記事
  • ロイター

アジア企業の業績予想、7カ月連続で上方修正


[3日 ロイター] - アナリストは1月、アジア企業の今後12カ月間の業績予想を上方修正した。上方修正は7カ月連続。

政府支出の拡大と新型コロナウイルスワクチンの普及で企業業績が改善するとの見方が多い。

リフィニティブのデータによると、アナリストはMSCIアジア大洋指数採用銘柄の今後12カ月間の業績予想を1月に1%上方修正した。

国・地域別では、台湾企業とインド企業の業績予想がともに4.5%上方修正、タイ企業とマレーシア企業の業績予想も2%以上上方修正された。

ジェフリーズは先週のリポートで「台湾は軽い景気後退の後に、力強い回復を遂げている。中国の回復が背景だ。株式市場の観点では、回復のすそ野は広く、多くの不人気なセクターが活性化している」と述べた。

日本経済新聞社とIHSマークイットが発表した1月のインド製造業購買担当者景気指数(PMI)は57.7と、3カ月ぶりの高水準だった。好不況の分かれ目となる50を6カ月連続で上回った。

中国企業の業績予想は約1.5%上方修正された。

中国の2020年第4・四半期の国内総生産(GDP)は前年同期比6.5%増と、市場予想を上回り、新型コロナウイルスの影響で打撃を受けた厳しい年を驚くほど良好な状態で締めくくった。

一方、韓国企業と日本企業の業績予想については、上方修正の幅が小さかった。

クレディ・スイスは1月末のリポートで「コンセンサス予想では、日本を除くアジア企業の2021年の1株利益予想は、前回のピークである2017年の水準を14%上回っている。韓国については、2021年の1株利益予想が依然として2017ー18年の水準を下回っている」と指摘した。

セクター別では、素材・エネルギーなど景気敏感セクターの上方修正幅が最も大きかった。今年の景気回復に対する期待が高まっていることが浮き彫りとなった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    【寿司】、パンデミックでもシーフードがバカ売れ!マヨ入りシースーは盤石な米国民食?

    後藤文俊

    03月02日 08:38

  2. 2

    10年周期のみずほ銀行システム障害-運用面の問題はどこにあるのか?

    山口利昭

    03月02日 08:53

  3. 3

    一都三県から緊急事態延長要請、東京都の「重症病床使用率」修正問題が未解決のままで良いのか?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月03日 09:35

  4. 4

    「菅と二階の怒りを買った2人が飛ばされた」……NHK有馬キャスター、武田アナ降板の衝撃 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月01日 22:28

  5. 5

    山田広報官を辞任に追い込んだ日本の悪い癖

    ヒロ

    03月02日 10:38

  6. 6

    マクドナルド“過去最高売上”の理由は「ドライブスルー」と「あの人との訣別」

    文春オンライン

    03月03日 10:53

  7. 7

    政策に反対する官僚の更迭は当然=菅首相

    ロイター

    03月03日 12:35

  8. 8

    過剰に豪華なオフィスを構えている企業は「危険」

    内藤忍

    03月02日 11:40

  9. 9

    「令和のゼロ戦」の開発で、防衛省が絶対に譲らなかったひとつの条件

    PRESIDENT Online

    03月03日 11:02

  10. 10

    緊急事態宣言再々延長ならば菅政権の失政が原因

    鈴木しんじ

    03月02日 18:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。