記事

進化する政党と進化しない政党

先日の「ぬけがけ若者総選挙」だが、全国紙5紙、海外通信1社、地上波2局が参加、記者だけで15名くらい集まるという、ちょっと過去に経験の無いイベントとなった。
(我々のユースポリシー2012及び政党別評価はコチラ)
もちろん国会議員の先生方にご参加いただいたというのも大きいだろうが、政局がカオス化する中でマニフェストを相対的に比較するイベント自体が注目されているのだろう。

さて、終了後に個別に取材対応したが、ほとんどの記者が口にしていたのが「今後、マニフェストはどうなっていくのか」という疑問だ。マニフェストが全然実現できずに大コケした民主党の影響で、マニフェストという言葉すら使いづらい空気があるのも事実で、どうやら「自分達を含めて有権者は何を見て判断すればいいのか」という点で戸惑いがある様子だった。

ただ、これについてはそんなに心配はしていなくて、各党のマニフェストは着実に、というか正直言って我々の想像以上のスピードで進化し続けている。

09年選挙の際は、労働市場流動化の“り”の字もなくて、世代間格差を意図した視点は皆無だった。だから評価といっても正直「どの党がどれだけボケるかの大喜利」みたいなもので、そのあたりの採点結果をけちょんけちょんに書いて各党に送ってはみたけれども、正直もうこれ辞めようかという話をメンバーと交わした記憶がある。

ところが10年参院選からさっそく変化の兆しがあらわれる。我々のレポートを読んでくれたかどうかは知らないが、まず、みんなの党が若年層寄りの視点を見せ始め、(野党転落のショックからか)自民が突然「解雇規制の緩和」を明言して椅子から落ちそうになった。

そして今回である。解雇規制の緩和はみんな、維新の2党(ぼかしている自民も入れると3党)で、公約に入ってはいないものの某党参加議員の一人も「個人的には賛成です」と明言していた。また今回、維新はマニフェスト中で「世代間格差の是正」と明言し、みん党は「高所得高齢者の年金減額」を取りいれた。少なくと一部の政党のマニフェストは、物凄い早さで進化し続けている。

一方で、過去3年間を振り返っても、まったくマニフェストに進化の無い政党もある。変化を拒否すれば、後は衰退するしかないというのは、企業も政党も同じなのかもしれない。

我々若者マニフェスト策定委員会も、さらに一歩先を行く政策をこれからも提言し続けていくつもりだ。

あわせて読みたい

「マニフェスト」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  2. 2

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  3. 3

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  4. 4

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  5. 5

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  6. 6

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  7. 7

    「『AERA dot.』および毎日新聞の記者の悪質な行為」大規模接種の報道めぐり岸防衛相

    ABEMA TIMES

    05月18日 10:27

  8. 8

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  9. 9

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  10. 10

    ビットコインから過去最大の資金が流出、価格頭打ちで=週間データ

    ロイター

    05月18日 08:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。