記事

嵐ファンによる朝日新聞広告に疑問の声、「3600万円値引き」の謎も

朝日新聞に掲載された嵐ファンのメッセージ

 2020年末、惜しまれつつ活動休止した嵐。彼らに向けて一部のファンが贈ったプレゼントにいま、不可解な“謎”が浮上している。

【写真】朝日新聞に掲載された「たくさんの愛をありがとう」などのフレーズの嵐ファンの言葉[全文]

 その謎の元となったのが、嵐ファン有志5人によって起案された《「ありがとう嵐。またね!」プロジェクト》。朝日新聞社が運営するクラウドファンディングサービス「A-port」で、嵐への感謝を伝える新聞広告を掲載するための資金調達プロジェクトが発足。その結果、1月27日付の朝日新聞全国版に全面広告が掲載されたのだ。

 そもそもクラウドファンディングとは、群衆を意味する「Crowd」と資金調達を意味する「Funding」を組み合わせた造語で、インターネットを介して不特定多数の人々から少しずつ資金を集めるサービスを指す。

 今回のクラウドファンディングは目標金額「1000万円」で、支援金額は1000円と3000円のプランがあり、額によってリターン(お返し)が決まっている。1000円のプランだと今回の企画起案者である有志ファンからのお礼のメッセージがくるだけだが、3000円支援した場合には、新聞広告に自身の名前を載せることができる。実際に掲載された新聞にも名前がダダーっと掲載されている。

 プロジェクトに賛同して、3000円の支援をした40代女性が興奮気味に語る。

「素敵な企画だなと思いましたし、嵐に私の思いが届いてほしいと思いました。嵐にはどんな時もパワーをもらっていたので、感謝の気持ちを表すいい機会かなと思って支援しました。だから新聞広告を見たときは感動しました!」

 だが、こういった前向きな声より大きくなっているのが、疑問の声だ。

「SMAPが解散した2016年、同様のプロジェクトを立ち上げた有志の方々が居ましたが、最後まで全員が名前出しで仕切りをしていました。その際は、最終的に1万3000人から寄付が集まり、8ページにわたる全面広告を大展開。しかも解散するタイミングと合わせた年末の掲載だったので感動もひとしおだったんです。ただ、今回の嵐のプロジェクトを立ち上げた有志のファンの方は、突然名前を消したり、広告掲載のタイミングも『嵐の解散が公式に決まった日』という私たちにとっては複雑な日にしたり、信頼できる人なのか不安になってしまいました…」(30代女性ファン)

 今回のプロジェクトの最終報告を見ると、支援者は合計1214人で、集まった金額は475万9719円。目標金額として起案者が設定した「1000万円」の半分にも満たない金額だ。嵐のファンクラブの会員数は非公開だが推定300万人以上と言われているのに対し、この数字はあまりにも寂しく、多くのファンの“不参加”も感じさせた。

 広告を見たファンたちからは悲観的な意見が出ている。ネット上では「起案者の素性が謎で支援金を出しにくかった」、「SMAPの時の解散と違い、嵐は活動休止だから広告は不要だと思う」、「目標金額に届いていないのに結局、掲載できたことに疑問」といった声も見られ、ファンたちの複雑な心境が垣間見られる。

 ある広告代理店関係者は、「そもそも朝日新聞のホームページには、全面広告の掲載料は3985万5000円とあります。今回の支援金は手数料を引くと約380万円。新聞広告には“値引き”がつきものですが、約3600万円、90%オフで全面広告を掲載させたとなると、他のクライアントが激怒しても仕方ないような特例で、こんなことは前代未聞です…」と、その金額設定に首をかしげる。

 この謎を解き明かすカギとなる、主催者から支援者へ送られたメールを本誌・『女性セブン』は入手した。そこには、《1000万円という額は事前に朝日新聞社と決めてあった》という記載があり、なぜ朝日新聞社での広告掲載なのかという点については、《朝日新聞社とは【ご縁】があり、ご支援ご協力していただけることとなりました》と書かれている。

 起案者と朝日新聞の【ご縁】とは何なのか。この点について、朝日新聞社に回答を求めたところ、広報部は「なるべく多くの人たちに知ってもらえる方法で嵐への感謝の気持ちを伝えたい、と弊社にお申し込みがあり、弊社はそのための場を提供いたしました。クラウドファンディングの実施まで進んだことを『ご縁』と表現されたと伺っております」と回答した。

 掲載料の値引きについては、「今回はファン有志の方々の思いを受け止め、社内で調整した結果、実施が可能になりました。経緯の詳細については、回答を控えさせていただきます」(朝日新聞社広報部)とのことだった。

 前出の30代女性ファンは、「私たちは嵐と縁があっただけで、朝日新聞社と縁があったわけではないんですけどね。感謝を伝える機会はラストライブで(松本)潤君が作ってくれているんですよ。今回の支援募集には疑問点が多すぎて私の周りは誰も支援しませんでした」(前出・30代女性ファン)?

 本来の思いとは裏腹に嵐ファンにとって後味の悪い結果となった。

あわせて読みたい

「嵐(ARASHI)」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ドキュメント3・11 イギリス大使館はなぜ「真実」を見抜けたか

    新潮社フォーサイト

    03月08日 08:12

  2. 2

    【燃やされ消される「原発事故対応」】福島市「保存期限過ぎたので廃棄」 山形県に避難した市民説明会の記録 「保存場所無い」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    03月08日 09:15

  3. 3

    東大36位が表す最先進国からの転落

    幻冬舎plus

    03月07日 11:24

  4. 4

    「奇跡が起きる」と話題!ClubhouseはYouTubeをどう変えるのか!?

    放送作家の徹夜は2日まで

    03月08日 10:35

  5. 5

    何を今更な「大阪IR、役所優位崩れる?」論

    木曽崇

    03月08日 14:21

  6. 6

    いま一度公務員倫理規程を問う

    船田元

    03月08日 13:39

  7. 7

    コロナ禍で進む様々な好調・不調の二極化

    ヒロ

    03月08日 10:34

  8. 8

    結婚相手に年収700万円を希望する年収300万円の女性「細かい節約をしなくても持続できる生活がしたい」

    キャリコネニュース

    03月07日 13:07

  9. 9

    明日緊急本会議開催!全国知事会欠席、宣言下千代田区長選応援…小池都政を質します!

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    03月07日 13:23

  10. 10

    昭和名作のDNAも 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を観る前に知っておいてほしいこと

    文春オンライン

    03月08日 10:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。