記事
  • ロイター

原油先物は1年ぶり高値、強い米指標やOPECプラスの減産維持で


[メルボルン 5日 ロイター] - アジア時間5日の取引で、原油先物は1年ぶりの高値を付けた。石油輸出国機構(OPEC)にロシアなど非加盟産油国を加えた「OPECプラス」による減産幅維持と好調な米経済指標が相場を支援している。

0210GMT(日本時間午前11時10分)時点で、米WTI先物は0.51ドル(0.9%)高の1バレル=56.73ドル。一時は56.75ドルと、昨年1月22日以来の高値を付けた。週間で約9%上昇と、10月以来の大幅な上昇率となる水準にある。

北海ブレント先物は0.45ドル(0.8%)高の59.28ドル。一時は59.32ドルと、昨年2月20日以来の高値を付けた。週間では6%上昇の水準。

米国の12月の製造業新規受注が市場予想を上回り、製造業の力強さが示されたことが市場で好感されており、バイデン大統領の1兆9000億ドルの経済対策案が早期に議会を通過するとの期待も支援材料。

CMCマーケッツの首席市場ストラテジスト、マイケル・マッカーシー氏は「OPECプラスの規律は非常に好ましい材料だ」と指摘。OPECプラスは今週、現行の減産幅の据え置きを決定した。

「その上、経済成長率改善の兆候が示されたため、相場上昇につながった」とした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅息子のルックス批判、クラブや薬物への偏見を許すな ビートたけしは発言を撤回せよ

    常見陽平

    02月28日 10:10

  2. 2

    首相ぶら下がり、評判悪いわけ

    安倍宏行

    02月28日 06:52

  3. 3

    酒と泪と男とワセジョ。山田真貴子内閣広報官の経歴から感じたこと【超雑談】

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月28日 09:37

  4. 4

    林修の冠番組が相次ぎテコ入れ 内容が大きく変わったのはなぜか?

    NEWSポストセブン

    02月28日 07:33

  5. 5

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  6. 6

    コロナを克服した世界はいずれ教訓を忘れてしまうのか

    ヒロ

    02月28日 10:57

  7. 7

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  8. 8

    「日本人は貧乏になった」その残酷な事実に気付かない人が多すぎる

    PRESIDENT Online

    02月28日 12:05

  9. 9

    下町の食料配布 缶詰2カンで「今晩の食事はこれだけ」

    田中龍作

    02月27日 21:33

  10. 10

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。