記事

老後の準備をはじめることは金融機関と付き合うこと - 北村 智紀

年金が危ないと言われるこのご時世、老後の準備をしなければいけないと思いつつ、実際には準備をはじめられない人も多いだろう。老後の準備は、将来が不確実な中で長期投資を行うことであり、はじめようとしても分からないことも多いことが理由の一つかもしれない。

「リスク」、「ベンチマーク」、「複利の効果」、「資産配分」などという言葉をご存知だろうか。これは長期投資に必要な重要な概念だが、正確に意味がわかる人は、残念ながら少ないようだ。筆者らの研究によれば、例えば、リスクやベンチマークという言葉の意味を正確に理解できた人の割合は約2割程度であり、半数以上の人が「わかからない」と回答した。さらに、これらの言葉の意味がわからない人は、いざ老後の準備をはじめようとしても、金融商品の特徴が記されている重要な説明書などを見ることなく、投資を決める傾向があるようだ(詳しくは基礎研レポート「『リスク』や『ベンチマーク』がわからない投資家はディスロージャー資料を見ない~投資知識と投資行動の関連性分析~」を参照。 http://www.nli-research.co.jp/report/nlri_report/2012/report121130.pdf よりダウンロード可能)。

もちろん、これらの説明書に書かれている言葉は難しいものが多く、わからないのだから見たくもないのも当然だ。しかし、その結果、自分に相応しくない金融商品を選んでしまうことや、何より老後の準備をはじめることを先延ばしすることになるのは、よっぽど望ましくない。

銀行、証券会社、生命保険会社などの金融機関では、どのように老後に備えればよいかについて必要な情報を提供している。老後までに幾ら貯める必要があるのか、どのように貯めれば良いのか、あなたに相応しい貯め方はどのようなものか、などについて教えてくれるはずだ。以前と比較して金融機関のこのようなサービスは、量・質ともに格段に改善している。その気になれば、大学の1講座に相当する内容を勉強することもできる。そこまでは必要ないとしても、自分一人よりは心強いはずだ。利用しない手はない。

もちろん、金融機関はあなたに商品を買ってもらいたいために、このようなサービスを提供しているわけだが、もし、金融機関が提示する商品が自分に合わないと思ったら、きっぱりと「それは自分には向いていない」とでも言おう。何も遠慮することはない。あなたが関心を持つ商品を提示できなかった金融機関の方が悪いのだから。このように言ったら、いろいろ対応してくれた金融機関の人に悪いなどと考えてはいけない。あなたに相応しい金融商品を選ぶことが重要であって、それ以外の要因で投資を判断すると、相応しくない商品を選ぶ可能性があることを示す研究成果が数多くある。

何せ長期の重要な決断をするのだから、できればいろいろな人に会ってみよう。そのうち、なんとなくあなたと気が合う金融機関が見つかるかもしれない。

あわせて読みたい

「金融」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  2. 2

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  3. 3

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  4. 4

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

  5. 5

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  6. 6

    コロナ対策で目立つ責任回避「国全体が緩んでいるようで不安」

    深谷隆司

    05月08日 17:31

  7. 7

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  8. 8

    「ダブルスタンダードになる」国民投票法改正案可決で立民が見せた“国対政治”に苦言

    BLOGOS しらべる部

    05月08日 08:03

  9. 9

    配当金なしは悪?「成長」で株が買われない日本企業の無責任

    川北英隆

    05月08日 09:53

  10. 10

    撤退する飲食店、益々予約が取れなくなる飲食店

    内藤忍

    05月08日 11:38

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。