記事

「医療崩壊」という現実

 2月2日、菅首相は緊急事態宣言を、栃木県を除く10都府県で3月7日まで延長することを決めた。感染者数は減少してきたが、病床使用率などが高止まりしているからである。

 つまり、緊急事態宣言を加除できないのは医療資源の逼迫が大きな原因である。つまり、事態を深刻にしているのは、医療崩壊と言われる現状なのである。

 感染再拡大に伴って、重症化する患者が増え、病床にゆとりがないため入院できずに自宅で療養をせざるをえない患者が増えている。東京都だけでも、自宅療養中に死亡する人も増えている。

 人口1000人当たりの病床数は、日本13.0、韓国12.4、ドイツ8.0、フランス5.9、イタリア3.1,アメリカ2.9、イギリス2.5と、先進国の中でも多く、しかも欧米に比べて感染者数の少ない日本で、なぜ医療崩壊が起こるのか。

 人口1000人当たりの医師数で見ても、日本2.5、ドイツ4.3、イタリア4.0、フランス3.4、イギリス3.0、アメリカ2.6、韓国2.4と、欧米に比べてさほど遜色はない。

 問題は、医療資源の偏在であり、コロナ危機に対応できるような適切な配置ができていないことである。そこで、コロナ感染症治療に当たる医療スタッフも病床も不足することになる。

 東京について言えば、大学病院や専門病院は多いが、数日間の入院が必要な胃腸炎、ぜんそく発作などの患者を受け入れる中小病院が少ない。前者では病床は過剰で、後者は不足している。

 東京の病院の89.1%は民間病院であり、病床数の77.8%が民間である。つまり、民間病院にもコロナ治療に参加してもらわないと、病床不足が生じるのは当たり前である。

 政府は、一病床あたり450万円を加算して、コロナ重症者用病床に1950万円、一般病床に900万円を補助するが、期待するほど病床は増えない。もし、ある病院でコロナの集団感染が起これば、病院閉鎖などで赤字になってしまうし、風評被害で将来的にも患者が減りかねないのである。

 さらに、医療機関のどうしの連携も上手く行っていない。コロナ重症者が危機を脱したときに転院できる病院、また中・軽症者を受け入れる病院がもっと増えれば、今のような医療崩壊を心配する必要はなくなる。行政と各地域の医師会との協力が不可欠となる。

 これらは、昨年春の最初の緊急事態宣言が終わった後に、すぐに実行しておくべきだったのである。

 感染症法や特措法の改正も同じで、今頃になって付け焼き刃的に対応し、様々な問題を噴出させている。政府も国会ももっとしっかりしてほしいものである。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  2. 2

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  3. 3

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  4. 4

    下町の食料配布 缶詰2カンで「今晩の食事はこれだけ」

    田中龍作

    02月27日 21:33

  5. 5

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  6. 6

    各国が頓挫するなか日本の教育支援が起こした南東欧の国・ボスニアでの「革命的変化」

    BLOGOS編集部

    02月27日 07:05

  7. 7

    新築マンション広告に肝心の「現地案内図」や「価格」が載っていないのはなぜか

    NEWSポストセブン

    02月27日 08:56

  8. 8

    楽天トラベルを直撃…「GoToトラベル」再開決定前に“あとから割引き”を始めた理由は?

    SmartFLASH

    02月27日 13:39

  9. 9

    『青天を衝け』草なぎ剛&木村佳乃の共演にテレビ界が驚く理由

    NEWSポストセブン

    02月27日 17:45

  10. 10

    「現場の国家公務員はお茶菓子も食べない」国家公務員の士気を下げる接待騒動

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。