記事

児童性的虐待の被害者は何十年も苦しみ続ける。オリンピックメダリスト、パトリック・ショーベリの告白に学ぶべきこととは

1/2
若くから才能に恵まれた陸上競技選手パトリック・ショーベリ(56)は、1987年に男子走高跳の世界新記録を樹立。オリンピックで3度メダルを獲得、現在でも世界歴代3位の記録を持ち、ヨーロッパ最高記録2m42cmはいまだに破られていない。しかし現役引退後、彼は元コーチから性的虐待を受けていたことを告白した。スウェーデンのストリート誌『Faktum』によるインタビュー記事をお届けする。
※この記事は、虐待被害者の実体験告白が含まれます。

スウェーデンの陸上競技選手(男子走高跳)パトリック・ショーベリは、若干14歳にしてテレビ番組に出演した。「ヨーテボリのスロッツコーゲン陸上競技場では、未来の世界チャンピオンが専属コーチのマッサージを受けています。昨年、彼は自己ベストを 13 cm更新しました」番組司会者が解説する。しかしショーベリは視線を落としたまま、カメラを見ようとしない。「ここはすばらしいコミュニティです。いつも楽しく過ごしてます」と答えながらも、その声には覇気も抑揚もなかった。

実は当時、彼は陸上競技のナショナルチームのコーチ、ヴィリヨ・ノウシアイネンから3年にわたり性的虐待を受けていたのだ。その関係はこのテレビインタビュー後もさらに1年続いたという。

コーチで継父でもあったヴィリヨ・ノウシアイネンは、数年にわたりショーベリに性的虐待をはたらいていた。
ノウシアイネンが他界し、他の被害者が虐待を公表してショーベリも告白に踏み切った。
このテーマで2冊の著書を出している。Credit: Mario Prhat, photojournalism, Göteborgs-Posten.

ショーベリが10代の頃に性的虐待を受けていたという事実は、スウェーデンではもはやニュース性のあるネタではない。2011年に発表した著書『What You Did Not see(あなたが見なかったもの、未邦訳)』)』の中で虐待体験を公表してから10年近くが経ち、以来、数多くのインタビューや講演を通じて児童虐待防止を訴えてきた。しかし、このテーマを取り上げるのは、聴く側にとってもショーベリ本人にとってもつらいことだった。

寂しい子ども時代 ヨーテボリ市内のランベリの丘にあるキーラー公園でショーベリに話を聞いた。アネモネの白い花が咲き、海からの冷たい風が吹いている。ショーベリの愛犬ソトが私たちのあいだを走り回っている。本を出版した当時を振り返って、ショーベリは言う。「目がまわるほどの忙しさで、何もかも放り出したくなりました」

愛犬ソト。1988年に2m43cmを跳び、ショーベリの世界記録を1cm破ったキューバの選手ハビエル・ソトマヨルにちなんで名付けられた。ソトマヨルは93年に2m45cmを跳び、現在も世界記録保持者。99年にドーピング検査で出場停止処分になったことがある。Credit: Mario Prhat, photojournalism, Göteborgs-Posten.

「(この本の内容が)多くの人の興味を惹くだろうとは予想してました。でも本を書いたことで、自分の中でも消化しきれていなかったいろんな記憶が呼び起こされ、どんどん膨らみ、出版から4〜5年はいろんなことがありました。ほとんど家にいることがなくなり妻とは離婚、講演やテレビ出演は続けましたが、心の平静を保つためお酒と鎮痛剤に頼り......自己流の治療でした」

「セラピーも受けましたが、問題と向き合うのがめちゃくちゃつらかった。セラピーが終わると飲み屋に直行し、酒をしこたま買って帰り、一人ベランダで飲んでました。誰かと一緒にいるのが耐えられず、自分が哀れになり、常に酒を浴びてました。アルコール依存症や薬物依存症の人に囲まれて育ったけど、まさか自分もそうなるとはね......」

ショーベリは若い頃からよくメディアを賑わせ、パーティー好きで口も達者なトラブルメーカーというのが定評だった。1981年、16歳でスウェーデンの大会新記録を出し称賛を浴びたが、2006年にはヨーテボリ市のストラ劇場近くで元選手たちとコカイン使用の罪で逮捕。

メディアが伝える彼のイメージは、”尊敬を集める謙虚な精鋭アスリート”とはほど遠かった。しかし現在は、まじめで頑固、怒りっぽい人物で知られている。怒りの根源について「怒りがあったから生き延びられた」と認め、幼い頃から誰の助けもなく自分で生きていく必要があったと語る。幼い頃から鍵っ子で、靴ひもの結び方を教えてくれる人もいなかったと。

「私が抱えてきた問題はヴィリヨコーチのせいだと思われがちですが、実はそれよりも以前からはじまっていたのです。なぜ誰も気づかなかったんでしょうね」

両親はショーベリが幼い頃に離婚し、10歳で父親とは疎遠になった。「私たちのことなんてお構いなし。父の新しい家族にも全く歓迎されませんでした」。母親は仕事も勉強も他人の世話もしていたが、なぜか自分の息子にはおろそかだった。学校生活もうまくいかなかった。

