年に体力や運動能力が向上したことを実感したという。

 6年生の担任も体育会系の男性教員でラグビーをやっている人だった。その影響を受け、クラス男子でラグビーチームを作って練習に励んだところ、地域の小学生チームリーグで優勝することができた。

 楽しそうに5、6年の時のことを語る高藤さんの表情から、この2人の担任の存在が、後に彼を小学校教員志望にさせた遠因だろうと筆者は推測した。

公立中高一貫校に進学して

 小学校卒業後は自宅からほど近い公立の中高一貫校に進学する。両親がその中学を気に入り「受けたらゲームを買ってあげるから」と言うので受験したそうだ。入試は最初に抽選、当たった受験生が面接に進む形式だった。

 天性のコミュニケーション力で新しい環境にもすぐなじんだ。しかし、「最初の定期試験でショックを受けました。それまで取ったことのないような点数を取ってしまったので」と本人は語り、その後試験勉強を2週間前からやり始めるようになった。成績面で低空飛行を続けたくないと思い、努力を始める姿勢も高藤さんの強みだと感じる。

 部活動はテニス部に入った。事前に顧問から練習は厳しいと聞かされていたが、実際の活動は放課後2、3時間の練習で、定期試験前は休みだったので、さほど厳しいとは思わなかった。2年生の後半、彼は部員の互選で部長に選ばれる。意外だったが、選ばれた理由を考えてみて「おそらく部活動で色々な場面の調整役を務めていたから選ばれたのだろう」と納得したそうだ。

 中学は、好きな教科と嫌いな教科が明確になった時期でもあった。得意科目は数学と理科で、特に理科では3年時の教科担任の影響が大きかった。この教員はクラス担任でもあり、親しみやすく熱心な教員だった。授業中、つまらないオヤジギャグを連発し、生徒に冷たくスルーされてもくじけなかった。「授業では自作のプリントを使用していました。生徒が書き込む形のものでしたが、とてもわかりやすかったです」と彼は振り返る。

 苦手な科目は国語、英語。「小さい頃からあまり本を読んでいないので、何語でも文を読むのが苦手なんです」と彼は苦笑する。

あわせて読みたい

「学校教育」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で増える離婚予備軍 ステイホームを破局回避のチャンスに変えよう

    土屋礼央

    03月04日 08:03

  2. 2

    AI翻訳のロゼッタ、全社員に「英語禁止令」発令「英語は本業の能力とは何の関係もない」

    Ledge.ai

    03月03日 17:31

  3. 3

    緊急事態宣言 延長の方向で検討する政府の判断に「残念」

    青山まさゆき

    03月03日 21:21

  4. 4

    平均賃金は韓国以下…「貧しい国」になった日本が生き残るための“新常識” 2021年の論点100 - 加谷 珪一

    文春オンライン

    03月04日 10:23

  5. 5

    中国が特許件数2年連続で首位 いまや技術の「質」も苦しい立場の日本

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    03月04日 08:36

  6. 6

    「尖閣の主権は日本」直後に訂正、米報道官の発言、計算づくか

    WEDGE Infinity

    03月03日 12:50

  7. 7

    ジェネリック医薬品大手で不適切製造か 安全より利益追求する企業に呆れ

    中村ゆきつぐ

    03月04日 09:16

  8. 8

    「この売女!」福原愛を離婚決意に追い込んだ「モラハラ夫」 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月03日 17:10

  9. 9

    「私自身が判断したい」という総理発言は何故素直に受け入れられないのか

    近藤駿介

    03月04日 13:30

  10. 10

    毒蝮三太夫84歳「ワクチン打つ」それがコロナ時代を生きる俺の『飲む打つ買う』だ

    毒蝮三太夫

    03月04日 08:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。