記事

clubhouse「熱狂」に思う。多くのSNSも初期は素晴らしかった〜mixiやツイッターも

招待制SNSのclubhouse(クラブハウス)が瞬間風速的な熱狂状態になっていて
「こんな人とつながれた!」
「仕事の依頼がきた!」
「有名人と話せた!」
みたいなコメントも見かけるけれど、他のSNSも普及初期はそんな感じだったのです。

招待制SNSといえばmixi(ミクシィ)。
mixiも普及初期は今のclubhouseのようなすごさや熱狂があった。

「みんな実名顔出しなんですよ!」
「えっ?やばくない?」
「ぜんぜんやばくない!むしろだからいい人とつながれるんですよ!」

mixiはなんと2004年!その時に実名顔出しなんてあり得なかった時代。ほかのSNSもほぼなかった時代。しかも招待制。

はじめは誰もが顔出し実名すごいいいつながりができた。
仕事でもプライベートでもいいつながりができたのです。

ミクシィまじですげえ!今のclubhouseなんてもんじゃなかった。

しかしミクシィも数年経つと初期の良さは消えていった。
変なユーザーも増え実態があるのかわからないユーザーも増え、かつて「よいつながり」だったのか迷惑メッセージやらコメント欄バトルやら荒らしやらの問題も増えていった。

ユーザーが増えればいろんな人ともっとつながれるはずなのに増えることでむしろ劣化していってしまいそしてしまいには廃れてしまった。

ツイッターが日本に普及し始めた頃も今のclubhouseやmixi以上の熱狂があった。

「なんかすごいんですよ!ツイッターっていうのが!みんな実名、顔出しで、電話番号とかも書いている人多いんですよ!」
「仕事とかにも使えるし有名人ともつながれてやりとりができるんです!」

いやでも140字しか投稿できない?〜なうとかつぶやいて何の意味があるの?

しかし2010年ぐらいだったかツイッター日本普及初期は熱狂状態で顔出し、実名・電話番号記載の人も多くめちゃ素晴らしいSNSだった。

しかしいつしかツイッターは炎上、バトル、犯罪、スパムも多いSNSになった。

*ただツイッターはうまく使えば素晴らしいツールになる。
私は2010年からツイッターをはじめているがむしろ昨年2020年から抜本的にツイッターの使い方をあらためめちゃめちゃ活用しいいつながりもでき仕事にもつながっている。

ツイッターが普及しつつも
「ちょっとどうなの?」
「最近荒れること多くない?」
みたいになった時に登場したのがフェイスブックだった。

「実名主義」で顔出しも多くまさにいいつながりができそれがリアルにもつながれる。
フェイスブック普及初期もまた今のclubhouse以上の熱狂があった。

*フェイスブックは素晴らしいツールだったが今はやや衰退気味。
ただ使い方次第で十分使えるが初期や全盛期の熱狂はまるでない。

そして今度はインスタ。
インスタもまた初期は写真だけというシンプルさでもてはやされたが、スパムアカウントは多いし露骨な集客目的投稿も増え、またインフルエンサーのステマまがいの投稿や広告っぽい投稿やいいね数競争の過激化などでかつての熱狂はなく、今は落ち着いている感じになっている。

そして今clubhouse。
まだやっている人が少ないせいかかつてのSNSの初期のような熱狂や期待感が渦巻いている。
そして今のところ変な人もいない感じにみえる。

「なんかこれすごくね?」
「有名人と話せるよ!」
「いろんな人とつながれる!」
みたいな話もちらほら聞こえる。

あーいつか来た道。SNSの普及初期はなぜこんなにも純粋で善意にみちていいツールに見えるのだろう。そして実際にそうでいいつながりもできる。

にもかかわらずいつしか変質していってしまう。
「なんか変なの増えたよね?」
そしてまたそんなタイミングで新しいSNSがでてきて
「なんかこのSNSすごいよ!!」
というエンドレスループが繰り返される。

初期の雰囲気や良さを保つことはできないのだろうか?
なぜしばらくたつと劣化してしまうのか。それは人が増えると仕方がないことなのか?

