記事

脱原発期限は選挙の争点として不要

エネルギー政策、特に原発政策が選挙の争点になっています。そして、特に注目されるのが、20○○年に原発を無くすという点です。
現実的に考えれば、脱原発の期限を決めるのは不可能でしょう。

原発を無くすためには、
・火力発電を新設する
・再生可能エネルギーを普及させる
のどちらかを決める必要があります。この選択のため、メリット・デメリットをまとめました。

リンク先を見る

脱原発の期限を言い切るのであれば、火力発電の新設が簡単です。用地の確保→許認可申請→建設→発電開始と、必要な時間がこれまでの実績から見積もれるでしょう。
工程表は、政治家や官僚だけでなく、ちょっと勉強された一般の方でも書けるかと思います。


しかしながら、再生可能エネルギーを選択した場合は、脱原発の期限を予測することすら不可能です。
将来的に発電効率が上がった場合でも、相手は自然です。発電量は天候に大きく左右されます。雨で風も無い日は、どのように電気を確保するのでしょうか。

そこで再生可能エネルギーの電力安定供給に必須となるのが、蓄電池です。しかし、こちらもリチウムイオン電池を使用した電気自動車(EV)が販売されたばかりです。
EVが家庭に1台となるまでには、電池容量の増加やコスト削減のためのイノベーションを興す必要があります。

この蓄電池イノベーションはいつか? 5年後かもしれませんし、100年後かもしれません。政治家も官僚も分かりません。
そもそも、イノベーションは狙ってできるものではなく、10年、20年の長期の技術開発のうち、数々の偶然が重なることで、イノベーションを興せるからです。

ですので、原発の代替として再生可能エネルギーの普及を選択した際は、脱原発の期限を設けるだけでなく、工程表を作ることすら不可能です。
しいて作れる工程表は、この先10年間の研究開発目標と予算の確保に関することでしょう。
偶然のイノベーションを狙うため、短期で成果が出無くても、待つ側としては忍耐も必要です。


原発に代るエネルギー源として、他には太陽と同じ原理を利用して発電する核融合等もありますが、ちょっと時間がかかりそうです。

イノベーションまでの原発との向き合い方は、先の表のメリット・デメリットと注1・2を参考に、国民が意見を述べるべきと思います。

エネルギー政策に関して選挙の争点とすべき点は、「イノベーションまでの原発との向き合い方」でしょう。
これがリアリズムです。

あわせて読みたい

「エネルギー問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  2. 2

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  3. 3

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  4. 4

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  5. 5

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  6. 6

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  7. 7

    病院赤字 不要不急の通院だった?

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    危機回避で疑問視 専門家の悲哀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  10. 10

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。