記事

立憲民主党が選挙目当てで共産党にすり寄る自己保身?嫌がらせ??国会審議の質問時間はどう決まるのか

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

本日は衆議院予算委員会、維新からは破壊力No1.足立康史代議士が質疑に立ちました。


(私もワクチン接種部分のパネル作成で協力。動画などぜひご覧ください!)

その反響は凄まじく、一時期はヤフー検索やTwitterトレンドの上位にランクインしていました…!

ということで、まずはもっとも話題になったこちらから。


維新・足立氏、国民より短い質問時間に不満 立民・辻元氏に矛先
https://news.yahoo.co.jp/articles/40fe0be7dfa43acb9b4dd71900f94483f04a6edb

現在の衆議院での議席は

共産党 12
維新 11
国民 10

と拮抗しながらも、維新が国民民主党より1議席多く、質問時間の割当は同じか維新を少しだけ多くするのが道理です。

ところが本日の予算委員会では、維新44分で国民は45分。1分の違いくらいなんだと思われるかもしれませんが、あからさまに維新に対する嫌がらせをし、友党を優遇しているわけですね。

これは国民民主党に対してだけではなく、共産党の持ち時間を大幅に増やすという配慮も頻繁に行われています。議席数の差はわずか1なのに、質問時間は維新の1.5倍~2倍程度になることも…

選挙の結果・民意によって各党は議席数を得ているわけですから、これが「何らかの意図(というか立憲民主党の意図)」によって捻じ曲げられているのは民主主義の理念を踏みにじる暴挙ではないでしょうか。

そもそもどうやって(予算)委員会の質問時間割り当てが決まるのかを簡単に解説しますと、法律などで明確に決まっているわけではなく、議院運営委員会の協議によって決まります。

おおむね全体時間を「与党2:野党8」でまず分けることが慣習として決まっており、その野党分の割り当ては、主に野党筆頭(野党第一党=現在は立憲)が差配することになっています。

二元代表制である地方議会の場合、ストレートに議席数に応じて持ち時間を振り分けることが多いのですが、議院内閣制である国会の場合、事前に政府と協議を済ませている与党の持ち時間が多くなりすぎないように、「先人の知恵」が残っているわけですね。

(並び立つ足立康史議員と天敵?!の辻元清美さん)

でまあ与野党の持ち時間配分はそれで良いんですが、野党内の配分がフェアではないというのが前段の話。

産経新聞の記事によると、

>立民幹部は「国民は首相指名選挙で(立民の枝野幸男代表に)入れてくれた。維新ももっと共闘してくれれば」と皮肉交じりに語った。

というコメントが掲載されていますが、とんでもないことです。

「自分たちに協力すれば、質問時間を多く分けてやるぞ」という横柄な姿勢であり、裏返せば「質問時間を多く割り振るから、我々に協力してね」ということでもあります。

これでは足立議員が指摘をした通り、「立憲民主党は選挙で共産党の票が欲しいから質問時間を多く割り振っている」と捉えられても仕方ありません。

選挙目当ての歪んだ野合は、国会審議の公平性まで侵食しています。


この対応に、論理的正当性のある主張を立憲民主党側から聞いたことはありません。

単なる嫌がらせや、選挙などの協力目当ての媚び・圧力ではないというのなら、ぜひロジカルな反論をお待ちしております。

我々としては引き続き、この是正を強く求めていく所存です。

盛りだくさんの質疑内容のご紹介は明日以降に追って。

(ワクチン部分は動画で解説しました)

それでは、また明日。





音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 37歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。37歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin

あわせて読みたい

「立憲民主党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    【119カ月目の新地町はいま】災害ごみ仮置き場に響く「五輪どころじゃない!」の叫び 10年目の大地震で聖火リレーコースも損傷

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    02月24日 09:28

  2. 2

    東浩紀「“自由”の制限でウイルス消えず…長期的ヴィジョンなき罰則強化は現実逃避」

    文春オンライン

    02月24日 07:27

  3. 3

    ZEROは0でない それをwithと言うと思いますが 立憲民主党はやはりPCR利益誘導?

    中村ゆきつぐ

    02月24日 06:49

  4. 4

    私がwithコロナではやっぱり飲食業界が厳しいと思う理由

    宇佐美典也

    02月24日 12:00

  5. 5

    「GAFA課税」は国際的な議論へ 導入しない理由はないと言える背景

    山内康一

    02月24日 14:32

  6. 6

    ビートたけしが若者に「スマホを手放す勇気を持て」と語る理由

    NEWSポストセブン

    02月24日 17:00

  7. 7

    なぜ、57歳母と24歳の息子は死んだのか〜「八尾市母子餓死事件」の調査のため、八尾市に〜の巻 - 雨宮処凛

    マガジン9

    02月24日 15:13

  8. 8

    【読書感想】実録ブラック仕事体験記

    fujipon

    02月24日 10:35

  9. 9

    日本で唯一車で走れる砂浜が一部通行止めに 地元からは「地域の宝、早く復旧して」の声

    BLOGOS しらべる部

    02月24日 16:49

  10. 10

    企業不祥事の発生は「必然」だが発覚は「偶然」である-小林化工事案の考察

    山口利昭

    02月24日 06:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。