記事
  • ロイター

トランプ氏弾劾裁判の弁護団、トップが突然辞任 戦略巡り対立か


[ワシントン 31日 ロイター] - トランプ前米大統領の弾劾裁判を担当する弁護チームのトップ2人が30日に突如として辞任したことが、事情に詳しい関係筋の話で明らかになった。

トランプ氏の事務所は31日、弾劾裁判ではデービッド・ショーン、ブルース・キャスター両弁護士が弁護チームを率いると発表した。

弁護チームを離れたのはサウスカロライナ州のブッチ・バウアーズ、デボラ・バルベリ両弁護士。関係筋は「双方が合意した決定」だとした。

別の関係筋によると、弁護チームと関係のある他の3人の弁護士もトランプ氏とたもとを分かった。

3人目の関係筋は、トランプ氏とバウアーズ氏は弾劾裁判が始まるのを前に、戦略を巡り意見が食い違ったと語った。トランプ氏はいまだに、自分は昨年11月の大統領選での大規模不正の被害者だと主張している。

議会上院は2月9日に弾劾裁判を開始する見通し。トランプ支持者が連邦議会議事堂に乱入した1月6日の事件を巡り反乱扇動が問われることになる。

ウクライナ疑惑を巡るトランプ氏の1回目の弾劾裁判を担当したホワイトハウスのシポローネ法律顧問とパット・フィルビン次席法律顧問(ともに当時)は今回の弾劾裁判には関与しないとみられる。

トランプ氏の顧問、ジェイソン・ミラー氏は「既に退任した大統領に対する民主党の弾劾の試みは完全に違憲で、この国にとって非常に悪い」とコメントした。

上院は26日、トランプ氏弾劾裁判の停止を求めて提出された動議を過半数で否決した。ただ、採決の結果は賛成45、反対55と、裁判停止に反対した共和党議員は5人にとどまり、同党の結束の強さを浮き彫りにした。実際の裁判でトランプ氏を有罪とするのに必要な票は集まらないとの指摘も出ている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  3. 3

    「過去最大の赤字よりマズい」電通が五輪中止より恐れている"最悪のシナリオ"

    PRESIDENT Online

    02月25日 19:10

  4. 4

    愛知のリコール不正疑惑、維新の「組織的な関与」の有無と責任について

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月26日 09:43

  5. 5

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  6. 6

    「パラ選手を宣伝だけに使うな」―一年延期で契約終了―

    笹川陽平

    02月26日 08:21

  7. 7

    総務省の接待問題は森友・加計学園疑惑と同じ構図 首相の責任も重い

    畠山和也

    02月26日 09:10

  8. 8

    根絶された病気が再出現の恐れも コロナで加速する医療崩壊

    田中龍作

    02月26日 08:08

  9. 9

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  10. 10

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。