記事
  • ロイター

欧州で個人の株取引急増、介入必要か判断へ=証券市場監督局

[ロンドン 4日 ロイター] - 欧州証券市場監督局(ESMA)のスティーブン・マイヨール局長は4日、新型コロナウイルスの流行に伴うロックダウン(都市封鎖)の導入後、個人投資家による株式のオンライン取引が急増しており、欧州連合(EU)の規制当局による介入が必要か検討する方針を示した。

米国では先週、個人投資家による熱狂的な株式取引に注目が集まったが、欧州では、そのはるか以前から個人投資家の売買が膨らんでいたことが分かったという。

同局長はAfore Consulting主催のウェビナーで「こうした新たな動向を注視しており、さらなる監督行動が必要か調査していく」と述べた。

同局長によると、フランスでは昨年3月に、個人投資家による優良株の購入が4倍に増加。全体の取引高も3倍に増えた。

ベルギーの規制当局によると、特に若者の間で投資が増えているという。

同局長は「こうした新たな取引の多くが投機的なものである恐れがある。個人投資家は市場のボラティリティーを利用して利益を上げようとしている」と指摘。

「ロックダウン期間中の暇つぶしとして、デイトレーディングに目を向けた可能性があることも同様に懸念される」と述べた。

また、昨年下半期にビットコイン価格に大規模な「バブル」が発生したことも懸念要因だと主張。ただ、ビットコインの急騰が、株式など従来型の金融商品の取引急増と関係があるかどうかは判断が難しいと述べた。

同局長は「引き続き警戒して状況を監視していく」と語った。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総務省違法接待は菅首相の報復人事と霞が関幹部私物化が発生源、現場の国家公務員はお茶菓子も食べない

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

  2. 2

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  3. 3

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  4. 4

    そろそろ、バブル崩壊はじまるかな!

    澤上篤人

    02月26日 15:50

  5. 5

    菅首相は山田広報官を更迭せよ ~強権と縁故主義の安倍-菅政治の終焉~

    鈴木しんじ

    02月26日 19:12

  6. 6

    “接待問題”めぐり東北新社の二宮社長が辞任 菅総理長男は懲戒処分

    ABEMA TIMES

    02月26日 18:52

  7. 7

    養老孟司が語る「コロナの壁」とは? パンデミックで暴かれた“日本的空気”の問題点 - 伊藤 秀倫

    文春オンライン

    02月26日 19:50

  8. 8

    夫婦別姓に反対の丸川珠代大臣「自分は旧姓使用」に疑問の声

    女性自身

    02月26日 14:39

  9. 9

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由 ~ 50年単位で変遷してきたラジオ時代、テレビ時代、インターネット時代と政治 ~

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  10. 10

    ほぼ全員がムダと思っている「朝礼」を、日本企業がやり続ける本当の理由

    PRESIDENT Online

    02月26日 13:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。