記事
  • ロイター

野村HDの10―12月、純利益が過去2番目の高水準 全部門で好調


[東京 3日 ロイター] - 野村ホールディングスが3日発表した2020年10―12月期の連結決算(米国会計基準)は、純利益が前年同期比72%増の984億円と、同四半期としては、06年3月期(1065億円)に次ぐ過去2番目の高水準を記録した。良好なマーケット環境に支えられ、営業・アセットマネジメント・ホールセールの全3部門が好調に推移した。コスト削減も寄与した。

主要3部門の税前利益は同82%増の1275億円と、リーマン危機前の07年4─6月期以来、13年半ぶりの高水準となった。営業部門の税前利益は61%増の283億円。セカンダリー株式売買や債券販売が増加した。アセットマネジメント部門は140%増の223億円。アメリカン・センチュリー・インベストメンツ関連損益の改善により、02年3月期以降で最高の水準を記録した。

ホールセール部門は78%増の769億円となった。新型コロナウイルス感染拡大が始まった当初と比べ、資金調達や国境をまたいだ企業の合併・買収(M&A)案件が増加し収益に貢献した。

インターネットで会見した北村巧財務統括責任者(CFO)は、足元のホールセール部門の状況について「第3・四半期のモメンタムを維持している」と述べ、「(来期も)事業環境は引き続き追い風」との認識を示した。

野村HDは19年、業務体制を見直すなどの大規模な構造改革に踏み切った。世界的な金利低下の局面をとらえた債券関連収益の増加などを背景に、19年4―6月期純利益は前年同期の約11倍に回復、その後も順調な業績を維持している。

北村CFOは、マーケット環境に左右される部分はあるものの、高いマーケットシェアやコスト削減の構造を維持できていることから、「以前に比べはるかにサステナブル(持続可能)になっている」と説明した。

*内容を追加しました。

(新田裕貴)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    【119カ月目の新地町はいま】災害ごみ仮置き場に響く「五輪どころじゃない!」の叫び 10年目の大地震で聖火リレーコースも損傷

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    02月24日 09:28

  2. 2

    東浩紀「“自由”の制限でウイルス消えず…長期的ヴィジョンなき罰則強化は現実逃避」

    文春オンライン

    02月24日 07:27

  3. 3

    ZEROは0でない それをwithと言うと思いますが 立憲民主党はやはりPCR利益誘導?

    中村ゆきつぐ

    02月24日 06:49

  4. 4

    私がwithコロナではやっぱり飲食業界が厳しいと思う理由

    宇佐美典也

    02月24日 12:00

  5. 5

    「GAFA課税」は国際的な議論へ 導入しない理由はないと言える背景

    山内康一

    02月24日 14:32

  6. 6

    ビートたけしが若者に「スマホを手放す勇気を持て」と語る理由

    NEWSポストセブン

    02月24日 17:00

  7. 7

    なぜ、57歳母と24歳の息子は死んだのか〜「八尾市母子餓死事件」の調査のため、八尾市に〜の巻 - 雨宮処凛

    マガジン9

    02月24日 15:13

  8. 8

    【読書感想】実録ブラック仕事体験記

    fujipon

    02月24日 10:35

  9. 9

    日本で唯一車で走れる砂浜が一部通行止めに 地元からは「地域の宝、早く復旧して」の声

    BLOGOS しらべる部

    02月24日 16:49

  10. 10

    企業不祥事の発生は「必然」だが発覚は「偶然」である-小林化工事案の考察

    山口利昭

    02月24日 06:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。