記事

積極的疫学調査が縮小される中、「新規感染者数」は減少傾向、「抗体保有率」が“9倍”の報道も…報道の数字に踊らされないためには?

1/2

 緊急事態宣言が1カ月延長されることになった東京都の新規感染者数は9日連続で1000人を下回り、一時は2000人を超えていた頃から比べ、減少傾向にある。

・【映像】新規感染者はなぜ減少?数字に踊らされない方法は?



 ただ、東京都と神奈川県は保健所の業務ひっ迫を受け、感染経路や濃厚接触者の追跡に関する方針を変更。高齢者や基礎疾患がある人に絞るなど、調査の規模を縮小させていることもあり、新規感染者数の推移が感染状況を正しく反映しているのかを疑問視する声も上がっている。

 日々刻々と変わるこれらの数字と報道に、私たちはどう向き合えばいいのだろうか。

 統計・データサイエンスに詳しいJX通信社の松本健太郎氏は「感染経路不明者に目立った変化が起きていないが、東京も全国も、基本的に積極的疫学調査の対象になっているはずの60歳以上で新規感染者数は減ってきている。仮に追跡が適切に行われているのであれば、全体的な傾向としては“減っている”と考えられるのではないか」と話した上で、次のように指摘する。

 「数字を時系列に追っている中で、ある日を境に急に上がったり下がったりすることがあると思う。それをウォッチすることが大切だ。現状で言えば、劇的に上がった下がったみたいなのがないということを踏まえると、一概にデータだけでこうだとは言い切れないのが現状だと思う。

 身も蓋もないことを言ってしまえば、物事が3つ、4つの指標だけで100%理解できるという発想からは脱したほうがいい。そもそも、数字そのものにも曖昧な部分があり、ファクトの数字と、オピニオンの数字とがあると思う。例えば新規陽性率についても、その日の検査数をその日の感染者数で割っていいのかというと、すごく難しい」。

 その上で松本氏は、東京都の発熱相談件数の数字などを定期的にウォッチしていると明かす。

 「発熱ですぐに騒ぐ人もそうでない人もいると思うが、移動平均で見てみると1月3日をピークに緩やかに減ってきていて、1カ月ほどかけて3分の1くらいにまでなっている。これは積極的疫学調査で追うのをやめたとしても、ここまでは減らないと思う。全体の傾向としては、市中感染が減ってきているという判断材料の一つになるのではないか」。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「尖閣の主権は日本」直後に訂正、米報道官の発言、計算づくか

    WEDGE Infinity

    03月03日 12:50

  2. 2

    「この売女!」福原愛を離婚決意に追い込んだ「モラハラ夫」 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月03日 17:10

  3. 3

    緊急事態宣言 延長の方向で検討する政府の判断に「残念」

    青山まさゆき

    03月03日 21:21

  4. 4

    マクドナルド“過去最高売上”の理由は「ドライブスルー」と「あの人との訣別」

    文春オンライン

    03月03日 10:53

  5. 5

    足元がフラつく総理に、改革のリーダーシップは残っているか。風雲急を告げる予算委員会で、菅総理と初対決

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月03日 20:41

  6. 6

    東大就活生の悩みにひろゆき氏「入り方がレールというのは全然問題ない」

    ABEMA TIMES

    03月03日 14:21

  7. 7

    もう霞ヶ関の省庁の内部調査や役人の国会答弁は国民の誰も信用しない - 3月3日のツイート

    橋下徹

    03月03日 22:43

  8. 8

    日本eスポーツ連合(JeSU)は結局、何を間違ったのか

    木曽崇

    03月03日 10:45

  9. 9

    橋下徹「与野党の政治家が対立するしかない理由」

    PRESIDENT Online

    03月03日 12:12

  10. 10

    一人10万円超も NTTが山田前広報官と谷脇総務審議官に高額接待 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月03日 17:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。