記事

「創業者取締役」になる孫正義氏 ”生涯博打打ち”の人生を歩むのか

4月より代表権が外れ「創業者取締役」になるソフトバンクの孫正義氏(時事通信フォト)

 ソフトバンクが6年ぶりとなる社長交代を発表した。孫正義取締役会長は「創業者取締役」になる見込みだが、これまで同グループを牽引してきたカリスマ経営者は、今後どんな役割を担い、何を目指していくのか──。雑誌『経済界』編集局長の関慎夫氏がレポートする。

【写真】ソフトバンク次期社長の宮川潤一氏

 * * *
 ソフトバンクの社長交代が発表された。4月1日付で新社長に就任するのは副社長の宮川潤一氏。6年間にわたり社長を務めた宮内謙氏は会長となる。

 今、携帯電話業界は、菅義偉・首相が官房長官時代から強く主張してきた「スマホ料金引き下げ」によって混乱が起きている。

 ソフトバンクも、20ギガ2980円という格安プランを打ち出したが、これにより、来期の業績が悪化するのは間違いない。その危機を、創業間もない時期から孫正義氏とともに会社を支えてきた宮内氏ではなく、宮川氏の力で乗り切らなければならない。

 宮川氏は現在55歳。実家は臨済宗のお寺で、宮川氏も花園大学文学部仏教学科仏教学コースで学んだものの、僧侶ではなく経営者の道を歩み、1991年にももたろうインターネット社長に就任。その後、名古屋めたりっく通信、東京めたりっく通信社長を務めるが、同社がソフトバンクに買収されたことでソフトバンク入りし、最高技術責任者としてソフトバンクのエンジニアを束ねてきた。

 この経歴からもわかるように、宮川氏は通信技術のエキスパート。その宮川氏が社長になったということは、5Gやそれに続く6Gなど、技術革新の続く携帯事業をテクノロジーによって切り拓いていこうという意図が込められている。

代表権が外れるのは自然な流れ

 しかし、この社長人事以上に話題になったのが、創業者であり、現在会長を務める孫正義氏のポストだった。4月1日を期して孫氏のポストは、「創業者取締役」となる。聞きなれない肩書きだが、取締役ファウンダーと考えればわかりやすい。現在との最大の違いは、代表権がはずれることだ。つまりこれまでよりは一歩引いた立場で、会社経営を見守るということになる。

 これはある意味、自然な流れだろう。孫氏は現在、持ち株会社であるソフトバンクグループ(SBG)の会長兼社長の立場にある。そしてこのところ、SBGは投資会社としての性格を強めている。それに伴い、孫氏は実業家から投資家へと自らのポジションを変えてきた。事業会社であるソフトバンクの代表権を手放すのは、その流れの中にある。

 では孫氏はここから何を目指すのか。多くの人が指摘するのはウォーレン・バフェット氏との類似性だ。

 バフェット氏は世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、同社の会長兼CEOを務める。昨年には日本の五大商社の株式を、それぞれ5%ずつ取得したことで話題になった。バフェットが動けばそれにつられて株価が上下するほどの影響力を持っている。

 孫氏は10年ほど前から「群戦略」を唱えている。これは、将来性のあるIT企業に出資することで、ゆるやかな連合体を築こうというものだ。すさまじいスピードで技術革新が進むIT業界では、昨日の勝者が明日は敗者になるかもしれない。

 現に、1990年代に出資したアメリカのヤフーは、一時、孫氏にとって金の卵を産むニワトリになったが、その後グーグルとの検索競争に敗れ、ほぼ姿を消している。そこで孫氏は、数多くの会社に少数株主として参加すれば、時代の変化、社会の変化に対応できると考えた。

 実際、日本のソフトバンクなど一部を除くと、SBGが支配権を持つ企業は極めて少ない。アメリカの携帯電話市場を変えると意気込んで買収したスプリントもTモバイルと合併したことでSBGは第2位株主となった。

 また、5年前に3.3兆円で買収した半導体設計大手アーム社も、NVIDIAに売却することが決まっている。その一方でSBGはNVIDEAの株式の一部を受け取ることになる。

バフェット氏との“決定的な違い”

 このような、広く薄く投資する孫氏の姿はバフェット氏と重なる。しかし、孫氏とバフェット氏には決定的な違いがある。それは借金の多さだ。

 いまSBGの有利子負債は20兆円に迫る。そのため1年前のように投資戦略の失敗や株式の下落によって赤字を出すと、アリババなどの持ち株を売って資金手当てをしなければならない。

 一方、バークシャーは事実上の無借金経営のため、株式市場の下落は絶好の投資チャンスとなる。つまり孫氏がバフェット氏を目指すためには、借金返済に邁進しなければならない。

 孫氏は創業以来、常に借金とともに生きてきた。借金によって事業規模を拡大してきたのがSBGの歴史でもある。そんな孫氏だが、10年ほど前に借金完済を目指したことがある。

かつて借金完済を宣言したことも

 孫氏は19歳の時に「人生50年計画」を立てている。「20代で名乗りを上げ、30代で軍資金を貯め、40代でひと勝負し、50代で事業を完成させ、60代で事業を引き継ぐ」というものだ。

 50代までの孫氏は、この計画どおりに人生を進めてきた。48歳の時にボーダフォンを買収、携帯事業に進出したことが40代のひと勝負だった。その代償に、この時点で借金は2兆5000億円に膨れ上がった。

 そこで50代になった孫氏は借金完済を宣言した。「人生50年計画の50代で事業を完成させるとは、自分でつくった借金をすべて返すこと。そして60代でバトンタッチする」と大見えを切った。

 数年間は、順調に借金が減っていった。ところが2012年、孫氏は米スプリントを買収する。買収金額は1兆5000億円。これでまたも借金が増えた。さらにはアーム社の買収でさらに借金を重ねる。2兆円規模の借金完済を目指すどころか、いまやその10倍もの借金が積もり積もってしまったのである。

 これは孫氏の性分というしかない。いくら大人しくしていようと思っても、チャンスと見るやじっとしていることができない。それだからこそ孫氏は一代にしてSBGを世界的企業グループに育て上げることができたのだ。

 しかし、本気でバフェットのような投資家を目指すなら、この性格を捨てなくてはならない。孫氏にそれができるのか。あるいは生涯博打打ちとしての人生を歩むのか。

あわせて読みたい

「孫正義」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総務省違法接待は菅首相の報復人事と霞が関幹部私物化が発生源、現場の国家公務員はお茶菓子も食べない

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

  2. 2

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  3. 3

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  4. 4

    そろそろ、バブル崩壊はじまるかな!

    澤上篤人

    02月26日 15:50

  5. 5

    菅首相は山田広報官を更迭せよ ~強権と縁故主義の安倍-菅政治の終焉~

    鈴木しんじ

    02月26日 19:12

  6. 6

    “接待問題”めぐり東北新社の二宮社長が辞任 菅総理長男は懲戒処分

    ABEMA TIMES

    02月26日 18:52

  7. 7

    夫婦別姓に反対の丸川珠代大臣「自分は旧姓使用」に疑問の声

    女性自身

    02月26日 14:39

  8. 8

    養老孟司が語る「コロナの壁」とは? パンデミックで暴かれた“日本的空気”の問題点 - 伊藤 秀倫

    文春オンライン

    02月26日 19:50

  9. 9

    ほぼ全員がムダと思っている「朝礼」を、日本企業がやり続ける本当の理由

    PRESIDENT Online

    02月26日 13:35

  10. 10

    もう一度考えてみる オリンピックって何だろう?

    ヒロ

    02月26日 10:38

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。