記事

情熱大陸・石橋貴明編に学ぶ。戦力外でもYoutubeで復活できる時代、好きこそ最強の武器

これは素晴らしい生き方・働き方!
テレビ番組「情熱大陸」でとんねるずの石橋貴明さんを取り上げていたが、今の時代の生き方・働き方のヒントになる話が凝縮していた。

とんねるずといえば、テレビ全盛時代に大活躍したタレント。
しかし近年は人気は衰え、ついに冠番組も2018年に終了した。

テレビから戦力外通告されたようなものと話す石橋さん。
しばらくは喪失感があったという。

一般人から見れば、もう長年大活躍したんだし、引退したっていいわけだし、働かなくたってお金に困ることはないのではないか。

でもそうじゃないんだきっと。
お金とか知名度とかそんなんじゃなく、ただただ好きなバラエティをやり続けたい。
でもその場を失ってしまった喪失感。

でも今はテレビで戦力外になってもYoutubeがある。
まさかのYouTube挑戦だ。

あれだけテレビで大活躍したとんねるず石橋さんが戦力外通告の後、2020年からYouTubeをはじめた。
正直「どうなんだろう?あまりうけないのでは」とも思った。

しかしそんなことはなかった。
瞬く間にチャンネル登録者数は100万人を突破し評判になった。

かつての知名度だけでここまで成功するのは無理だ。
YouTube時代がおもしろかったから評価され、数字に現れたのだ。
実際に街では若い人にもYouTube見てますと声をかけられるという。
とんねるず全盛時代を知らない世代にもだ。

印象的なのは、ただ好きだからやってるってこと。
言い訳していてもはじまらない。
好きなのか、好きじゃないのか。
やるか、やらないのか。

自分はとにかくバラエティが好き。
バラエティをやり続けたい。
テレビがダメなら自分でその場を作ればいい。
そうしてYouTubeをはじめた。

初心に帰るではないけれど、YouTubeはテレビに出始めた頃のように、ただ純粋に自分がおもしろいことをやっているにすぎないという。
でもそれがよかったのだ。
テレビに出れば純粋におもしろいことだけで済まされない問題も出てくるだろうが、YouTubeなら自分の好きなようにできる。

この情熱大陸、めちゃよいです。
戦力外通知でも復活できる今の社会の素晴らしさ。
ただ純粋に自分が好きなことをやり続けることの強さ。
そして今はYouTubeという素晴らしいツールがあること。

2/7の22:59まで公式サイトでみれますのでぜひみてみてください。
https://www.mbs.jp/jounetsu/

それにしてもYouTubeはレッドオーシャンどころか、これからますます伸びる場だとあらためて確信した。

*YouTubeでもこの記事内容の話しています。

あわせて読みたい

「石橋貴明」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    【寿司】、パンデミックでもシーフードがバカ売れ!マヨ入りシースーは盤石な米国民食?

    後藤文俊

    03月02日 08:38

  2. 2

    一都三県から緊急事態延長要請、東京都の「重症病床使用率」修正問題が未解決のままで良いのか?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月03日 09:35

  3. 3

    10年周期のみずほ銀行システム障害-運用面の問題はどこにあるのか?

    山口利昭

    03月02日 08:53

  4. 4

    政策に反対する官僚の更迭は当然=菅首相

    ロイター

    03月03日 12:35

  5. 5

    「尖閣の主権は日本」直後に訂正、米報道官の発言、計算づくか

    WEDGE Infinity

    03月03日 12:50

  6. 6

    マクドナルド“過去最高売上”の理由は「ドライブスルー」と「あの人との訣別」

    文春オンライン

    03月03日 10:53

  7. 7

    「菅と二階の怒りを買った2人が飛ばされた」……NHK有馬キャスター、武田アナ降板の衝撃 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月01日 22:28

  8. 8

    山田広報官を辞任に追い込んだ日本の悪い癖

    ヒロ

    03月02日 10:38

  9. 9

    「令和のゼロ戦」の開発で、防衛省が絶対に譲らなかったひとつの条件

    PRESIDENT Online

    03月03日 11:02

  10. 10

    過剰に豪華なオフィスを構えている企業は「危険」

    内藤忍

    03月02日 11:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。