記事

「現場は変わらず盛り上がってたのに…」V系の“聖地”「AREA」閉店、元バンギャの胸の内 - 清談社

 二度目の「緊急事態宣言」が発布され、さらなる深刻なダメージを受けているのがエンタテインメント産業だ。とりわけ演劇や音楽ライブなどは一部でクラスターが発生したことがトラウマとなり、公演の中止や無観客での配信が相次ぐなど風前の灯火となっている。

【写真】この記事の写真を見る(5枚)

 関係者は、新型コロナの流行さえ収束すれば元のように戻るという希望にすがっている状況だが、事態が長引くほどに追い詰められている。

 その代表例ともいえるのが「ライブハウス」だ。もともと中小の経営が多く、経営基盤も盤石ではなかったせいか、地域密着型の老舗ライブハウスの閉店が全国で相次いでいる。(取材・文=素鞠清志郎/清談社)

ヴィジュアル系バンドの聖地が次々に...

 なかでも、ファンや関係者に衝撃を与えたのが、ヴィジュアル系バンドの聖地と呼ばれた高田馬場「AREA」閉店の知らせだ。

高田馬場「AREA」

 昨年末に「オーナービルの老朽化」という理由で、2021年いっぱいの営業で閉店されることが発表されると、元「バンギャ」たちからのため息のような哀悼がSNSを席巻。つづいて、ゴールデンボンバーがはじめてワンマンライブを行った「IKEBUKURO CYBER」も閉店を発表。こちらの閉店の理由は「諸般の事情」とされているが、日本の音楽シーンの中でも「ヴィジュアル系(以下、V系)」の周辺から倒れる所が出てきた、という印象を与えることとなった。

 新宿区高田馬場にあるライブハウス「AREA」は、1997年にオープン。スタンディングで400人収容できるという「中箱」で、V系バンドの聖地と呼ばれている。

 入り口横の急な坂道に、ゴスロリファッションに身を包んだバンギャたちが列を成している姿は、お馴染みの風景だった。

 V系バンド黎明期からシーンを追い続けている古参のファンで音楽関係者の飯田直子さん(仮名・50代)は、AREA閉店の報に驚きを隠せなかったという。

「ニュースを聞いたときは声が出ました。AREAは今でも頻繁にV系のライブが開催されてるし、お客さんも入っていて、景気は悪くなさそうでしたから」(飯田さん)

 テレビやメディアで取り上げられることは少ないが、現在でも多くのV系バンドが活動を続けており、多くのファンを集めている。もはやブームを超えたジャンルとして、しっかりと音楽シーンに根付いているのだ。

ヴィジュアル系バンドがメジャー化した90年代後半

「私の世代にとっては、V系の聖地といえば目黒の『鹿鳴館』。『X』とか『BY-SEXUAL』が出てきた頃はまだ『V系』という言葉がなかったので、『お化粧系』や『オケバン』と呼ばれてました。90年代初頭くらいの『LUNA SEA』や『Luis-Mary (ルイ・マリー)』も初期はオケバンと呼ばれていましたね。ヴィジュアル系という呼び方が定着してきたのは、『SHOXX(ショックス)』や『Vicious』(ヴィシャス)」という専門誌が出てきた90年代後半くらいからじゃないですかね」(飯田さん)

 そのブーム最盛期の90年台後半に“バンギャ”だった坂下るいさん(仮名・38歳)は語る。

「『BREAK OUT』っていうテレビ番組があって、そこでドカンと人気が高まったんですよ。その頃に“V系四天王”と呼ばれたのが『MALICE MIZER(マリスミゼル)』『La'cryma Christi(ラクリマ・クリスティー)』『FANATIC◇CRISIS(ファナティッククライシス)』『SHAZNA(シャズナ)』。

 私たち世代のバンギャは雑誌を切り抜いたり、コスプレしたり、地方まで追っかけたりして夢中になりました。新しいバンドもどんどん出てきて、コテコテメイクの『コテヴィ』、化粧なしでシックな『ソフヴィ』、カジュアルな『オサレ系』と、細分化してそれぞれ派閥が出来たり…」(坂下さん)

 V系バンドがメジャーシーンで活躍すると、彼らを目指すバンドも増えた。そんなバンドたちの登竜門と言われるようになったのがAREAだった。

「AREAには歴代の出演バンドのサインが飾ってあったりして、聖地という雰囲気がありましたね。客席は3段階になっていて、がっつく人は1段目、バンギャのなかでヒエラルキーが高めの人は2段目の柵前、そこまで目当てのバンドじゃない、という人は3段目という棲み分けができてました」(坂下さん)

ブームが収束しても好きな音楽を追求できた

 しかし、2000年頃にはブームが徐々に収束。04年頃には「the GazettE」「NIGHTMARE(ナイトメア)」「ALICE NINE.」「アンティック-珈琲店-」などと言った「ネオ・ヴィジュアル系」と呼ばれるアイドル性の高いバンドが台頭するも、徐々にメジャーデビューするバンドも減り、メディアに取り上げられることも少なくなっていった。

