記事

沖縄問題から逃げる今度の総選挙はごまかしである

 考えても見るがいい。今度の総選挙につながった原因は出来たばかりの鳩山・小沢民主党政権がカネと普天間で崩壊したからだ。

 その後の菅・野田民主党政権が国民の期待を裏切り国民の支持を失ったからだ。

 だから普天間問題に象徴される沖縄問題は間違いなく今度の総選挙の一大争点の一つにならなくてはいけない。

 ところがそれがすっぽり抜け落ちている。

 しかしそれでは済まなくなる。

 きょう11月30日の毎日新聞が次のように報じていた。

 すなわち在日米軍のアンジェレラ司令官は29日記者会見し、オスプレイの本格運用開始時期は12月上旬になるだろうと。日本全国で低空飛行訓練を急ぐと。

 総選挙の真っ最中に日本全土でオスプレイを飛ばすというのである。

 全国の国民がオスプレイの危険・騒音を実感することになる。

 これで国民が反発しないようではこの国は終わりだ。

 いやでもオスプレイ問題が選挙で問われることになる。

 沖縄問題がクローズアップされることになる。

 いまからでも遅くない。日本未来の党は、12月2日に発表する政策綱領に沖縄問題を高らかに掲げよ。

 それができるかどうかが日本未来の党が国民的政党となれるかどう かの最初の試金石となる・・・

あわせて読みたい

「普天間基地移設問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立民・菅直人元首相、維新を挑発するも、公開討論を持ちかけられると拒否

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月22日 09:51

  2. 2

    「土日の休みはひたすら休養しか出来ない…」 最大HPが低い人あるあるだよね

    キャリコネニュース

    01月22日 15:04

  3. 3

    連合は参議院選で推薦した候補者が共産党と共闘なら推薦を取り消しへ

    早川忠孝

    01月22日 15:40

  4. 4

    “政権批判”から“政策立案”へ 変わる立民に身内からは懸念を示す声も

    ABEMA TIMES

    01月22日 11:10

  5. 5

    分科会の現実的な対策否定 メディアや政府は責任逃れから有効な施策ができない現状

    中村ゆきつぐ

    01月22日 09:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。