記事

自民党候補者よ 改憲、「国防軍」創設を大いに訴えよう!

 安倍自民党は、選挙公約では、憲法9条を「改正」して自衛隊を「国防軍」にするそうです。
自民党の「国防軍」って一体…、好戦内閣の誕生か?」

 しかし、2012年11月30日付北海道新聞によると、道内自民党候補者は、「国防軍」については、有権者に訴えない、だそうです。
 公約を訴えないんですか!?
 それでは、なんのための公約ですか
!?


 何でも、安倍晋三自民党総裁は、憲法「改正」については、まずは手続規定を「改正」せよと主張しています。
 本来、憲法というのは、ときの多数意見でころころ変わったりしないように、改正のための要件を加重しているのです。法律の上位規範ですから、当たり前のことではありますが、安倍氏がこの改正規定を「改正」したいのは、国民が拒否する憲法9条「改正」に道筋をつけたいからです。
 自民党がこのように考えているなら、自民党候補者は、大いに憲法を改憲し「国防軍」創設を有権者に訴えるべきだし、それを口にしないのは、口にしたら票が逃げるのは確実だとわかっているからです。

 憲法「改正」、そして「国防軍」など、有権者が受け入れようはずもないことは、自民党候補者自身が十分に認識しているということであれば、それを公約にしてしまうこと自体が異常だし、公約として載っけておきながら、一切、選挙選では口にしない、とは何とも下品なことです。

 それでいて、当選したら、「公約が認められた。」などと言い訳をする様が目に浮かびます。

 「国防軍」の後に待っているものは何か、いわずと知れた「徴兵制」です。
 安倍氏とか、石原氏(日本維新の会)のような人たちは、「教育再生」とか称して、若者の精神を鍛え直す! 軍隊に入れて教育し直せばいいだ! とかなんとか言って、徴兵制を合理化するのでしょうね。
「「俺は、君のためにこそ死ににいく」 戦争賛美でない!?」

 憲法9条「改正」の後にまっているものは、「徴兵制」です。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。