記事

「理由は不明だが相性がいい」想定外の出会いを提案するAIは、恋愛と結婚をどう変えるか

1/2

恋活・婚活マッチングアプリで累計登録者数が日本最大級のペアーズは、2020年のダウンロード数が対前年比170%と急増している。オンラインでのビデオデート機能やAIによるマッチング提案など、最新の技術とサービスに迫る――。

スマホでビデオチャットをしている女性
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/RyanKing999

恋愛・結婚意向が高まった人が4割

コロナ禍で、人との接触や交流リスクに不安を感じる人も多い一方で、「恋愛・結婚」に前向きな男女も目立っています。

ある研究所の調査でも、新型コロナ流行前に比べて「恋愛・結婚意向が(やや)低下した」との回答は、20~40代独身男女でわずか14%のみ。

逆に「(やや)高まった」は約4割にのぼり、彼らがそうでない人たちに比べ、「人と過ごすことのありがたみ」を強く感じていることも分かりました(2020年リクルートブライダル総研調べ)。

もともと恋愛・結婚意向を持つ独身者に限った調査とはいえ、「不安な時代だからこそ、異性と寄り添いたい」との思いの高まりが、透けて見える結果でしょう。

この傾向は2011年3月、東日本大震災という未曽有の大災害の直後、若者の結婚願望が高まり、「震災婚」などと言われた当時にも似ています。

アプリダウンロードが前年比170%

新型コロナに揺れた2020年、日本における恋活・婚活マッチングアプリで認知度、利用率ともにナンバーワンとされる「Pairs(以下、ペアーズ)」(エウレカ)は、アプリのダウンロード数を、対前年比で、なんと約170%も伸ばしたそうです(20年アップアニー調べ/iOS & Google Play合計)。

「理由の一つは、マッチングアプリの有用性ではないでしょうか。コロナ禍でお相手探しの活動量を減らさざるを得ないなかで、初めから相手の人となりが分かるペアーズのサービスは『効率的な恋活・婚活の手段だ』と、改めて評価されたのだと思います」と話すのは、同Brand Directorの西山絵夢さん。

そもそもビフォーコロナの時代から、恋活・婚活マッチングアプリの認知度や利用意向は、右肩上がりでした。

「マッチングアプリで出会った」と堂々と言える雰囲気

ある調査でも、マッチングアプリでパートナーを見つけた18~59歳の男女は、16年に「40人に1人」だったのが、20年には「20人に1人」にまで急伸(16、20年 Match Group自主調査/対象=16年:1万1576人 / 20年:1万5729人)。4年間で、成約率が2倍に増えた計算です。

また「社会的な空気も、少しずつ変わってきたように思う」と西山さん。

ノートパソコンでオンラインの出会い系サイトを閲覧する若く美しい独身女性
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/fizkes

例えば、同社の広告に「マッチングアプリ(ペアーズ)で出会った」として出演するカップルを募ったときのこと。

16年には、「顔を出して出演できます」と手を挙げたカップルはわずか2組だったそうですが、17年末ごろには40、50組が応募。

「さらに直近の19年には、200組近いカップルが応募してくれたんです」と西山さん。

コロナ禍で提供を開始した「ビデオデート」機能

ペアーズの日本でのサービス開始は、2012年。アプリ上で気になる異性に「いいね!」を送り、相手からも「いいね!」の返事があるとマッチングが成立、そこからメッセージのやりとりが可能になる(男性は2通目から有料)というサービスを提供してきました。

個人の連絡先を伝えなくても会話ができるペアーズのビデオデート。(画像提供=エウレカ)
個人の連絡先を伝えなくても会話ができるペアーズのビデオデート。(画像提供=エウレカ)

さらに、コロナ禍の20年4月下旬、提供を前倒しして始めたのが「ビデオデート」機能。会員限定の無料サービスです。

マッチングした相手と数往復以上、メッセージ交換をすれば、個人的な連絡先を伝えなくてもビデオデートが可能に。コロナ禍(自粛モード)でも時間や場所を気にせず、いつでもどこでもオンラインの画面越しに異性と会話できる点が、大きな魅力と言えるでしょう。

ちなみに初回のデートは、あえて「制限時間15分」に設定されているのですが……、一体なぜなのでしょうか?

イメージが違うガッカリなケースでも負担少なく

その理由について、西山さんは「時間制限があるほうが、必要以上にプレッシャーを感じず、かえってリラックスして話ができると考えたため」とのこと。

確かに初回のデートとなれば、男女ともに緊張している場合が多い。また、リアルのデートで「あるある」の事象ですが、待ち合わせ場所にいざ行ってみたら「思い描いていた相手のイメージと違う」とガッカリしてしまうケースは、オンライン上のデートでも十分あり得ます。

そんななかで、時間無制限で「好きなだけ喋ってください」と言われても、「お互いに荷が重いと感じる人も多いのでは?」と西山さん。その後、2回目以降のデートは、時間制限が「60分」とかなりゆったり設定されています。

ビデオデートで最短5日以内にカップル成立

4月のローンチ以降、何度かアップデートを重ね、いまでは肌をなめらかに見せること(「ナチュラルスキン」)や通話時の背景変更が自在にできるほか、ビデオデートが始まる前に「どう映るか」を自己チェックできる機能なども加わりました。

「安心感」も特徴の一つ。ビデオ通話中、不適切なコンテンツが確認されると、強制的に通話を終了させるほか、必要に応じて警告や強制退会などの措置が取られます。

こうした配慮もあってか、20年5月までに同機能を利用したペアーズ会員(約1500人)のうち、約7割が「ビデオデートでの体験に満足」と回答したとのこと(20年 エウレカ調べ)。

「お相手との相性確認なども、リアルより早く進むため、リリース初日から最速で5日以内にカップルが成立しました」(西山さん)

あわせて読みたい

「マッチングアプリ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  2. 2

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  3. 3

    「現場の国家公務員はお茶菓子も食べない」国家公務員の士気を下げる接待騒動

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

  4. 4

    各国が頓挫するなか日本の教育支援が起こした南東欧の国・ボスニアでの「革命的変化」

    BLOGOS編集部

    02月27日 07:05

  5. 5

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  6. 6

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  7. 7

    「SDGsな未来へ」が意味するもの

    自由人

    02月27日 11:16

  8. 8

    そろそろ、バブル崩壊はじまるかな!

    澤上篤人

    02月26日 15:50

  9. 9

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  10. 10

    楽天トラベルを直撃…「GoToトラベル」再開決定前に“あとから割引き”を始めた理由は?

    SmartFLASH

    02月27日 13:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。