「でも、現場は変わらず盛り上がっていました。これはV系に限らないんですけど、バンドが自分たちで運営やマネジメントすることが増えてきて、あえてメジャーデビューする意味が無くなってきたんです。CDはインディーズで流通するし、ライブも自分で組んでツアーも回れる。テレビに出なくてもバンドで食べていける方法が確立できているので、今いるファンに向けて好きな音楽を追求することができたんです」(飯田さん)

ファンに貢がせる「ホストみたいなバンドマン」は減少

 ライブ活動だけでなく、物販もセルフプロデュース。CDもジャケット違いの限定版をいくつもリリースするなどして稼ぐのが一般的になっていったという。

「地下アイドル業界と似てます。いま一番稼げるのはチェキですから。ツーショットとか、サイン入りとか、ライブごとに売れるので利幅が大きい。チェキの物販次第で、次のアルバムが作れるかどうかという世界みたいです」(坂下さん)

 形は変わったが、V系バンドは今も熱心な「バンギャ」たちに支えられている。しかし、バンドマンになるタイプには変化が起きているという。

「昔みたいにファンに貢がせてとっかえひっかえするホストみたいなバンドマンはいなくなりましたね。やっぱりネットが発達して、やらかすとすぐに広まってしまいますから。いまの若い子たちはみんな真面目で、純粋に音楽が好きというタイプが多いですね」(坂下さん)

 バンドもファンも歳を重ね、色恋関係は落ち着いてきたというのもある。

「結成20年以上というバンドもたくさんいますからね。最近は、再結成とか、復帰する人も多いです。すると、結婚して子育ても終わった当時のバンギャたちが、時間にもお金にも余裕があるからライブに戻ってくる。50代の『オバンギャ』が、いまも最前でヘドバンしてますから(笑)。みんな若い頃に脳震盪で倒れたりするのを何度も経験してるから、首が太くなってるんですよ」(飯田さん)

「AREAの代わりとなるハコを作って欲しいですね」

 新人からベテランまで、かなりの数のバンドがV系のシーンで活動を続けているが、彼らが目指すのはもはやメジャーデビューではない。

「V系といっても、基本はロックバンドなので、やっぱり大きな会場でライブがやりたいんですよ。目標は、昔も今も『武道館』。CD100万枚売るよりも、紅白に出るよりも、フェスでトリを務めるよりも、武道館でライブをやるというのが夢なんです」(飯田さん)

 だからこそ、ライブハウスが重要なのだ。

AREAはブレイクのきっかけとして無くてはならないハコだった

「AREAで切磋琢磨して、徐々にステップアップしていくのが出世コースなんです。まずはAREAのような300~400人くらいの箱でワンマンを成功させる。それからZeppやO-EAST、O-WEST、中野サンプラザ、あと最近は東京国際フォーラム、それで代々木体育館いって武道館、みたいな。だから、AREAはバンドがブレイクするジャンプボードとして無くてはならないハコだったと思います」(飯田さん)

 V系はブームを超えて定番ジャンルとなり、今後も簡単に廃れることはなさそうだ。しかし、彼らが活動する聖地が無くなってしまうと、やがて衰退してしまうことは否めない。

「AREAの代わりとなるハコを作って欲しいですね。場所さえあれば、いいバンドが出てくるし、またブームになるかもしれない。V系は海外にもファンが増えているので、そこからまた火が点くかもしれません」(飯田さん)

「V系」は、バンドもバンギャもライブハウスも含めた日本独自の文化。国を挙げて守っていくべきなのかもしれない。

(清談社)

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  2. 2

    絶望的な格差社会を漂流する高齢者たち アメリカが「車上生活」なら日本は「万引き」という悲劇

    木村正人

    03月05日 08:33

  3. 3

    中国が台湾産パイナップルを輸入禁止に 自民・城内氏「買って台湾を応援しましょう」

    城内実

    03月04日 16:49

  4. 4

    企業も社会も、相手に変化を求めるときはまず相手の想像力を引き出す - 「賢人論。」133回(中編)前刀禎明氏

    みんなの介護

    03月04日 20:18

  5. 5

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

  6. 6

    人類は風邪を根絶し得たことはない「ゼロコロナ」を目指す立憲民主党はムチャクチャ

    ABEMA TIMES

    03月05日 14:50

  7. 7

    平均賃金は韓国以下…「貧しい国」になった日本が生き残るための“新常識” 2021年の論点100 - 加谷 珪一

    文春オンライン

    03月04日 10:23

  8. 8

    小室圭さんの釈明会見はあるのか 問題は「眞子さまが出席なさるか」

    NEWSポストセブン

    03月05日 09:11

  9. 9

    落合陽一氏「たとえ感染が収束してもコロナ前に戻す必要はない」

    NEWSポストセブン

    03月04日 14:19

  10. 10

    ジェネリック医薬品大手で不適切製造か 安全より利益追求する企業に呆れ

    中村ゆきつぐ

    03月04日 09:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。