記事
  • ロイター

日本製鉄、事業損益予想を黒字に修正 需要回復・鋼材価格も上昇


[東京 5日 ロイター] - 日本製鉄は5日、2021年3月期の連結事業損益(国際会計基準)を600億円の赤字から300億円の黒字へと上方修正した。今期の上方修正は2度目となる。東南アジア向けを中心とした輸出において鋼材価格が上昇したことや、グループ会社の損益改善が寄与した。上期1065億円の赤字に対し、下期は1365億円の黒字と、急速に回復する見通し。

連結純損益予想は1700億円の赤字から1200億円の赤字へと引き上げた。上期の1911億円の赤字に対し、下期は711億円の黒字となる見込み。IBESのコンセンサス予想では、アナリスト7人の通期純損益予想の平均値は1266億円の赤字となっている。

赤字見通しではあるものの、業績の回復基調を受け、期末配当は1株10円を予定している。

宮本勝弘副社長は決算会見で「足元の経営環境は製造業向けを中心にかなり回復している」と述べた。また、中国の旺盛な鋼材需要が原料高・鋼材価格高をけん引している。

21年3月期の単独粗鋼生産は、従来計画の3270万トンから3320万トン程度に再度上方修正した。新型コロナウイルス感染症の影響による需要減少に対応して休止していた高炉5本のうち3本を再稼働。1―3月期の単独粗鋼生産は1年ぶりに1000万トンを回復する見通し。

来年度の全国粗鋼生産は8500―9000万トン程度(今期見通しは8260万トン)と予想。自社については「需給を見ながら、品種なども含めて決めたい」(宮本副社長)と述べるにとどめた。

20年4―12月期の連結事業損益は前年同期比331億円の赤字(前年同期は2793億円の赤字)、純損益は1238億円の赤字(同3573億円の赤字)だった。

脱炭素に向けては「ゼロカーボン・スチール委員会」で検討を進めており、今年度中に同社のシナリオを公表する予定としている。

*内容を追加しました。

(清水律子)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「尖閣の主権は日本」直後に訂正、米報道官の発言、計算づくか

    WEDGE Infinity

    03月03日 12:50

  2. 2

    「この売女!」福原愛を離婚決意に追い込んだ「モラハラ夫」 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月03日 17:10

  3. 3

    緊急事態宣言 延長の方向で検討する政府の判断に「残念」

    青山まさゆき

    03月03日 21:21

  4. 4

    東大就活生の悩みにひろゆき氏「入り方がレールというのは全然問題ない」

    ABEMA TIMES

    03月03日 14:21

  5. 5

    マクドナルド“過去最高売上”の理由は「ドライブスルー」と「あの人との訣別」

    文春オンライン

    03月03日 10:53

  6. 6

    足元がフラつく総理に、改革のリーダーシップは残っているか。風雲急を告げる予算委員会で、菅総理と初対決

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月03日 20:41

  7. 7

    もう霞ヶ関の省庁の内部調査や役人の国会答弁は国民の誰も信用しない - 3月3日のツイート

    橋下徹

    03月03日 22:43

  8. 8

    橋下徹「与野党の政治家が対立するしかない理由」

    PRESIDENT Online

    03月03日 12:12

  9. 9

    日本eスポーツ連合(JeSU)は結局、何を間違ったのか

    木曽崇

    03月03日 10:45

  10. 10

    一人10万円超も NTTが山田前広報官と谷脇総務審議官に高額接待 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月03日 17:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。