記事
  • ロイター

訂正:実質消費12月は-0.6%、ボーナス減で勤労者で大幅マイナス


[東京 5日 ロイター] - 総務省が5日発表した2020年12月の家計調査によると、2人以上の世帯の実質消費支出は前年比0.6%減の31万5007円となり、3カ月ぶりに減少した。事前予測(同2.4%減)に比べれば小幅な減少にとどまったが、引き続き新型コロナウイルスの感染再拡大による外出自粛の影響が表れているほか、ボーナスの大幅減で勤労者世帯での支出抑制が目立った。

季節調整済み前月比では0.9%増と2カ月ぶりに増加した。

勤労者世帯の実質消費支出は前年比2.0%減(訂正)と3カ月ぶりの減少(訂正)となった。実収入は104万5032円と前年比実質1.3%の減少、12カ月ぶりの前年比マイナスとなっており、冬のボーナスが同5.0%と大きく減少したことが響いた。

2人以上の世帯の支出のうち最も支出が減少した項目は外食、次いでパック旅行などの教養娯楽、鉄道・航空運賃などの交通費と続く。他方で、増加した項目は自宅などの設備修繕・維持費、エアコンなどの家庭用耐久財。

2020年暦年(2人以上の世帯)では、月額平均の消費支出が27万7926 円、実質5.3%の減少と比較可能な2001年以降で最大の減少幅となった。これまでは2014年の消費増税実施の際の2.9%減が最大の減少幅となっていたが、これ以上の落ち込みとなった。

*本文3段落目の勤労者世帯の支出について、「前年比2.7%減」を「2.0%減」に、「2カ月連続の減少」を「3カ月ぶりの減少」に訂正し、「前月よりもマイナス幅が拡大した」を削除します。

(中川泉 編集:田中志保)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    【119カ月目の新地町はいま】災害ごみ仮置き場に響く「五輪どころじゃない!」の叫び 10年目の大地震で聖火リレーコースも損傷

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    02月24日 09:28

  2. 2

    ZEROは0でない それをwithと言うと思いますが 立憲民主党はやはりPCR利益誘導?

    中村ゆきつぐ

    02月24日 06:49

  3. 3

    東浩紀「“自由”の制限でウイルス消えず…長期的ヴィジョンなき罰則強化は現実逃避」

    文春オンライン

    02月24日 07:27

  4. 4

    私がwithコロナではやっぱり飲食業界が厳しいと思う理由

    宇佐美典也

    02月24日 12:00

  5. 5

    「GAFA課税」は国際的な議論へ 導入しない理由はないと言える背景

    山内康一

    02月24日 14:32

  6. 6

    ビートたけしが若者に「スマホを手放す勇気を持て」と語る理由

    NEWSポストセブン

    02月24日 17:00

  7. 7

    なぜ、57歳母と24歳の息子は死んだのか〜「八尾市母子餓死事件」の調査のため、八尾市に〜の巻 - 雨宮処凛

    マガジン9

    02月24日 15:13

  8. 8

    日本で唯一車で走れる砂浜が一部通行止めに 地元からは「地域の宝、早く復旧して」の声

    BLOGOS しらべる部

    02月24日 16:49

  9. 9

    【読書感想】実録ブラック仕事体験記

    fujipon

    02月24日 10:35

  10. 10

    企業不祥事の発生は「必然」だが発覚は「偶然」である-小林化工事案の考察

    山口利昭

    02月24日 06:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。