記事

民主化の英雄のはずなのに、スー・チー氏の拘束を喜ぶ人たちも? 軍事クーデターの背景にある、ミャンマーの複雑な国情


 1日、ミャンマー国軍が事実上のクーデターによって全権を掌握。民主化のシンボルとして著名なアウン・サン・スー・チー氏が率いる「国民民主連盟」(NLD)政権の閣僚24人や与党議員を解任。スー・チー氏についても拘束、自宅での軟禁状態に置いた。

 軍事政権は国軍出身者を新閣僚に任命、市民による抗議を押さえ込むため、インターネット通信の遮断を命じるなど統制を強化している。他方、スー・チー氏の拘束に快哉を叫ぶ人々もいるという。一体、ミャンマーでは何が起こっているのだろうか。
 

■軍部との“板挟み”に…


 まず、今回のクーデターの背景についてみてみよう。東南アジアを拠点に国際政治を取材するフリージャーナリストの海野麻実氏によれば、スー・チー氏は難しい舵取りを迫られていたのだという。


 「国軍側としては、これ以上スー・チー氏率いるNLDの存在感が増し、国軍の発言力が低下していくのを避けたかった。スー・チー氏はイギリス人の夫との間に生まれた外国籍のお子さんがいるため憲法の規定で大統領にはなれなかったが、国家顧問として国軍の主張も取り入れるなど、良好な関係を維持しながら政権を運営していかなければならない状況にあった。そういう中で昨年11月に総選挙が行われ、NLDが勝利した。選挙監視団も入っていたし、日本や欧米諸国も選挙に不正はなかったと結論付けているわけだが、国軍側は有権者名簿に不正があったと主張するなど不満を抱いており、議会が始まる前に何とか理由を作ってストップさせなければならないと考えたのだろう」。


 海外経験も豊富で、日本でも民主化運動の指導者としてよく知られているスー・チー氏。国民の間の人気も高かったという。

 「父親はビルマ建国の英雄で、自身が10代の頃には母親がインド大使として駐在したニューデリーでマハトマ・ガンジーの非暴力の教えを学んだ。オックスフォード大学に進学、京都大学に客員研究員として滞在されていたこともある。このように海外でキャリアを積み、帰国後に軍事政権によって自宅に軟禁状態に置かれていた時期には民主化に向けて力強く発信をし続けた。ノーベル平和賞受賞者でもあるし、国際的にも認められたリーダーだということで憧れの存在でもある。高齢者だけでなく、若い層にも“お母さん”と呼ぶ人たちがいるほどだ。

 そのため、今回のクーデターに対してはミャンマーでは悪魔祓いの意味合いもある、フライパンや鍋、ペットボトルを叩く抗議活動も行われている。ただ、コロナ禍や国軍の監視の目もあり、大々的なデモは控えてオンライン上で静かな抗議をしようという雰囲気になっている。ネットへのアクセスも遮断されてはいるが、VPNを使って接続し、SNSのプロフィールのアイコンをスー・チー氏のイラストに変えている人もいる」。
 

■落胆したロヒンギャたち


 ところが先述の通り、中にはスー・チー氏の拘束を喜んでいる人々がいるのも事実だ。スー・チー氏に裏切られたと感じている、ロヒンギャ難民たちだ。ロヒンギャはミャンマー西部に暮らす少数派のイスラム教徒だが、ミャンマー政府は“不法移民”だと主張、多くの国民も概ねその見方を支持しているのだという。

 ミャンマー国内ではバングラディシュからの不法移民による“ラカイン・イシュー(ラカイン問題)”と呼ばれていて、日本や欧米の国民やメディアとはかなり違う捉え方をされている。国籍も与えられていないし、ロヒンギャという言葉自体を知らない国民も多いくらいだ。国民の9割が仏教徒ということもあるし、イスラム教徒も4.5%ほどいるが、彼らに聞いてみても“イスラム教徒ではあるけれど、我々とは違う”というような反応をする。過激化したアラカン・ロヒンギャ救世軍という組織もあることから、“騒ぎを起こさないのであれば、ミャンマーに暮らしていてもいいけれど”というのが、多くの国民の認識だと思う。


 2019年にはミャンマー政府軍がロヒンギャを虐殺したとしてイスラム諸国陣営が国際司法裁判所に提訴、スー・チー氏も出廷した。そこでスー・チー氏は、殺害は意図したものではなかったと主張、政府軍を擁護する態度を示したのだ。このことが、ロヒンギャたちの失望を招いたという。

 「ノーベル平和賞まで受賞したのに国際法廷の場でジェノサイド(虐殺)を否定したというところが、ロヒンギャの人たちの心に大きく響いたのだと思う。実際、多くの国民が“スー・チー氏を解放せよ”と盛り上がる中、ロヒンギャ難民の取材をしていた人がFacebookに“こんな嬉しいことはない。ハッピーだ”と投稿、さらに“これがスー・チーと悪魔が友達になった瞬間だ”というコメントとともに、国軍幹部とスー・チー氏が握手している写真をアップしていた。これは数時間後には削除されたが、やはり一般の国民とは真逆の受け止め方をしている人がいるということだ。一方、リベラルで教養もある女の子に、“スー・チー氏の拘束について、ロヒンギャの人たちは残念だとは思っていない、ハッピーだと思っている人もいる”と聞いてみたところ、“彼らはフェイクニュースを流すから信用してはいけない”と言っていた。大きな溝を感じている」。
 

■国際社会が懸念も、先行きは不透明?


 こうしたミャンマーの動きに対し、国際社会からは非難の声が上がっている。ウッドワード英国連大使は4日、ニューヨークで「国連安保理メンバーは拘束されたすべての人の即時解放を求めた」とコメント。茂木外相も「民主化プロセスが損なわれる事態が生じていることに対して重大な懸念を有している」と話している。

 「国連も懸念の声を発表しているが、今後の状況は不透明だ。全てのロヒンギャが“スー・チー氏が拘束されてハッピーだ”と言っているわけではない。やはり自分たちを攻撃し、自分たちが家を追われる原因を作ったのは軍事政権だ。そこに逆戻りすることに恐怖を抱いていることも確かだ」(海野氏)。

 これから先、ミャンマーの民主化、さらにロヒンギャ問題はどのような展開を見せるのだろうか。(ABEMA/『ABEMA Prime』より)

▶映像:スーチー氏は英雄じゃない?日本人には誤解も…

あわせて読みたい

「ミャンマー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  2. 2

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  3. 3

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  4. 4

    下町の食料配布 缶詰2カンで「今晩の食事はこれだけ」

    田中龍作

    02月27日 21:33

  5. 5

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  6. 6

    各国が頓挫するなか日本の教育支援が起こした南東欧の国・ボスニアでの「革命的変化」

    BLOGOS編集部

    02月27日 07:05

  7. 7

    新築マンション広告に肝心の「現地案内図」や「価格」が載っていないのはなぜか

    NEWSポストセブン

    02月27日 08:56

  8. 8

    楽天トラベルを直撃…「GoToトラベル」再開決定前に“あとから割引き”を始めた理由は?

    SmartFLASH

    02月27日 13:39

  9. 9

    『青天を衝け』草なぎ剛&木村佳乃の共演にテレビ界が驚く理由

    NEWSポストセブン

    02月27日 17:45

  10. 10

    「現場の国家公務員はお茶菓子も食べない」国家公務員の士気を下げる接待騒動

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。