記事

任天堂「スイッチ」は”巣ごもり特需”後も独り勝ちできるのか

国内で1888万台売れた任天堂「スイッチ」と人気ソフト「あつまれ どうぶつの森」(時事通信フォト)

 新型コロナの長引く巣ごもり需要も相まって人気の家庭用ゲーム機。特に『あつまれ どうぶつの森(あつ森)』や『桃太郎電鉄』などのバカ売れソフトを抱える任天堂の「Nintendo Switch(以下スイッチ)」は“独り勝ち”の状態だ。いったい、この勢いはいつまで続くのか──。エース経済研究所シニアアナリストの安田秀樹氏がレポートする。

【写真】発売以来、品薄続くソニー「PS5」

 * * *

「ニンテンドー スイッチ」の販売が絶好調である。ゲーム雑誌『ファミ通』の調べによると、昨年の年末年始商戦期(ソニーの新型プレイステーション「PS5」が発売された2020年11月第2週~2021年1月第1週)の実売台数は、172万台と前年の同時期を9%上回った。

 スイッチは、発売された2017年の翌年からメディアなどで早くもピークアウトが叫ばれてきたが、2019年年末の販売が世界的に好調だったこともあり、2020年こそピークアウトするとの見方も、まったくの杞憂に終わった。

 4年目としては異例の品薄が2020年2月から10月頃まで続き、多くのメディアでは、「新型コロナで巣ごもり消費が高まったことで、スイッチ、PS4が人気化した」としていた。

プレステ凋落で際立つスイッチの存在感

 特にスイッチの国内における存在感は圧倒的である。毎週ファミ通が発表している販売ランキングでも上位のほとんどがスイッチのゲームタイトルで、任天堂は事実上プレイステーションを駆逐した状態になっている。残念なことだが、以前に筆者も指摘した「国内におけるプレステブランドの凋落」は周知のものになってしまった。

 スイッチの累計販売(着荷)台数は国内ですでに1888万台となっており、世界販売(同)台数の約4分の1弱も占めている。GDP比で考えても高いシェアと言え、日本市場は大きな市場である。

 最終的なスイッチの販売台数は2500万台以上になると予測しているが、この大きな市場をほぼ独占しつつある。20年前のPS2の頃は、ゲーム機といえばプレイステーションであったことを考えると、隔世の感がある。

「あつ森」だけがヒットの要因ではない

 筆者が所属するエース経済研究所としては、「WiiU」でとてつもない大敗北を喫した任天堂がここまでの大ヒットゲーム機スイッチを生み出せた要因は、以下の3つほどあると考えている。

(1)非常に優れたプレイスタイルの創出

(2)ゲーム機として馴染むデザイン

(3)適切な新モデルの追加

 特に(1)の要素が大きく、いつでもどこでも誰とでも遊べるスタイルを確立した。一般的には「あつ森」がスイッチの販売を牽引したと認識されているが、あつ森の登場以前、新モデルのスイッチライトが発売された時点で販売が大きく伸びていたことを考えると、それだけがヒットの要因ではないことは明白である。

 また、新型コロナで多くの人がステイホームになったため、自宅のリビングなどでは家族と一緒に大画面で遊べ、自室でも単体で遊べるスイッチは、新しい生活スタイルとの相性が抜群だったと言える。

 昨年、緊急事態宣言が一旦解除され、比較的外出がしやすくなった夏から秋にかけてもスイッチの勢いは全く衰えなかった。以上のことからも、あつ森やコロナ禍の影響というよりは、新しい生活スタイルにスイッチが非常にマッチしていると考えるのが自然である。

今後の販売推移は「新モデル」次第か

 今後、新型コロナの影響がどう推移するかを予測することは筆者には困難であるが、変異種などが出ていることを考えると、2020年以前の生活に戻るにはかなりの時間が必要になると思う。そうなるとこの三密を避ける生活スタイルはスイッチのライフサイクル終盤まで続く可能性も十分にありそうだ。

 一般的には、2021年もスイッチはピークアウトが懸念されるだろうが、これまでゲーム機にまったく興味がなかった層にアプローチが続くのであれば、大きく販売が落ち込む可能性は小さいように思う。

 また、任天堂は2020年2月の経営方針説明会で、「2020年にはスイッチの新型は出さない」と明言したが、逆に言えば2021年以降は新モデルが出てくる可能性もあるということだ。

 過去のゲーム機を見ても、マイナーチェンジを実施しなかったWiiの販売が急激に衰えたのに対して、「DS」「3DS」「PS2」とマイナーチェンジを繰り返したゲーム機は、ライフサイクルが長くなる傾向が出ている。こういったことも考えると、スイッチの販売は、新モデル次第で長期間にわたって高原(横ばい)状態が続けられる可能性もありそうだ。

