記事

「子ども庁」創設に向け、遂に始動!!Children First、すべては子どもたちのために!

1/3
写真)左:自見はなこ参議院議員、右:最後の挨拶をする山田太郎。

 2月2日、「子ども家庭庁(仮称)」(※1)創設に向けた勉強会を、自民党の若手有志とともに始動させました。私は自見はなこ議員とともに、共同事務局を務めています。

 この勉強会立ち上げまでの間、同じく「子ども家庭庁」の創設を訴えていた自見議員とアンダーで議論を重ね、30人もの若手議員(※2)の賛同を得て本日のキックオフとなりました。今回の勉強会には、熱意ある60名以上の議員がかけつけてくださり、相当な熱気に包まれていました。報道関係も30名以上が参加し、機運の高まりを肌で感じました。この勢いで一気に議論を加速させ、3月中旬には政府に『子ども家庭庁』の創設を提言していきます。

しかし、「子ども家庭庁」創設には、議員だけでなく国民の皆さんからの賛同が不可欠です。皆さんからの要望や不安をしっかりと伺い政策に反映させていきたいという思いから、ネットを使ってのアンケートも実施する予定です。

写真)冒頭から出席された議員の集合写真。私は急遽参議院運営委員会が開かれたため遅れての参加となりました。その他にも、30名ほどの議員が途中参加されたため、写真には写っていません。

初回の講師としてお越しいただいた明石市長の泉房穂さんからも、魂のこもった講演をしていただきました。

写真)熱く、子ども家庭庁の必要性を訴える泉市長

泉市長は10年以上「チルドレン・ファースト」の行政を徹底して行っています。実際に明石市では、こども局を創設し、子ども部門の職員を3倍増、子ども部門の弁護士12名を採用、児童相談所の職員数は国基準の2倍、子ども部門の予算を2倍増、5つの無料化(医療費、給食費、保育料、遊び場、おむつ)等を実施されているそうです。

その結果、出生率は1.70、市の税収は7年連続増加、住民は8年連続増加の過去最多を実現し、市民満足度91.2%という好循環を生み出しています。人口増加の内訳は0-9歳児と35歳から39歳の子育て世帯が中心です。泉市長は「Children Firstを中心に街や行政を変えれば、まちは発展する!」と強い確信をもって提言されました。

一方、現在の日本の「子ども・家族向け支出」をみてみると、先進国の中でも最低レベルです。これでは、子どもに優しい国とはまったく言えません。「子どもたちにお金をかけること」は私たち政治がすべきことです。

あわせて読みたい

「児童虐待」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  4. 4

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  5. 5

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  6. 6

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  9. 9

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  10. 10

    素直に良かった開会式 国内外の取り上げ方に差異

    和田政宗

    07月24日 10:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。