記事
  • ロイター

バイデン政権の対中戦略、貿易は決定要素にならず=USTR元高官


[3日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)のウェンディ・カトラー元次席代表代行は3日、貿易はバイデン米大統領の対中交渉戦略の一部を成すが、トランプ政権時代のように両国関係を決定づける要素にはならないとの見解を示した。

カトラー氏はロイター・グローバル・マーケッツ・フォーラムで「米中間には多くの問題について根本的な意見の相違があり、解消するのは難しいだろう」と語った。

現アジア・ソサエティー政策研究所幹部のカトラー氏は、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)や中国と欧州連合(EU)の包括的投資協定(CAI)の存在によって、バイデン政権にはアジア太平洋地域の貿易に関与するよう圧力がかかるだろうと予想。

その上で、中国が加入していない環太平洋経済連携協定(TPP、正式名称CPTPP)に米国が再び参加することが、同地域での関係構築に向けた唯一の方法というわけではないと語った。

CPTPPはオバマ元大統領のアジア回帰戦略の中心に据えられたが、トランプ前政権は2017年にTPPから離脱した。

カトラー氏は米国がCPTPPへの復帰を検討する場合、国内労働者の懸念に応じるなどの目的で修正を求めるのは確実だと指摘。

このため、CPTPPの代わりに、範囲や業種を絞った協定のほうが実現可能性が高いと語った。

また、RCEPを真剣に受け止める必要があると述べた。

「RCEPは広範な原産地規則を定めており、これが参加国間の貿易を円滑にし、ゆくゆくはサプライチェーンにも影響が及ぶ」とした。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅息子のルックス批判、クラブや薬物への偏見を許すな ビートたけしは発言を撤回せよ

    常見陽平

    02月28日 10:10

  2. 2

    首相ぶら下がり、評判悪いわけ

    安倍宏行

    02月28日 06:52

  3. 3

    酒と泪と男とワセジョ。山田真貴子内閣広報官の経歴から感じたこと【超雑談】

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月28日 09:37

  4. 4

    林修の冠番組が相次ぎテコ入れ 内容が大きく変わったのはなぜか?

    NEWSポストセブン

    02月28日 07:33

  5. 5

    コロナを克服した世界はいずれ教訓を忘れてしまうのか

    ヒロ

    02月28日 10:57

  6. 6

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  7. 7

    「日本人は貧乏になった」その残酷な事実に気付かない人が多すぎる

    PRESIDENT Online

    02月28日 12:05

  8. 8

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  9. 9

    下町の食料配布 缶詰2カンで「今晩の食事はこれだけ」

    田中龍作

    02月27日 21:33

  10. 10

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。