記事

自民党候補者よ 改憲、「国防軍」創設を大いに訴えよう!

 安倍自民党は、選挙公約では、憲法9条を「改正」して自衛隊を「国防軍」にするそうです。
自民党の「国防軍」って一体…、好戦内閣の誕生か?」

 しかし、2012年11月30日付北海道新聞によると、道内自民党候補者は、「国防軍」については、有権者に訴えない、だそうです。
 公約を訴えないんですか!?
 それでは、なんのための公約ですか
!?


 何でも、安倍晋三自民党総裁は、憲法「改正」については、まずは手続規定を「改正」せよと主張しています。
 本来、憲法というのは、ときの多数意見でころころ変わったりしないように、改正のための要件を加重しているのです。法律の上位規範ですから、当たり前のことではありますが、安倍氏がこの改正規定を「改正」したいのは、国民が拒否する憲法9条「改正」に道筋をつけたいからです。
 自民党がこのように考えているなら、自民党候補者は、大いに憲法を改憲し「国防軍」創設を有権者に訴えるべきだし、それを口にしないのは、口にしたら票が逃げるのは確実だとわかっているからです。

 憲法「改正」、そして「国防軍」など、有権者が受け入れようはずもないことは、自民党候補者自身が十分に認識しているということであれば、それを公約にしてしまうこと自体が異常だし、公約として載っけておきながら、一切、選挙選では口にしない、とは何とも下品なことです。

 それでいて、当選したら、「公約が認められた。」などと言い訳をする様が目に浮かびます。

 「国防軍」の後に待っているものは何か、いわずと知れた「徴兵制」です。
 安倍氏とか、石原氏(日本維新の会)のような人たちは、「教育再生」とか称して、若者の精神を鍛え直す! 軍隊に入れて教育し直せばいいだ! とかなんとか言って、徴兵制を合理化するのでしょうね。
「「俺は、君のためにこそ死ににいく」 戦争賛美でない!?」

 憲法9条「改正」の後にまっているものは、「徴兵制」です。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  3. 3

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    ソニー好決算 PS4や「鬼滅」も

    片山 修

  9. 9

    JTBがGoToトラベルの情報を独占

    文春オンライン

  10. 10

    若手を潰す偉い人のヤバい声掛け

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。