記事

これから投資を始める人が「後悔しない方法」

[画像をブログで見る]

■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

日本経済新聞の記事によれば、昨年の証券会社の預かり資産が急増しているそうです(図表も同紙から)。

その中でも、特にネット証券の伸び率が際立っています。もともとの残高が大手証券よりは小さいので、増加額自体はそれほど大きくありませんが、明らかに対面証券からネット証券へのシフトが本格化していることがわかります。

その傾向は、20代30代のような若年層で顕著です。

若いうちから証券投資を始める事は、とても良いことだと思います。ただし、先週の「ロビンフット騒動」のような投機的な動きで短期の利益を狙うアメリカの個人投資家のような方法は避けるべきでしょう。

私が考える投資で「後悔しない方法」は、次のようなプロセスで進めるものです。

まず、なぜ投資するのか。その最終的な目的を腹落ちさせることです。投資はそれ自体が目的ではなく、何かを実現・達成させるための手段に過ぎないからです。

自分が将来どうなりたいのか、あるいは何を実現したいのかという夢や目標を明確化し、それに必要な資産を形成していく。その中に証券投資を位置づけることが大切です。

次に大切なのは、とにかくまず少額で始めてみることです。

資産が増えるのには時間が必要です。勉強して充分な知識を身に着けてから始めようと思っているうちに、あっという間に時間が過ぎていきます。また実際にやってみないとわからないことが、たくさんあるのが投資です。

投資信託であれば、100円から投資を始めることができます。小額でも良いから、ネット証券に口座を開いてとにかく始めてみる。

「走りながら考える」を忘れてはいけません。

そして始めるだけではなく、続ける仕組みを構築することも考えましょう。

途中で挫折してしまう典型的なパターンは、マーケットが低迷しているときに、悲観してやめてしまうことです。そうならないためには、自動積立のような仕組みを作っておくことです。

また、仲間の存在も重要です。投資仲間がいれば、情報交換をすることもできますし精神的な安定を得られます。競争心が出てくれば、モチベーションアップにもつながります。

このようなプロセスで、金融資産への投資にある程度の経験を積んだら、お金を借りるレバレッジ投資や、税金のことも学んでいくのが良いでしょう。

日本人の間にもようやく投資や資産対する関心が高まってきたのは喜ばしいことです。この流れがさらに広がっていくように、資産デザイン研究所も情報発信を続けていきます。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2021年2月3日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「資産運用」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    オミクロン 高齢者に感染させないことさえできれば

    中村ゆきつぐ

    01月26日 09:23

  2. 2

    何故、立憲民主党より維新の支持率の方が高いのだろうか

    早川忠孝

    01月26日 09:15

  3. 3

    “周囲の乗客は見て見ぬふり”は許される?たばこ注意の高校生が暴行被害で論争勃発

    女性自身

    01月26日 18:36

  4. 4

    「正社員の特権がどんどん消えていく」扶養手当、住宅手当…諸手当が"全廃止"される日

    PRESIDENT Online

    01月26日 14:34

  5. 5

    日本電産のカリスマ経営者、事業継承に苦悩

    ヒロ

    01月26日 12:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。