記事
  • ロイター

NY市場サマリー(1日)米国株はIT主導で反発、ドル6週ぶり高値

[1日 ロイター] -

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場で、ドルは6週間ぶりの高値を付けた。経済成長や新型コロナウイルスワクチン普及で米国に分があるとの見方から、ユーロやスイスフラン、円が下落した。

ドル指数は0.37%高の90.955。

円は対ドルで105円に接近し、昨年11月中旬以来となる円安水準。

ユーロは0.57%安の1.2069ドル。スイスフランは0.66%安の0.8967フランで、2カ月ぶり安値となった。

ドイツ連邦統計庁が1日発表した2020年12月の小売売上高指数は前月比9.6%低下と、予想を大きく上回る落ち込みとなった。コロナ禍を受けたロックダウン(都市封鎖)強化が響いた。ユーロはこれを受けて下落した。

<債券> 米金融・債券市場では、追加新型コロナウイルス対策の規模縮小を求める一部共和党議員とバイデン大統領との協議が予定される中、国債利回りが低下した。

1兆9000億ドルの追加コロナ対策案について、バイデン大統領はこの日の夕方、規模を6180億ドルに縮小するよう提案している10人の穏健派の共和党議員と協議する。

ブリン・マウアー・トラストの債券部門責任者、ジェームズ・バーンズ氏は「大規模な景気刺激策に対する期待が後退し、国債発行に対する観測も限定されつつある」と述べた。

終盤の取引で10年債利回りは2.2ベーシスポイント(bp)低下の1.0723%。2年債利回りは0.1113%。一時は0.107%と、昨年5月に付けた過去最低水準(0.105%)に迫った。

この日発表の米経済指標では、米供給管理協会(ISM)の1月の製造業景気指数が58.7と、前月の60.5からやや低下。ただ、原材料やその他の材料の価格を示す指数は10年弱ぶりの高水準となり、今年物価上昇圧力が増すとの見方が裏付けられた。

<株式> 米国株式市場は、前週の大幅安から反発して取引を終えた。IT(情報技術)株が上げを主導したほか、個人投資家の熱狂的な買いが銀にシフトし、鉱業株も上昇した。追加経済対策を巡る協議の行方にも注目が集まっている。

銀相場が一時、2013年以降初めて1オンス=30ドルを超える中、銀の代表的な上場投資信託(ETF)「iシェアーズ・シルバー・トラスト」が大幅高となった。先週に一部株式の急騰をもたらした個人投資家の買いが、この日は銀に集中した。

プルデンシャル・フィナンシャルのチーフ市場ストラテジスト、クインシー・クロスビー氏は、このところの熱狂的な取引は方向転換したかもしれないが、終わってはいない可能性が高いと指摘。「市場の強力な動きになっているのは事実で、容易に消えるものではない」と語った。

S&P総合500種の業種別では情報技術が上げを主導。マイクロソフトやアップルが買われた。

バイデン米大統領は1日、1兆9000億ドルの経済対策の大幅縮小を提案した共和党の穏健派上院議員10人と協議を行う。民主党は共和党の支持がなくても法案の可決を目指す用意もしている。

<金先物> ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、続伸した。

テクニカル要因や持ち高調整目的の買いが中心となった。ただ、外国為替市場では対ユーロでドル高が進行。ドル建てで取引される金塊などの商品の割高感につながり、金の売 り圧力となった。

一方、銀相場は、交流サイト(SNS)「レディット」での書き込みを受けて個人投資家の買いが殺到し、約8年ぶりの高値を付けた。

<米原油先物> ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、在庫減少観測や米北東部の大雪に伴う燃料需要の増加予想などを背景に3営業日ぶりに反発した。

米エネルギー情報局(EIA)が先週公表した週報では、1月22日までの1週間の原油受け渡し拠点オクラホマ州クッシングの在庫が前週比230万バレル減少。英エネルギー調査会社ウッド・マッケンジーがリポートで、次週も同幅の在庫取り崩しを予想したと伝わり、買い材料視された。

米北東部は週末から大雪に見舞われ、ニューヨーク、ニュージャージー州などが非常事態を宣言。ニューヨーク市は1日、不急不要の移動を規制した。寒波で暖房需要の増加が見込まれていることも相場の支援材料となった。

ドル/円 NY終値 104.91/104.94

始値 104.87

高値 105.03

安値 104.84

ユーロ/ドル NY終値 1.2059/1.2061

始値 1.2080

高値 1.2099

安値 1.2054

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 94*25.50 1.8531%

前営業日終値 94*22.00 1.8580%

10年債(指標銘柄) 17時05分 98*03.50 1.0791%

前営業日終値 97*31.00 1.0940%

5年債(指標銘柄) 17時05分 99*24.25 0.4241%

前営業日終値 99*21.00 0.4450%

2年債(指標銘柄) 16時54分 100*00.88 0.1113%

前営業日終値 100*00.50 0.1170%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 30211.91 +229.29 +0.76

前営業日終値 29982.62

ナスダック総合 13403.39 +332.70 +2.55

前営業日終値 13070.70

S&P総合500種 3773.86 +59.62 +1.61

前営業日終値 3714.24

COMEX金 4月限 1863.9 +13.6

前営業日終値 1850.3

COMEX銀 3月限 2941.8 +250.4

前営業日終値 2691.4

北海ブレント 4月限 56.35 +1.31

前営業日終値 55.04

米WTI先物 3月限 53.55 +1.35

前営業日終値 52.20

CRB商品指数 177.2309 +3.0288

前営業日終値 174.2021

(※関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「俺はそういう人間だ」オンライン生活についていけないミドル男性は罪なのか

    土屋礼央

    04月19日 09:24

  2. 2

    早稲田政経の入試で数学必須が話題に… “数学不要論”に天才数学者の答えは

    ABEMA TIMES

    04月19日 17:41

  3. 3

    日米共同声明に「台湾」が明記。日本は安全保障・環境問題で「メインプレイヤー」になる時だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月19日 08:14

  4. 4

    あの騒動から7年…佐村河内守氏、YouTubeで新曲公開「大変ありがたい」

    マイナビニュース

    04月19日 12:39

  5. 5

    ワクチンに関する政府の発信の不安定さ

    大串博志

    04月19日 08:29

  6. 6

    「仲介手数料ゼロ」に気をつけて!賃貸契約で損しないための交渉術

    中川寛子

    04月19日 09:08

  7. 7

    ワクチン接種は景気を大きく左右する 接種が遅れる日本は消費回復も鈍いだろう

    野田佳彦

    04月19日 16:19

  8. 8

    外出自粛の要請に従わない世の中 同調圧力で機能してきた日本のコロナ対策は限界

    緒方 林太郎

    04月19日 11:32

  9. 9

    【読書感想】まちづくり幻想 地域再生はなぜこれほど失敗するのか

    fujipon

    04月19日 15:05

  10. 10

    まん延防止で休業している飲食店経営者は、今どこで何をしているのか?

    内藤忍

    04月19日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。