記事

コロナ対策の補正予算 経産省が脱炭素研究・開発基金に2兆円

不要不急の補正予算ではないのか?

 国会ではコロナ対策を謳った19.2兆円の第3次補正予算が与党の賛成多数で成立したが、菅義偉・首相は、野党からどんなに追及されても、1兆円あまりのGo To予算を引っ込めようとしなかった。自らを首相にしてくれた二階俊博・自民党幹事長(全国旅行業協会会長)の大事な利権だからである。

 莫大なコロナ対策予算が、利権化している現実がある。各省が3月まで(年度内)に必要な「コロナ対策」として計上した補正予算の中身を見てみると、疑問を抱かざるを得ないものも多い。たとえば環境省が、「コロナ対策」として計上した補正予算の中身を見てみよう。

●住宅の断熱リフォーム・ZEH化支援 45億円
●国立・国定公園・温泉地でのワーケーション推進 30億円
●脱炭素社会構築のための資源循環高度化設備導入促進 76億円

 本予算で削られた不要不急の事業を、「コロナ禍の新たな日常において」などの枕詞をつけて復活させただけではないのか。同省の言い分を聞こう。

 断熱リフォーム支援については、「コロナ禍でのテレワークなどで在宅時間が増え、自宅での消費エネルギーが増えている。断熱リフォームをして省エネ性能を高めていただくという主旨」(地球環境局地球温暖化対策課脱炭素ライフスタイル推進室)とのこと。「風が吹けば桶屋が儲かる」という諺を思い出さずにはいられない。

 ワーケーション推進は、「収束後に滞在型のワーケーションなどで誘客できるようにする企画や準備に対して、支援を行ないたい」(自然環境局国立公園課)のだという。

 本予算の場合は、省ごとに別々の分科会でも審議されるから、無駄な事業が見つかりやすい。補正予算はそうしたチェックが甘くなる。元経産官僚の古賀茂明氏はこう憤る。

「もともと補正予算は、議論を呼ぶような予算をねじ込む場所として使われてきた。補正で“実績”を作って、翌年さらに積み増すのが霞が関官僚の典型的な手口。今回はコロナ対策の名目で額が大きいので何でも入れてしまえと、いつも以上の悪乗りが横行している」

 菅首相が「脱炭素」を掲げたのをいいことに経済産業省は、カーボンニュートラル実現に向けた研究・開発を支援する基金創設に2兆円の予算を積んだ。古賀氏が続ける。

「この2兆円はすぐにそのまま使うのではなく、基金に積んで長期に運用しながら取り崩していくもの。補正予算で計上する緊急性など全くありません。本予算で審議の対象となることを避けたい意図が透けて見えます」

※週刊ポスト2021年2月12日号

あわせて読みたい

「経済産業省」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池百合子知事の耐え難い不誠実さ。公言した目標と「謝罪の言葉」はどこへ行ったのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月06日 11:29

  2. 2

    東大36位が表す最先進国からの転落

    幻冬舎plus

    03月07日 11:24

  3. 3

    明日緊急本会議開催!全国知事会欠席、宣言下千代田区長選応援…小池都政を質します!

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    03月07日 13:23

  4. 4

    基準を動かした緊急事態宣言延長 批判にさらされて当然

    柴山昌彦

    03月07日 12:00

  5. 5

    「無料です」夜のお弁当屋さん 1日1食で命をつなぐ人々

    田中龍作

    03月07日 17:46

  6. 6

    サブスク音楽配信は便利で手放せないけれど

    上伊由毘男

    03月07日 07:49

  7. 7

    みずほ銀行のATMがまたトラブル 1週間のうちに利用客に影響を与える障害が3回

    ABEMA TIMES

    03月07日 21:20

  8. 8

    結婚相手に年収700万円を希望する年収300万円の女性「細かい節約をしなくても持続できる生活がしたい」

    キャリコネニュース

    03月07日 13:07

  9. 9

    在宅生活で健康体を保つ上で重要な三つのこと

    ktdisk

    03月07日 22:13

  10. 10

    森氏の“女性蔑視”発言、山田広報官の辞任、“多様性”へと向かう社会の黒い渦

    幻冬舎plus

    03月07日 07:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。