記事

TBSテレビ宣伝部のツイートに学ぶ、企業ソーシャルメディアコミュニケーション術

こんにちは、アクトゼロの黒沼です。

金曜日のソーシャルメディアインサイトをお送りします。 今日は、企業ソーシャルメディア担当者にとって悩みのタネの一つである、「ソーシャルメディア内でのアカウントとユーザーの関係性」についてお送りします。
「企業公式アカウントだからといって、堅苦しいニュースリリースのような言葉遣いでは、ユーザーに受け入れられない」ということは皆さんご存知のことかと思います。だからといって、ただくだけた喋り方であればいいのかというと、どうやらそういうわけでも無さそうです。

リンク先を見る

今日はそのあたりのさじ加減が絶妙な、TBSテレビ宣伝部によるツイッターアカウント「@tbs_pr」についてお送りします。

今週一つのツイートが大きな話題になりました

年末の視聴率争いに掛ける思いが伝わってくるようですが、普段の番組紹介ツイートとは異なるテンションで「心の声」としてツイートされたこのツイートが、12,000を超えるリツートを招きました。結果として、TBSテレビ宣伝部をフォローしている多くのユーザーからのリプライを集める事に成功し、フォロワー以外の多くのユーザーの目にも触れることとなったのです。

ちなみにTBSテレビ宣伝部の普段のツイートはこんなかんじです。

丁寧ではありますが、少し固めの公式発表感のあるツイートです。

なぜ、例のツイートは愛されたのか

ここからが本題ですが、心の声ツイートが愛されたのは、「本音と建前」がうまく演出できたからだと僕は考えています。

普通は誰もが、仕事や社会的役割など「求められる役割としての自分」を演じているのではないでしょうか?その反面、もっと自由奔放な「本当の自分」も存在しているということも僕達は知っているはずです。それが人間=人間くさい存在感なのです。

ほんとうに言いたいことは「とにかく他局じゃなくてTBSみてよ」でありながら、TBS宣伝部の役割としては「TBSにはこんなに面白い番組がありますよ」と各番組情報を伝える機能としての振る舞いに終始しがちな状況で、ポロっと出たのが例のツイートなのです。この瞬間フォロワーは、ツイートをしている本人の「本音(まさに心の声)」を垣間見た気分になり、大きな話題と共感を生んだのです。

最後に、その後のユーザーの反応の一部を取り上げます。

おまけ他の企業アカウントからも追従されています

このへんの身の軽さも見習いたいところですね。

あわせて読みたい

「ソーシャルメディア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  2. 2

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  3. 3

    マリエさんの枕営業告発が一瞬で話題から消えた2つの理由

    PRESIDENT Online

    05月18日 16:25

  4. 4

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  5. 5

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  6. 6

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  7. 7

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  8. 8

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  9. 9

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  10. 10

    「週6で働いて手取り15万円」「23時まで残業して月16万円」 低すぎる手取りに疲弊する人々

    キャリコネニュース

    05月18日 16:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。