記事

謝罪する気はあったのか? 森喜朗氏の大炎上会見を通してみられた「肯定的幻想」 臨床心理士が、仕草と言葉を分析する - 岡村 美奈

 オリンピック・パラリンピックの精神に反して不適切だったのは、発言ではなく存在ではないのか? これほど謝罪する気のない会見を見たのも久方ぶりだが、燃えている炎に「これでもか!」と油をガンガン注ぐような謝罪会見も、昨今ではほとんど見ることがない。その意味では、この謝罪会見は悪い例として最適な教材だったと言える。

【写真】この記事の写真を見る(3枚)


謝罪会見に臨んだ東京オリンピック・パラリンピックの大会組織委員会の森喜朗会長 ©AFLO

会見を通してみられた「肯定的幻想」

 さすが元首相、スポーツ界のドンというだけあり、会見を通してみられたのは東京五輪パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の「肯定的幻想」だ。心理学者のフレデリック・テイラーによると、人は誰しも自分自身のことを客観的に正確にではなく、肯定的に見ていると言われている。それにより自尊感情を高め精神的健康を保っているのだが、肯定的幻想も度を過ぎると自分を現実以上の存在、他人よりも優れていると思い込み、自分のコントロール力、統制力を過大に評価することになる。

「そのためにまず深く反省をしております。そして発言いたしました件につきましては撤回したい。不愉快な思いをされた皆さまにはお詫びを申し上げたい」

 視線を書面に落とし謝罪の言葉を読み上げるも、一度も頭を下げることはない。撤回します、申し上げますではなく、“したい”、“申し上げたい”と語尾を強める。一方的なモノの言い様に謝罪の気持ちを感じ取ることはできず、撤回したいと言っているんだからいいだろう、不承不承お詫びしてやるからどうだ、という印象が強い。

他人よりも上の存在と思い込んでいるのか

 政治家時代は、親分肌と言われていた人物だ。このような物言いが森会長の持ち味かもしれないが、自分は他人よりも上の存在と思い込んでいると、この場においても強調したいのだろうか。

「昨日のJOC評議員会での発言につきましては、オリンピック・パラリンピックの精神に反する不適切な表現であったと認識しております」

 不適切として世間の批判を浴びたのは、前日に都内で開かれた日本オリンピック委員会(JOC)の評議員会での「女性が沢山入っている理事会は時間がかかる」という主旨の発言だ。女性蔑視とも受け取られたが、森会長は他の理事会で聞いた話を少し引用して伝えただけだと説明した。

自己奉仕的なことを話すという傾向がある

 だが、森会長は“不適切な表現”という言葉を使っている。秘書かスピーチライターが書いたのかもしれないが、“発言”ではなく“表現”――。表現という言葉の意味を調べると、「心理的、感情的、精神的などの内面的なものを、外面的、感性的形象として客観化すること」とある。聞いた話というだけでなく、森会長の中にある女性への意識が、発言に付け加えられた可能性はあるだろう。

「私は一生懸命、こう献身的にお手伝いして7年間やってきたわけですので」

 肯定的幻想には、自分にとって都合の悪い情報の場合、自分の価値を高めようと自己奉仕的なことを話すという傾向があるという。森会長の発言そのものだ。

「辞任の考えは?」との質問には「辞任するという考えはありません」と言い切って、献身的にやってきたと自負心を見せる。過去の功績は確かにあるのだろうが、「私はこうした」「私は評価した」と自己正当化が続く。自分は悪くないと言いたいのだろう。肝心な話しになると「私はわかりません」「そういう話を聞いた」を繰り返し、自分のミスは認めない。

森会長を取り巻く人々の内に「不作為バイアス」がある?

