記事
  • ロイター

新型コロナ起源、コウモリ生息地調べる必要=WHO調査団


[武漢(中国) 3日 ロイター] - 新型コロナウイルスの起源を探るため中国湖北省武漢市を訪問している世界保健機関(WHO)の調査団のメンバーは、コウモリが生息する洞窟でウイルスの遺伝要素を追跡する作業が必要との見方を示した。

調査団メンバーで、動物の疾病を専門とするピーター・ダザック氏は、武漢で最初に確認された新型コロナウイルスがどのようにパンデミック(世界的大流行)につながったかを巡り、調査団は新しい情報を入手していると述べた。具体的には踏み込まなかったものの、実験室から流出したことを示す証拠はないとも述べた。

ダザック氏は、2002─03年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の起源を中国雲南省の洞窟に生息するコウモリと特定した研究に関わった。

同氏はロイターのインタビューで「野生生物に真の起源を発見するためには同様の研究が必要だ」と述べた。

武漢で現在実施している調査については、パンデミックにつながった経緯を巡り新しい情報を得ているとした上で、「一部のシナリオが以前より説得力を持ちつつある」と指摘した。

調査団が入念に精査している1つのシナリオとして、ウイルスが武漢で最初に確認された時期よりもかなり前から広がっていた可能性に言及。「調査団は、より早い時期に市中感染がどの程度起きていた可能性があるか非常に綿密に調べている」と述べた。

また「最初の感染者から動物宿主にたどる作業をしている」とし、「これはかなり複雑な過程であり、数カ月、もしくは数年かけて起きていた可能性もある」との見方を示した。

調査に対する中国当局の協力に関しては、施設訪問や関係者との面会要請を拒否された事例はないとした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言が延長へ 都民の恐怖心を煽る小池都知事の対応に苦言

    深谷隆司

    03月05日 17:44

  2. 2

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  3. 3

    「コロナ禍でも拡大戦略」アパホテルが怒涛の新規オープンを続ける理由

    PRESIDENT Online

    03月05日 16:27

  4. 4

    湯水のようにばらまかれた資金 バブル崩壊の前に襲ってくるインフレという強敵

    澤上篤人

    03月05日 17:22

  5. 5

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

  6. 6

    予算審議で拍子抜けするほど迫力不足だった野党の追及 国民からの批判を怖れたか

    石破茂

    03月05日 16:07

  7. 7

    人類は風邪を根絶し得たことはない「ゼロコロナ」を目指す立憲民主党はムチャクチャ

    ABEMA TIMES

    03月05日 14:50

  8. 8

    絶望的な格差社会を漂流する高齢者たち アメリカが「車上生活」なら日本は「万引き」という悲劇

    木村正人

    03月05日 08:33

  9. 9

    トルコで広がる‘ウイグル狩り’――中国の「ワクチンを送らない」圧力とは

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

    03月05日 15:55

  10. 10

    『無職転生』巡り中国で大炎上 中国版”ポリコレ棒”が横行する背景

    NEWSポストセブン

    03月05日 16:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。