記事
  • WEDGE Infinity

WHOのコロナ起源調査を妨害する習近平 - 岡崎研究所

新型コロナウイルスの起源についてのWHOの調査団は、武漢で同ウイルスが特定されたときから1年以上たってようやく中国入国が認められたが、中国が十分な協力をしていないことは明らかである。

Denis_prof / iStock / Getty Images Plus

WHOの調査団の中国への入国には1年もかかった。その間、ウイルスの起源の手掛かりが見つかる可能性はかなり低くなった。新年早々に調査団に入国許可が与えられたが、中国は遅延策を弄し、中国寄りと非難されてきたテドロスWHO事務局長ですら失望を表明するに至った。国際チームが1月14日最終的に武漢に到着した時、中国はさらなる妨害をした。二人の科学者は新型コロナウイルスの抗体検査で陽性と判明し、シンガポールに留め置かれた。残りの13名は武漢で2週間の隔離を命じられた。しかし、調査団の15人すべては出発前の検査で陰性であった。

調査団は最終的に仕事を始めたが、順調に行ったわけではない。中国政府はWHOチームと「オープンで、透明性がある、責任ある姿勢で協力している」と主張しているが、実際はそうではない。中国は、ウイルスの起源は中国ではない、あるいは起源は一つではないことを繰り返し示唆し、注意を他に向けようとしている。中国の高官は、WHOはスペインなどにも行くべきと示唆した、と報じられている。

1月20日付けのニューヨーク・タイムズ社説‘The World Deserves Answers From China’は「パンデミックが拡大する中、習近平がいかなる情報も政府のタスク・フォースの決済をとること、許可なく情報を漏らした人は責任を問われることについて直接命令を出した。この結果、ほとんどのことが公になっておらず、WHOのチームはその調査に必要なデータや研究にアクセスできそうにない」、「武漢の海鮮市場は閉鎖され、消毒済みである。この市場からのサンプルや情報は中国の病気統制・防止センターに集められているが、そこの研究者は政府からの許可なく国際チームと話せない」と指摘する。

発生から今までにかかった時間を考えると、起源の問題は結局謎のままになるのではないかと思われる。中国は共産党の権威を大切にし、「党は間違わない」という建前を守ことに重点を置いている。また、中国起源であることが明らかになれば、損害補償の問題も出てくる。そういう状況を考えると、中国に情報を出させるのは相当難しい。それを実現させるような強い圧力をかけられるのか、疑問がある。

トランプがWHOから脱退手続きをとり、WHO内での米国の発言権を失うことになったが、その状況で対中圧力をかけることは出来なかった。バイデンは就任した日に米のWHO復帰を決めた。今後、米国を先頭に中国に情報提供圧力を強めて行くということであろう。

それでも成果が上がるとは言えないが、中国のやり方を批判して、中国を孤立させることは悪いことではない。中国はサラミ戦術で小さな譲歩をとって積み重ねて行くことを得意にしているが、この戦術を我々も取り入れていけば良いと思われる。

豪州はウイルス起源の独立調査を主張したがゆえに、中国により制裁を課され、苦労しているが、豪州の苦境の緩和を図ることも良識ある国の団結を図るという点で重要である。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    「過去最大の赤字よりマズい」電通が五輪中止より恐れている"最悪のシナリオ"

    PRESIDENT Online

    02月25日 19:10

  3. 3

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  4. 4

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  5. 5

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  6. 6

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

  7. 7

    「パラ選手を宣伝だけに使うな」―一年延期で契約終了―

    笹川陽平

    02月26日 08:21

  8. 8

    総務省の接待問題は森友・加計学園疑惑と同じ構図 首相の責任も重い

    畠山和也

    02月26日 09:10

  9. 9

    根絶された病気が再出現の恐れも コロナで加速する医療崩壊

    田中龍作

    02月26日 08:08

  10. 10

    「またも看板キャスターが降板」NHKは"忖度人事"をいつまで続けるのか

    PRESIDENT Online

    02月25日 22:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。