記事
  • ロイター

原油先物が上げ幅拡大、OPECプラスの減産維持や米在庫減で

[シンガポール 4日 ロイター] - アジア時間4日の取引で、原油先物は上げ幅を拡大。石油輸出国機構(OPEC)にロシアなど非加盟産油国を加えた「OPECプラス」が3日の会合で現行の生産枠を据え置き、減産を維持したことが好感された。

米国の原油在庫が昨年3月以来の低水準に減少したことも支援材料になっている。

0317GMT(日本時間午後0時17分)時点で、北海ブレント先物は0.47ドル(0.8%)高の1バレル=58.93ドル。前日の清算値は昨年2月21日以来の高水準だった。

米WTI先物は0.49ドル(0.9%)高の56.18ドル。前日の清算値は約1年ぶりの高水準だった。

OPECプラスの合同閣僚監視委員会(JMMC)は3日、オンライン会議を開催。会議後の声明で、新型コロナウイルスワクチンの世界的かつ漸進的な普及が、年内の世界経済や石油需要を押し上げる有望な要素とした上で「2021年の回復を楽観視している」と表明。同時に、今後数カ月間は経済見通しや石油需要を巡って不安定な状態が続く見込みとした。

OANDAのシニアマーケットアナリスト、エドワード・モヤ氏は「OPECプラスが原油市場のリバランスを遅滞なく加速させる決意を示したことで原油相場は上昇している」と指摘した。

また、米エネルギー情報局(EIA)の週間統計で、米国の原油在庫がアナリスト予想に反して減少し、昨年3月以来の低水準となったことも相場を支援した。

モヤ氏は、新型コロナウイルスワクチンの接種が進んでいることも原油相場の重要な支援要因だとした。

このほか、米議会下院が3日、共和党の支持なしに1兆9000億ドル規模の新型コロナウイルス対策案の承認が可能になる予算決議案を可決したことも好感されている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    「過去最大の赤字よりマズい」電通が五輪中止より恐れている"最悪のシナリオ"

    PRESIDENT Online

    02月25日 19:10

  3. 3

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  4. 4

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

  5. 5

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  6. 6

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  7. 7

    ワクチン確保に慌てる必要なし 政府批判は動きを非効率化させる危険も

    中村ゆきつぐ

    02月25日 07:19

  8. 8

    2020年代の産業革命

    ヒロ

    02月25日 10:48

  9. 9

    森会長の発言ってどうしてここまで叩かれてるの?と思った時に読む話

    城繁幸

    02月25日 15:53

  10. 10

    「またも看板キャスターが降板」NHKは"忖度人事"をいつまで続けるのか

    PRESIDENT Online

    02月25日 22:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。