記事

特集:2021年世界経済への楽観と悲観

1/2

前号は今年の日本経済を取り上げたので、今回は世界経済を取り上げてみます。年が明けてまだ1か月と少々ですが、今年の経済見通しは去年に比べればさすがに楽観的になっています。その典型がご存じIMF「世界経済見通し」(WEO)の1月版ですが、コロナワクチンの普及と各国政府による財政出動が強気の根拠となっている。日本から見ていると、正直「本当かいな?」と疑いたくなるところもあります。

さらに楽観の極みを行くのが米国の株価です。先週後半にはNY市場のダウ平均が3万ドルを割り込んで、「すわ、バブル崩壊か?」と思われましたが、今週は元気に盛り返しています。確かにGAFAの好決算には文句のつけようがないのですが、素直に信じていいかどうかはなおも悩まく感じています。

●最新の1月WEOは去年より楽観的

年の初めにチェックすべきは、国際情勢ではユーラシアグループのTopRisksであり、世界経済ではIMFのWEO(世界経済見通し)である。当溜池通信では、年初にこの2つを紹介することが恒例行事になっている。2021年のTop Risksは、早々と1月4日に公表されたけれども、最新版のWEO公開は日本時間で1月26日夜となった1

昨年公表された4つのWEOは、タイトルからして”The Great Lockdown”(4月)とか、”A Crisis Like No Other,An Uncertain Recovery”(6月)などと悲観的であった。コロナ下の世界経済予測という、困難極まりない仕事であったのだから無理もないところである。ところが年明け後の今回は、“Policy Support and Vaccines Expected to Lift Activity”(政府支援とワクチンが経済活動を活性化させる見込み)とかなり明るいトーンとなっている。

○1月版WEOのヘッドライン

上記の表を見ると、昨年は中国経済以外はすべてマイナス成長であったのだが、今年はほとんどの経済圏でもプラス成長を見込んでいる。

前回の昨年10月見通しと比較してみると、特に米国経済の上方修正が目立つ。コロナ被害では世界でダントツ1位であるにもかかわらず、米国経済は好調なのである。ちなみに2月3日時点の米国の感染者累計は26,431,799人、死亡者数累計は446,744人である。とうとう第2次世界大戦の死者数(405,399人)を上回ってしまった。やはり2020年は、米国史における転換点ということにならざるを得ないだろう。

同じ時点の日本の感染者数は391,626 人、死亡者数は5,794人であるから、文字通り「ゼロが2つ」違う。何度も繰り返して恐縮だが、日米の感染状況はまったく別世界なのである。その日本経済は、第3次補正の成立を評価して21年が∔3.1%、22年が∔2.4%とやや上方修正されている。これであれば2022年末には、何とかGDPが2019年末の水準を回復することになる。逆にユーロ圏は下方修正となっていて、これはコロナ感染の再拡大が理由だが、2022年になっても2019年末の水準を下回ることになる。

興味深いのは原油価格の上方修正で、今年は何と2割高が予想されている。これも世界経済の回復を反映してのことだが、今やESG投資で化石エネルギーが悪玉視される時代となっており、このままいくと新規の石油開発投資が不足しそうである。数年後には、またまた「1バレル100ドル越え」といった事態を招いてしまうのではないだろうか。

あわせて読みたい

「世界経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  2. 2

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  3. 3

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  4. 4

    下町の食料配布 缶詰2カンで「今晩の食事はこれだけ」

    田中龍作

    02月27日 21:33

  5. 5

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  6. 6

    『青天を衝け』草なぎ剛&木村佳乃の共演にテレビ界が驚く理由

    NEWSポストセブン

    02月27日 17:45

  7. 7

    楽天トラベルを直撃…「GoToトラベル」再開決定前に“あとから割引き”を始めた理由は?

    SmartFLASH

    02月27日 13:39

  8. 8

    新築マンション広告に肝心の「現地案内図」や「価格」が載っていないのはなぜか

    NEWSポストセブン

    02月27日 08:56

  9. 9

    各国が頓挫するなか日本の教育支援が起こした南東欧の国・ボスニアでの「革命的変化」

    BLOGOS編集部

    02月27日 07:05

  10. 10

    「現場の国家公務員はお茶菓子も食べない」国家公務員の士気を下げる接待騒動

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。