記事
  • ロイター

米労働生産性、20年第4四半期は約40年ぶり大幅落ち込み

[ワシントン 4日 ロイター] - 米労働省が4日発表した2020年第4・四半期の非農業部門の労働生産性(速報値)は年率換算で前期比4.8%低下し、1981年第2・四半期以来の大幅な落ち込みとなった。

ただ、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の打撃は娯楽や宿泊など比較的生産性が低い業種に偏っていることから、労働生産性は基調としては底堅さを保っている。市場予想は2.8%低下だった。

第3・四半期の労働生産性は当初発表の4.6%上昇から5.1%上昇へ上方改定された。20年全体では前年比2.6%上昇した。19年は1.7%上昇だった。第4・四半期の前年同期比は2.5%上昇した。

労働時間は前期比10.7%増えた。第3・四半期は37.1%増加していた。

生産単位当たりの報酬を示す単位労働コストは前期比6.8%上昇し、第3・四半期の7.0%低下から持ち直した。第4・四半期の前年同期比は5.2%上昇だった。20年全体では4.3%上昇。19年は1.9%上昇していた。

新型コロナの打撃が低賃金業界に偏っているため、ゆがみはあるものの、労働コストが持ち直したことは今年物価が上昇するとの見方を後押しする。

時間当たりの労働報酬は前期比1.7%増。第3・四半期は2.2%減だった。第4・四半期の前年同期比は7.8%増加した。20年全体では7.0%増。19年は3.6%増だった。

JPモルガンのエコノミスト、ダニエル・シルバー氏は、今回の低下について、「前の期に生産性が非常に力強く伸びた後だった」と指摘。これまではパンデミックで一部の経済活動が低生産性部門からシフトし、統計の一部ノイズを通じて生産性の伸びが改善していたと分析した。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    【寿司】、パンデミックでもシーフードがバカ売れ!マヨ入りシースーは盤石な米国民食?

    後藤文俊

    03月02日 08:38

  2. 2

    一都三県から緊急事態延長要請、東京都の「重症病床使用率」修正問題が未解決のままで良いのか?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月03日 09:35

  3. 3

    「尖閣の主権は日本」直後に訂正、米報道官の発言、計算づくか

    WEDGE Infinity

    03月03日 12:50

  4. 4

    10年周期のみずほ銀行システム障害-運用面の問題はどこにあるのか?

    山口利昭

    03月02日 08:53

  5. 5

    政策に反対する官僚の更迭は当然=菅首相

    ロイター

    03月03日 12:35

  6. 6

    マクドナルド“過去最高売上”の理由は「ドライブスルー」と「あの人との訣別」

    文春オンライン

    03月03日 10:53

  7. 7

    山田広報官を辞任に追い込んだ日本の悪い癖

    ヒロ

    03月02日 10:38

  8. 8

    「菅と二階の怒りを買った2人が飛ばされた」……NHK有馬キャスター、武田アナ降板の衝撃 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月01日 22:28

  9. 9

    「令和のゼロ戦」の開発で、防衛省が絶対に譲らなかったひとつの条件

    PRESIDENT Online

    03月03日 11:02

  10. 10

    過剰に豪華なオフィスを構えている企業は「危険」

    内藤忍

    03月02日 11:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。