記事

米1月雇用統計・NFPの回復は鈍く、追加経済対策の必要性を示す

1/2

Job GrowthRebounds Only Slightly, Suggests U.S. Economy More Stimulus.

米1用統計・非農業部門就労者数(NFP)は前月比4.9万人増となり、市場予想の10.5万人増を下回った。前月は、新型コロナウイルス感染者数が過去最多を更新し、全米の大半の州で規制が再度強化され、年末商戦も終焉を迎えるなかで8ヵ月ぶりに減少(22.7万人減、速報値の14.0万人減から下方修正)したが、増加基調へ戻した。20年5月以降、約1,270万人の雇用を回復している。ただ、3~4月の記録的な減少(2,216万人)を回復するにはあと約990万人必要だ。なお今回、米労働統計局は、事業所調査においてベンチマーク変更および季節調整替えを行った。

チャート:コロナ禍で失った雇用を取り戻すには、あと約890万人増加する必要あり

(作成:My Big Apple NY)

20年11月分の7.2万人の下方修正(33.6万人増→26.4万人増)と合わせ、過去2ヵ月分では合計で15.9万人の下方修正となった。20年11~21年1月の3ヵ月平均は2.9万人増にとどまり、コロナ禍前の2019年平均である17.5万人増を大幅に下回った。

NFPの内訳をみると、民間就労者数は前月比0.6万人増と市場予想の16.3万人増を下回った。8ヵ月ぶりに減少した前月の20.4万人減(修正値)から、小幅な改善にとどまる。民間サービス業は1.0万人増となり、前月の28.0万人減(修正値)から辛うじてプラス圏を回復した。

チャート:NFPは8ヵ月ぶりに減少した前月から改善、失業率は低下

(作成:My Big Apple NY)

サービス部門のセクター別動向は、11業種中7種が増加し前月の3業種を上回った。今回最も雇用が増加した業種は専門サービスで、続いて政府、情報が入った。逆に年末商戦の終了を背景に、輸送・倉庫が2ヵ月連続で減少したほか、小売が減少に反転。娯楽・宿泊は全米の多くで対面サービス業が規制再導入の対象となるなかで、2ヵ月連続で落ち込んだ。教育・健康も2ヵ月連続で減少した。

(サービスの主な内訳)

―増加した業種
・専門サービス 9.7万人増、9ヵ月連続で増加<前月は15.6万人増、6ヵ月平均は15.5万人増(そのうち派遣は8.1万人増>前月は6.4万人増、6ヵ月平均は7.3万人増)
・政府 4.3万人減、5ヵ月ぶりに増加>前月は2.3万人減、6ヵ月平均は0.8万人減
・情報 1.6万人増、2ヵ月連続で増加>前月は0.6万人増、6ヵ月平均は1.3万人増

・卸売 1.4万人増、6ヵ月連続で増加>前月は1.6万人増、6ヵ月平均は1.6万人増
・金融 0.8万人増、9ヵ月連続で増加<前月は1.8万人増、6ヵ月平均は2.3万人増
・その他サービス 0.7万人増、3ヵ月ぶりに増加>前月は1.8万人減、6ヵ月平均は2.6万人増
・公益 0.1万人増、4ヵ月ぶりに増加>前月は0.1万人減、6ヵ月平均は横ばい

―減少した業種
・教育/健康 0.7万人減、2ヵ月連続で減少>前月は3.1万人減、6ヵ月平均は5.1万人増
・輸送/倉庫 2.8万人減、2ヵ月連続で減少<前月は2.4万人増、6ヵ月平均は4.6万人増
(そのうち、ヘルスケア・社会福祉は4.1万人減<前月は3.9万人増、6ヵ月平均は6.2万人増)
・小売 3.8万人減、再び減少に反転<前月は13.5万人増、6ヵ月平均は8.1万人増
・娯楽・宿泊 6.1万人減、2ヵ月連続で減少>前月は53.6人減、6ヵ月平均は3.5万人増(そのうち食品サービスは1.9万人減、3ヵ月連続で減少>前月は40.2万人減、6ヵ月平均は9.8万人増)

財生産業は前月比0.4万人減と、前月の7.6万人増(修正値)から転じ9ヵ月ぶりに減少した。最も下押しした業種は製造業、続いて建設となる。一方で、鉱業のみ増加。追加経済対策期待から油価が50ドル台を回復し約1年ぶりの高値回復する過程で、回復基調をたどった。詳細は、以下の通り。

(財生産業の内訳)
・鉱業・伐採 0.9万人増、5ヵ月連続で増加(石油・ガス採掘は800人増)>前月は0.3万人増、6ヵ月平均は0.3万人増
・建設 0.3万人減、9ヵ月ぶりに減少<前月は4.2万人増、6ヵ月平均は3.3万人増
・製造業 1.0万人減、9ヵ月ぶりに減少<前月は3.1万人増、6ヵ月平均は3.0万人増

チャート:1月のセクター別増減

(作成:My Big Apple NY)

チャート:どの業種もコロナ前の回復に至らず

(作成:My Big Apple NY)

平均時給は前月比0.2%上昇の29.96ドル(約3,150円)と、市場予想の0.3%を下回った。低賃金職が減少した影響で統計上の理由で上振れした前月の1.0%(0.8%から上方修正)を含め、7ヵ月連続で上昇している。前年比は5.4%上昇し、市場予想の5.0%を超え8ヵ月ぶりの高い伸びとなった前月と一致した(5.1%から上方修正)。前年比の3%超えは13ヵ月連続となる。ただし、コロナ禍以降は低賃金職の減少を受けた統計上の伸びに過ぎない。

チャート:平均時給は前年比で高水準を維持

(作成:My Big Apple NY)

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    通話など利用料無料をうたう「Rakuten Link」を試してみた

    krmmk3

    03月01日 14:27

  2. 2

    山田広報官を辞任に追い込んだ日本の悪い癖

    ヒロ

    03月02日 10:38

  3. 3

    NHK「ニュース7」担当職員の飲酒傷害事件は特権意識の現れか

    渡邉裕二

    03月02日 08:04

  4. 4

    【寿司】、パンデミックでもシーフードがバカ売れ!マヨ入りシースーは盤石な米国民食?

    後藤文俊

    03月02日 08:38

  5. 5

    「日本の技術力は世界一」という幻想 製造コストが高い理由は人件費なのか

    非国民通信

    03月01日 14:00

  6. 6

    「ファンタ ゴールデンアップル」は存在しなかった? 平成の都市伝説からみるフェイク判定の難しさ

    赤木智弘

    03月01日 12:51

  7. 7

    二都構想で令和維新の実現を

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    03月02日 09:07

  8. 8

    世界コロナ感染者7週ぶり増加、年内の終息「非現実的」=WHO

    ロイター

    03月02日 03:20

  9. 9

    東京五輪を"ボイコット"する日本国民がこうむる「どえらい逸失利益」

    PRESIDENT Online

    03月02日 12:04

  10. 10

    「菅と二階の怒りを買った2人が飛ばされた」……NHK有馬キャスター、武田アナ降板の衝撃 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月01日 22:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。