記事
  • ロイター

アストラゼネカのワクチン、全年齢対象の接種は妥当 英が主張


[ロンドン 3日 ロイター] - ハンコック英保健相は3日、英製薬大手アストラゼネカと英オックスフォード大学が共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、65歳以上の高齢者への接種を推奨しない方針の国が欧州で相次ぐ中、全年齢を対象とする英国の接種方針の妥当性を主張した。

欧州連合(EU)に加盟するフランス、ベルギー、ドイツなどは同ワクチンの接種対象を65歳未満にするよう推奨する方針で、フランスのマクロン大統領は先週末に同ワクチンは65歳以上の人々には「ほぼ効果がない」と述べたと報じられている。

しかし、オックスフォード大や英政府はこれに強く反論。

ハンコック氏はBBCラジオの番組でマクロン氏の発言について問われ、「科学者の意見を聞くべきというのが私の見方だ」と強調。「これに関して明確な研究成果が既に示されていた」とした上で、直近に公表された研究結果で「オックスフォード大のワクチンは非常に効果があることが完全に明確になった」と述べた。

オックスフォード大が2日公表した論文によると、1回目の投与から2回目までの3カ月間の有効性が76%であることが示されたほか、初回投与から少なくとも3カ月の間隔を空けて2回目を投与する方が、短い間隔で投与するよりも有効性が高かった。

高齢者における有効性に関する追加データはなかった。

同大「ワクチングループ」の責任者、アンドリュー・ポラード教授はBBCラジオで、マクロン氏の発言の意味が理解できないと表明。

「年齢が高めの成人についてデータが少なめという点で、人々は予防の度合いについて確信が持てないようだが、年齢が高い成人も若い人とほぼ同じくらい良好な免疫反応があった。われわれが確認した予防の方向性は全く同じで、度合いも類似している」と語った。

英国はフランスや他のEU加盟国よりも速いペースでコロナワクチン接種を実施しており、アストラゼネカのワクチンも早期に承認している。

フランスのボーヌ欧州問題担当相は仏ニュースチャンネルLCIで、EUのワクチン接種ペースが比較的遅いことについて、英国はアストラゼネカのワクチンを高齢者にも投与するなど、「非常に大きなリスク」を取っているとしてEUの方針に問題はないとの認識を示した。「英国はわれわれほど万全な安全対策を取っていない」とした。

スイスの医薬品規制当局は3日、アストラゼネカ製ワクチンについて、さらなる有効性や品質のデータが必要として、承認を見送ったと明らかにした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン確保に慌てる必要なし 政府批判は動きを非効率化させる危険も

    中村ゆきつぐ

    02月25日 07:19

  2. 2

    犬や猫の店頭販売やペットのネット販売禁止へ 動物愛好国フランスの"一歩"

    BLOGOS編集部

    02月25日 07:06

  3. 3

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  4. 4

    「日本資本主義の父」渋沢栄一が現代の首相たちを見たらどう思うのか

    毒蝮三太夫

    02月25日 06:33

  5. 5

    【119カ月目の新地町はいま】災害ごみ仮置き場に響く「五輪どころじゃない!」の叫び 10年目の大地震で聖火リレーコースも損傷

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    02月24日 09:28

  6. 6

    東浩紀「“自由”の制限でウイルス消えず…長期的ヴィジョンなき罰則強化は現実逃避」

    文春オンライン

    02月24日 07:27

  7. 7

    ビートたけしが若者に「スマホを手放す勇気を持て」と語る理由

    NEWSポストセブン

    02月24日 17:00

  8. 8

    私がwithコロナではやっぱり飲食業界が厳しいと思う理由

    宇佐美典也

    02月24日 12:00

  9. 9

    2032年夏の大会の優先候補地はブリスベンに IOC

    ABEMA TIMES

    02月25日 08:28

  10. 10

    ZEROは0でない それをwithと言うと思いますが 立憲民主党はやはりPCR利益誘導?

    中村ゆきつぐ

    02月24日 06:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。