記事

「麒麟がくる」でも再燃した“架空キャラ問題” 大河ドラマの創作はなぜ批判されるのか - 木俣 冬

1/2

 明智光秀(長谷川博己)を主役にした大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK)が2月7日(日)に最終回を迎える。クライマックスは光秀、最大の見せ場〈本能寺の変〉。その最終回に秀吉(佐々木蔵之介)の家臣・黒田官兵衛(濱田岳)も登場すると発表された。官兵衛は本能寺の変のあと秀吉が光秀を追いつめる〈山崎の戦い〉で活躍する。 

【写真】この記事の写真を見る(7枚)

 大河ドラマに知っている人物が出てくると「待ってました!」とワクワクする。最終回直前の第43回に森蘭丸(板垣瑞生)が出てきたときも、もう出ないかと思っていたら、出た!とテンションが上がった。そう、大河ドラマとは「待ってました」の娯楽である。

“歴史ドラマ好き”は架空のキャラが嫌い?

 好きなものは何度でも繰り返し見たい。同じ芝居を見て、名場面が出てくるたび、「待ってました!」と喝采する。演じる俳優や演出によってどこが違うか比べて楽しみたい。最たる例が〈本能寺の変〉である。

 信長に長らく仕えてきた光秀が何を思ったか謀反を起こし、天下統一目前に信長は死ぬ。この衝撃の事件の真相――信長と光秀の間に何が起こったか、実際、信長が死ぬときはどんなふうだったか、そこに妻の帰蝶(濃姫)はいたのか、いないのか、その後、光秀はどうなったか……等々、作品ごとの解釈や創作を楽しむ。大河ドラマではこれまで15作も本能寺の変を扱ってきた(「麒麟」をのぞく)。

 大河ドラマをはじめとした歴史エンターテインメントは、それを見て歴史を学ぶという側面もあるにはあるが、それよりはすでに学んだことの復習と新しい学説をいかに取り入れてアップデートしているか、そこを楽しむ視聴者が多いのである。

 だからこそ「麒麟がくる」ではオリジナルキャラ・駒(門脇麦)が歴史ドラマ好き視聴者の厳しい視線の矢面に立たされた。


「麒麟がくる」で駒を演じた門脇麦 ©AFLO

 駒は戦災孤児で、光秀の父に助けられる。彼女は麒麟という架空の動物が平和な世の中に現れるという伝説を信じていて、それが光秀の人生に影響を与える。

 育ての親のような医者の東庵(堺正章)と旅芸人の伊呂波太夫(尾野真千子)は各々の職業を生かし、戦国の世をかいくぐり、あちこち出入りし、身分の高い人達とも交流できる万能キャラ。駒は彼らの人脈を受け継ぐように、秀吉、家康(風間俊介)、商人の今井宗久(陣内孝則)、将軍・足利義昭(滝藤賢一)等々、重要人物と関わっていく。

 東庵は正親町天皇(坂東玉三郎)、伊呂波は関白近衛前久(本郷奏多)と関わり、駒と3人で、光秀と重要人物をつなげる役割をする。あともうひとり、家康の手下で、庶民のなかに混じって暗躍する菊丸(岡村隆史)がいて、終盤、家康と光秀を繋いだ。

「ご都合主義」との批判もあるが……

 これらオリジナルキャラの働きを「ご都合主義」と指摘する視聴者もいるが、そこはドラマ(フィクション)。歴史的局面を繋ぐために機能する人物を作ることは大目に見たいところ。

 だがしかし、知ってる武将たちと比べて、知らない架空の人物にはどうも親しみがわかず、応援しにくいと思う人の気持ちもわかる。やっぱり知ってる人物のほうが応援しやすい。「麒麟がくる」では主人公の光秀とゆかりのある人物として、三英傑のみならず、斎藤道三(本木雅弘)、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)、斎藤利三(須賀貴匡)、のちの細川ガラシャことたま(芦田愛菜)などが出てくると、有名な場面が見られるかなと期待し、身を乗り出して見てしまう。

 だが、道三以外は、期待していたほど活躍しない。にもかかわらず、オリジナルキャラの出番が多いと、それより有名なあの場面を描いてほしいと思ってしまうわけだ。

久秀や家康の“オリジナルエピソード”を評価する声

 とはいえ、歴史ドラマ好きの視聴者も、なんでもかんでもオリジナルなものが嫌いなわけではない。「麒麟がくる」で光秀に多大な影響を与える存在として描かれた松永久秀(吉田鋼太郎)は、光秀と久秀がこんなに強い絆で繋がっていることは創作にもかかわらず、その友情は視聴者から好意的に受け止められた。久秀は爆死(これも史実ではないのだが)することで人気の武将。彼の爆死が描かれず残念という声もあったが、死に方がかっこよかったのでオンエア後は盛り上がった。

 また、家康が竹千代時代、人質の身から逃げようとしたとき光秀に助けられ、干し柿をもらう心温まるエピソードもドラマの創作だが、やはり好意的に受け止められている。

 大河ドラマ「義経」の演出家・黛りんたろうは著書『大河ドラマ「義経」が出来るまで』で「ドラマと名がつく以上、フィクショナルなイマジネーションが入ることを前提としている。ドラマの真実は、虚構の上に成り立つ真実であり、そこがドキュメンタリーとは根本的に異なる」と、歴史ドラマにおける虚構の必要性を説き、例として、大河ドラマ「秀吉」(1996年)で、秀吉と石川五右衛門が幼馴染だったとし、秀吉と明智光秀が青年期に出会っていた、という設定にした結果、「ドラマとして大きく膨らませることができたし、大いに共感もよんだ」と書いている。

あわせて読みたい

「大河ドラマ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    静岡のメディア王と女子アナのW不倫疑惑 静岡新聞社長続投で問われるコンプラ意識

    渡邉裕二

    03月06日 10:44

  2. 2

    小池百合子知事の耐え難い不誠実さ。公言した目標と「謝罪の言葉」はどこへ行ったのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月06日 11:29

  3. 3

    在宅勤務で気づいてしまった、通勤しただけで仕事やった感の勘違い

    かさこ

    03月06日 09:01

  4. 4

    緊急事態宣言が延長へ 都民の恐怖心を煽る小池都知事の対応に苦言

    深谷隆司

    03月05日 17:44

  5. 5

    菅総理と尾身先生の会見 結局東京が協力しなかったというお話し

    中村ゆきつぐ

    03月06日 08:18

  6. 6

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  7. 7

    「コロナ禍でも拡大戦略」アパホテルが怒涛の新規オープンを続ける理由

    PRESIDENT Online

    03月05日 16:27

  8. 8

    予算審議で拍子抜けするほど迫力不足だった野党の追及 国民からの批判を怖れたか

    石破茂

    03月05日 16:07

  9. 9

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

  10. 10

    人類は風邪を根絶し得たことはない「ゼロコロナ」を目指す立憲民主党はムチャクチャ

    ABEMA TIMES

    03月05日 14:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。