何か仕組みで劣化しないSNSを作ることができるのではないか。

いやもうできるんです。個人情報とひもづけて国民総背番号制とひもづけてSNSの投稿や行動なんかもすべて信用度にランキングされる仕組みは作ろうと思ったらできる。

いや国民総背番号制にしなかったとしても今はAIで未然に変なユーザーや変な投稿やメッセージは削除やアカウント停止などできるはずだ。

もう数年すぎたら
「ネットの誹謗中傷とかって懐かしい問題だよね」
みたいなことになるかもしれない。AIが事前に察知したとえば殺害予告したりストーカー的メッセージしたら事前に削除され、物理的金銭的社会的ペナルティを与えることなど容易なはずだ。

なんていったっていいか悪いかは別問題としてアメリカの大統領のアカウントが停止にできる時代なのだ。
犯罪者や迷惑ユーザーやスパムアカウントなどAIでいくらでも未然に防げる時代になるだろう。

ただそういうのって
「GAFAによる検閲だ!」
とアレルギー反応を示す人もいるしAIの精度の問題もあるし何を基準にするのかも問題なのですぐにすぐは難しい。

そうなると今しばらくは
「初期のあのSNSはよかったよねー」
って状態が続くのかもしれない。

ただ一方でこれだけいろんなSNSが普及してきて思うのは
「どうしてもSNSを使わなければいけない人ってどのぐらいいるんだろう?」ってこと。
個人事業主とか企業の広報担当者とかクリエイターとかアーティストとかはSNSが重要なツールで欠かせないものだけど、でもそうじゃない人は別に無理にやる必要もなくむしろ日々の生活のノイズにしかならないかもしれない。

リアルで仕事はとれている。
別に知らない人とネット上で知り合いたいとは思わない。
ネット集客なんて必要ない仕事や立場だし。
ってことに気づく人も増えてくるかもしれない。

ただ一方ではどんどんネットがリアル社会のポータルになっていくのでSNSやネット発信の重要性は今まで以上に増すことも考えられる。

これからもいろんなSNSが登場しそしていろんな問題が起きたりする。
でも結局はその人自身が「何の目的でそのツールを使うのか」によるのです。

そこがしっかりしていればツイッターでもフェイスブックでもミクシィでも十分今でも楽しめるし活用できるはず。

新しいSNSはとりあえずやってみるのは大事で、初期の段階では目的うんぬんよりおもしろそうだからただやってみることは大事だけど、ぜひこの機会にあらゆるネットツールを見直してみてはどうだろうか?

本当に必要なのか?
何の目的でやっているのか?
その目的にあった使い方ができているのか?

私は今のところネットはほぼ全方向でやってます。
特にSNSの中ではツイッターが断然おすすめ。
使い方が多くの人が間違っているのです。
ただ数を増やすんじゃなく目的を明確にしてツイッター運用すればめちゃ快適なツールに変わることができるはず!

あとはSNSというフローより今こそストック型のネットツールが大事。
ブログしかりYoutubeしかりAmazonKindleしかり。

SNSはフローにしかすぎないのでストック型のネットツールに力を入れていくことも大事なんじゃないかと思ってます。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    静岡のメディア王と女子アナのW不倫疑惑 静岡新聞社長続投で問われるコンプラ意識

    渡邉裕二

    03月06日 10:44

  2. 2

    小池百合子知事の耐え難い不誠実さ。公言した目標と「謝罪の言葉」はどこへ行ったのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月06日 11:29

  3. 3

    在宅勤務で気づいてしまった、通勤しただけで仕事やった感の勘違い

    かさこ

    03月06日 09:01

  4. 4

    緊急事態宣言が延長へ 都民の恐怖心を煽る小池都知事の対応に苦言

    深谷隆司

    03月05日 17:44

  5. 5

    菅総理と尾身先生の会見 結局東京が協力しなかったというお話し

    中村ゆきつぐ

    03月06日 08:18

  6. 6

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  7. 7

    「コロナ禍でも拡大戦略」アパホテルが怒涛の新規オープンを続ける理由

    PRESIDENT Online

    03月05日 16:27

  8. 8

    T・ウッズ交通事故「7つの謎」が解明される日 - 舩越園子

    新潮社フォーサイト

    03月06日 13:17

  9. 9

    予算審議で拍子抜けするほど迫力不足だった野党の追及 国民からの批判を怖れたか

    石破茂

    03月05日 16:07

  10. 10

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。