記事

朝日、読売、毎日、日経もスポンサー 五輪中止なら新聞社も大打撃

五輪中止はマスコミにも影響(時事通信フォト)

 もし、このままコロナが収束せず、東京五輪が中止となったらどうなるのか──。もっとも辛い思いをするのは、これまで研鑽を重ねてきたアスリートたちだが、同時に巨額の出資をした協賛企業、さらにマスコミも痛手を被る。

【表】売上高・前年比15.4%減のアシックス(ゴールドパートナー)、約60%減のJAL(オフィシャルパートナー)、80%減のJTB(同)…スポンサーレベル別、五輪協賛企業の業績推移

 経済ジャーナリストの福田俊之氏は、今大会の特徴として、「新聞社」がスポンサー企業に名乗りを上げている点をあげる。朝日新聞社、読売新聞社、日本経済新聞社、毎日新聞社の全国紙4社がオフィシャルパートナーとなったほか、産経新聞社と北海道新聞社もオフィシャルサポーターに名を連ねる。

 過去の大会では、新聞社が五輪スポンサーになることは中立・公正の観点から「避けるべき」とされ、例がない。朝日新聞社は昨年、9年ぶりの中間決算での赤字を発表、毎日新聞社は資本金を41億5000万円から1億円に「減資」して税法上の“中小企業”になったことが報じられた。

「新聞社やテレビ局は、五輪での広告収入を見越していたはず。この穴は簡単には埋められないでしょう」(福田氏)

 それでも「中止」を報じる瞬間は訪れてしまうのか。

※週刊ポスト2021年2月12日号

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で増える離婚予備軍 ステイホームを破局回避のチャンスに変えよう

    土屋礼央

    03月04日 08:03

  2. 2

    AI翻訳のロゼッタ、全社員に「英語禁止令」発令「英語は本業の能力とは何の関係もない」

    Ledge.ai

    03月03日 17:31

  3. 3

    平均賃金は韓国以下…「貧しい国」になった日本が生き残るための“新常識” 2021年の論点100 - 加谷 珪一

    文春オンライン

    03月04日 10:23

  4. 4

    「尖閣の主権は日本」直後に訂正、米報道官の発言、計算づくか

    WEDGE Infinity

    03月03日 12:50

  5. 5

    緊急事態宣言 延長の方向で検討する政府の判断に「残念」

    青山まさゆき

    03月03日 21:21

  6. 6

    「この売女!」福原愛を離婚決意に追い込んだ「モラハラ夫」 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月03日 17:10

  7. 7

    毒蝮三太夫84歳「ワクチン打つ」それがコロナ時代を生きる俺の『飲む打つ買う』だ

    毒蝮三太夫

    03月04日 08:09

  8. 8

    中国が特許件数2年連続で首位 いまや技術の「質」も苦しい立場の日本

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    03月04日 08:36

  9. 9

    ジェネリック医薬品大手で不適切製造か 安全より利益追求する企業に呆れ

    中村ゆきつぐ

    03月04日 09:16

  10. 10

    もう霞ヶ関の省庁の内部調査や役人の国会答弁は国民の誰も信用しない - 3月3日のツイート

    橋下徹

    03月03日 22:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。