スマホゲームの脅威はコロナで一変

 では、スイッチに死角はないのだろうか? ここ10年ほど家庭用ゲーム専用機は消滅するというメディアの報道を受け続けていた。それはスマホゲームの普及が進んだことが背景にあったからだ。

 最初は携帯電話のブラウザゲーム、次いでスマートフォンのネイティブアプリであった。この2つの特徴は、常時接続でガチャがビジネスモデルの根幹をなしている点である。携帯電話系のゲームの優れている点は、通勤時間など隙間時間にガチャを引くことで楽しく遊べる。

 現代人はどんどん忙しくなっているので、わずかな時間で楽しめる携帯電話やスマホのゲームは2010年代の生活スタイルと大変相性が良かったのである。

 だが、2017年のスイッチのヒット、2020年の新型コロナで状況は一変したと言っていいだろう。スマホゲーム専業メーカーの業績は巣ごもりの恩恵が少ない一方、ゲーム専用機は先ほども述べたように絶好調である。

グーグルやアマゾンが展開「クラウドゲーム」の盲点

 ところが、ゲーム専用機はこのような状況下でも、なくなると依然として言われているのである。それはグーグルやアマゾン、マイクロソフトなどの巨大IT企業が展開しているクラウドゲームの脅威も理由に挙げられている。

 クラウドゲームは簡単に説明するとサーバー側にゲームを格納し、ユーザーはハードウェアの投資なしでゲームを楽しめるというものである。グーグルが始めるクラウドゲームのステイディアは、PSやスイッチが陳腐化する懸念材料として、株式市場でも大きな話題になった。

 そして、クラウドゲームは2019年秋にサービスが始まったのだが、好調に推移しているといった発表はさっぱりない。

 技術的な話になるので詳細は省略するが、現行のクラウドゲームは、ラグ(遅延)があり現実的に遊べないが、低遅延の5Gが普及すればすべて解決すると言われている。メディアが依然としてクラウドゲームのブームを予測しているのは、そうした見立てもあってのことだろう。

任天堂の強さは失敗要因も自覚していること

 任天堂の故・山内溥社長はかつて「ゲーム機はソフトのために嫌々買われている」と発言して物議を醸したが、今はむしろライフサイクルに合わせて買われているように見える。そういうことを考えると、決して高品質な回線が安定的に得られず、通信コストも安いとは言い難い現況では、クラウドゲームが一般的になることもなさそうである。

 もしスイッチの販売が急激に落ち込むような事態があるとすれば、このような外部要因よりも任天堂自身のミスによるものだろう。だが、任天堂はこれまでも大ヒットと大失敗を重ねてきており、最近はその理由を自覚するようになってきていることを考えると、今後大きく落ち込むことはなさそうである。

 むしろ個人的には、ソニーが「据え置きゲーム機ビジネスで失敗したことがない」と思っているように見えることのほうが問題だと考えている。

 おそらくPS5も現時点では米国市場を重視して日本市場は後回しでよいと考えており、低迷している現状に疑問もないのだろうが、世界レベルで失敗した場合の影響は大きいものとなるだろう。

あわせて読みたい

「任天堂」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  2. 2

    絶望的な格差社会を漂流する高齢者たち アメリカが「車上生活」なら日本は「万引き」という悲劇

    木村正人

    03月05日 08:33

  3. 3

    中国が台湾産パイナップルを輸入禁止に 自民・城内氏「買って台湾を応援しましょう」

    城内実

    03月04日 16:49

  4. 4

    企業も社会も、相手に変化を求めるときはまず相手の想像力を引き出す - 「賢人論。」133回(中編)前刀禎明氏

    みんなの介護

    03月04日 20:18

  5. 5

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

  6. 6

    人類は風邪を根絶し得たことはない「ゼロコロナ」を目指す立憲民主党はムチャクチャ

    ABEMA TIMES

    03月05日 14:50

  7. 7

    平均賃金は韓国以下…「貧しい国」になった日本が生き残るための“新常識” 2021年の論点100 - 加谷 珪一

    文春オンライン

    03月04日 10:23

  8. 8

    小室圭さんの釈明会見はあるのか 問題は「眞子さまが出席なさるか」

    NEWSポストセブン

    03月05日 09:11

  9. 9

    落合陽一氏「たとえ感染が収束してもコロナ前に戻す必要はない」

    NEWSポストセブン

    03月04日 14:19

  10. 10

    ジェネリック医薬品大手で不適切製造か 安全より利益追求する企業に呆れ

    中村ゆきつぐ

    03月04日 09:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。