記事
  • ロイター

米ゲームストップ株が再び大幅高、ロビンフッドが取引制限解除


[5日 ロイター] - 5日午前の米国株式市場で、ゲーム販売のゲームストップ株が再び大幅上昇。株式取引プラットフォームのロビンフッド・マーケッツが、個人投資家の熱狂的な買いを受けて導入した取引制限を解除したことが背景。

米東部時間午前10時15分時点で、ゲームストップは約40%高。米映画館チェーン大手AMCエンターテインメント・ホールディングスは5.8%高。

ロビンフッドは4日、 ゲームストップやAMCを含む全株の一時取引制限を廃止したと発表した。

ゲームストップ株は個人投資家による熱狂的な取引のきっかけとなり、過去2週間にわたり乱高下していた。

スパルタン・キャピタル・セキュリティーズのチーフ市場エコノミスト、ピーター・カーディロ氏は「投機的取引は後退しているが、1─2カ月後に復活しないということではない」とした上で、多くの小口投資家が損失を出している可能性があり、回復にはしばらく時間がかかると指摘。ただ、今後は他の銘柄やより幅広い規模で起きる可能性もあると述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  3. 3

    「過去最大の赤字よりマズい」電通が五輪中止より恐れている"最悪のシナリオ"

    PRESIDENT Online

    02月25日 19:10

  4. 4

    愛知のリコール不正疑惑、維新の「組織的な関与」の有無と責任について

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月26日 09:43

  5. 5

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  6. 6

    「パラ選手を宣伝だけに使うな」―一年延期で契約終了―

    笹川陽平

    02月26日 08:21

  7. 7

    総務省の接待問題は森友・加計学園疑惑と同じ構図 首相の責任も重い

    畠山和也

    02月26日 09:10

  8. 8

    根絶された病気が再出現の恐れも コロナで加速する医療崩壊

    田中龍作

    02月26日 08:08

  9. 9

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  10. 10

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。