著名コーチから“指導”という名の性的虐待

「小児性愛者のもとに届けられたんです」ショーベリは言う。「突然、誰かが僕の人生にやってきて、褒めて励まされしてるうちに何者かになっていった。レコードとか子どもが喜ぶプレゼントを持って近づいてくる。小児性愛者は子どもの扱いが実に上手いですから」

その後、コーチはショーベリの母親と恋愛関係に。コーチもひとつ屋根の下で生活することになり、ショーベリが10歳から14歳まで性的虐待行為が続いた。コーチとして高い評価を受けていたノウシアイネンは、”栄養ドリンク”と称して睡眠薬入りの飲み物をショーベリに飲ませ、深夜にショーベリの部屋に忍び込んできた。

朝、ショーベリは下半身に痛みを感じて目を覚ます。コーチがショーベリの陰毛を剃り、トレーニングの効果が出ているか確認するためと"精子検査”をされたのだ。筋肉の測定だとマッサージもしてきた。

合宿先や大会出場の遠征先でショーベリとコーチは相部屋だったが、誰も疑問を持つものはなかった。コーチが夜中にドアを開けたら気がつくように、部屋のドアの取っ手に服などをぶら下げたこともあったが、虐待行為は止まらなかった。現在の法律では「児童レイプ」に分類される行為だ。

ショーベリの母親は「何も疑っていなかった」と言う。本の出版後、スウェーデンの日刊紙『Dagens Nyheter』のオピニオン欄で、息子の虐待経験について「私は衝撃を受けましたが、ショーベリの告白は褒めてやりたいです」と書いている。「私はこの事実を把握すべきだったし、いかなる方法を取ろうともそんな関係を終わらせるべきでした。パトリックが世界のトップレベルに立てたのは事実ですが、ヴィリヨコーチがいなければ、もっと平穏な人生だったでしょう。コーチは病的な行為から抜け出せなくなった難ありの人間でした」

当時を振り返って誰に一番失望するかとショーベリに訊くと、「母親です」と返ってきた。「事態を防げたのは彼女だけでしたから」

性的虐待を受けていた事実は、長年、ショーベリだけの秘密だったので、恥と罪悪感は膨らんでいった。虐待の原因は自分にもあったのではないかとも感じている。というのも、コーチと母親が別れた後も、ショーベリはコーチとの生活を選んだのだ。はたから見ると不可解かもしれない。

「それにはいろんな理由があったのだろう」ショーベリは著書で述べている。「それだけ彼に依存していたんです。トップ選手になるにはコーチが必要、そう思い込んでいました。彼のおかげで2メートル飛べる選手になっていたし、“あんなコーチについてもらえるなんて贅沢だな”ともよく言われました。虐待には目をつぶろうと思っていたのでしょう」

高校1年になる頃には、コーチに就寝中に陰毛を剃られる体験を4度も味わっていた。もうたくさん、そう思ったショーベリは、今度やったら警察に届けますよと強く言うと、虐待は少しおさまった。ショーベリの体が少年から大人へと成長している時期でもあった。

被害者はショーベリだけではなかった。だが、彼らが虐待経験を語り出したのは、ノウシアイネンが99年に他界してからのこと。最初に口を開いたのはヤニク・トレガロ。ノウシアイネンの指導を受け、将来を嘱望されるジュニア選手となり、後年はコーチとなった。ノルウェーの高跳び選手クリスチャン・スカールも被害者の一人。他にも大勢の被害者がいるに違いない、とショーベリはみている。

ヨーテボリ市にある屋内競技場フリードロッテン・ハスの隣には、ノウシアイネンの名を冠した遊歩道があったが、虐待の事実が明るみになるや「アスリートの遊歩道(The Athletics Walkway)」と改名された。

あわせて読みたい

「性的虐待」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    10年周期のみずほ銀行システム障害-運用面の問題はどこにあるのか?

    山口利昭

    03月02日 08:53

  2. 2

    【寿司】、パンデミックでもシーフードがバカ売れ!マヨ入りシースーは盤石な米国民食?

    後藤文俊

    03月02日 08:38

  3. 3

    「菅と二階の怒りを買った2人が飛ばされた」……NHK有馬キャスター、武田アナ降板の衝撃 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月01日 22:28

  4. 4

    山田広報官を辞任に追い込んだ日本の悪い癖

    ヒロ

    03月02日 10:38

  5. 5

    ワクチン接種の60代女性が死亡 ワクチンとの因果関係は不明

    ABEMA TIMES

    03月02日 19:53

  6. 6

    通話など利用料無料をうたう「Rakuten Link」を試してみた

    krmmk3

    03月01日 14:27

  7. 7

    緊急事態宣言再々延長ならば菅政権の失政が原因

    鈴木しんじ

    03月02日 18:08

  8. 8

    過剰に豪華なオフィスを構えている企業は「危険」

    内藤忍

    03月02日 11:40

  9. 9

    NHK「ニュース7」担当職員の飲酒傷害事件は特権意識の現れか

    渡邉裕二

    03月02日 08:04

  10. 10

    二都構想で令和維新の実現を

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    03月02日 09:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。