「老害が粗大ゴミになったのかもしれませんから、そしたら掃いてもらえばいいんじゃないですか」

 老人とはいえ、まだまだ現役。排除できるものならやってみろ。俺以上にこの仕事をできる者はいない。この言葉の裏にあるのはそんな感情ではないだろうか。だからこそ「辞任するという考えは」との質問に「自分からどうしようという気持ちはありません」と即答。「邪魔だと言われれば」と前置きした上で、自分のことを「老害が粗大ゴミになった」と表現するも、「かもしれませんから」と付け加え自己否定はしない。肯定的幻想により、自分にとって好ましくない事実や望まない現実から目を逸らしてしまうのだろう。

 わずかに笑みを見せながら「そしたら掃いてもらえば」と他人の行動を先回りしてけん制する。一歩間違えば長い物には巻かれろ的な権威主義に見えるが、こうできるのも森会長を取り巻く人々の内に「不作為バイアス」があるからではないかと思う。

「報道の仕方」と他人のミスだと指摘する

 不作為バイアスとは、「何かをして失敗するなら、何もしないでマイナスになる方がマシ」と考える傾向である。森会長を辞任させるより、失言があっても続投させる方がマシと考えるのかもしれない。今辞められても、JOCには適任者がいないという内部事情も漏れ聞こえてくる。

「私は組織委員会の理事会に出たわけではない」

 JOCの評議員会で名誉委員という立場で挨拶をしたと釈明するが、組織委員会だろうが評議員会だろうが、五輪に関わる委員会の会長職ある人物の発言に変わりない。だが、ここを一緒にされるのが解せないらしく、「報道の仕方」と他人のミスだと指摘する。発言のどこがどう不適切と考えるかと尋ねられると、「男女を区別するような発言」と微妙に論点をずらしていく。謝罪したところでそこに反省はない。

「自分たちが女性の理事をたくさん選んだけども、結果としていろんなことがあった」

「割れ窓理論」という理論がある。1枚の割られた窓をそのままにしていると、割られる窓が増えていき、いずれ街全体が荒廃してしまうという現象のことだ。女性を差別するような風潮をスポーツ界は長年そのまま放置し、五輪精神にある平等という窓はその多くが割られてきたのだろう。その結果が森会長の発言や会見での態度である。「山下さんはそういうことで今後苦労されますよと申し上げた」と、森会長は今後女性の理事が増えることを心配しており、根本的な意識は変わらない。

「私は」というワードを連発して自分の成果や存在を主張

 謝罪会見として見たならば、謝罪しながら視線を上げない、頭は下げない。気に入らない質問がくると口元にグッと力を入れ、ジロリと記者を一睨みし、気が昂ぶるのか早口でまくしたてる。記者の質問を遮り、声を荒げ、語尾がきつくなる。類似の質問が続くと「面白、おかしくしたいから聞いてんだろう」と逆ギレ。口元を歪め記者に背を向けるという謝罪会見にあってはならないこと尽くし。

「私は」というワードを連発して自分の成果や存在を主張し、さながら独演会のようだった。権威を持てば物の見方が硬直化すると言われるが、目の前の記者に苛立ち、カメラの向こうに国民の目があることを忘れている。

 菅首相は森会長に辞任を求めず、大会組織委員会は議論しないらしい。このままでは森会長の差別的発言は“謝罪会見”をもって幕引きとなってしまう。日本では五輪における平等の窓は、この先も割られ続けるのだろうか。

(岡村 美奈)

あわせて読みたい

「森喜朗」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総務省違法接待は菅首相の報復人事と霞が関幹部私物化が発生源、現場の国家公務員はお茶菓子も食べない

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

  2. 2

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  3. 3

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  4. 4

    そろそろ、バブル崩壊はじまるかな!

    澤上篤人

    02月26日 15:50

  5. 5

    菅首相は山田広報官を更迭せよ ~強権と縁故主義の安倍-菅政治の終焉~

    鈴木しんじ

    02月26日 19:12

  6. 6

    “接待問題”めぐり東北新社の二宮社長が辞任 菅総理長男は懲戒処分

    ABEMA TIMES

    02月26日 18:52

  7. 7

    養老孟司が語る「コロナの壁」とは? パンデミックで暴かれた“日本的空気”の問題点 - 伊藤 秀倫

    文春オンライン

    02月26日 19:50

  8. 8

    夫婦別姓に反対の丸川珠代大臣「自分は旧姓使用」に疑問の声

    女性自身

    02月26日 14:39

  9. 9

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由 ~ 50年単位で変遷してきたラジオ時代、テレビ時代、インターネット時代と政治 ~

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  10. 10

    ほぼ全員がムダと思っている「朝礼」を、日本企業がやり続ける本当の理由

    PRESIDENT Online

    02月26日 13:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。