記事

コロナ陰謀論に囚われた人々が各所でトラブルを引き起こす構図

2/2

 九州某市のクリニック勤務・斉藤加奈子さん(40代・仮名)の職場にも、同じように極端な主張を引っ提げてやってくる人が、昨年の秋以降に増えたという。

「コロナだから検査してくれ、保健所が対応してくれないと、直接窓口にやって来られる方が増えました。最初は私たちもギョッとして、隔離部屋に案内したりするんですが、話を聞いてみると、自覚症状と言えるような強い症状はないんです。ちょっと咳が出るとか微熱が続いたとか、普通なら『風邪かも知れないね』というレベル。皆さんに話を聞くと、やはり『ネットで調べた』と仰います」(斉藤さん)

 ネット上には、情報源がしっかりと明記された有益な情報もあれば、根拠も、誰が書いたかもわからない真偽不明の情報もある。もちろん現実世界においても、情報というのは玉石混交だが、その提示のされ方など付随した情報によって、信じて良いかどうかを瞬時に判断するものだ。だが、手軽に誰でもすぐに情報にアクセスできるネット上では、「好きな情報」「アクセスしたい情報」だけを選択し比較検討することなく、独りよがりな解釈によって偏った情報を鵜呑みにしやすい傾向がある。その為、本人の心情がポジティブであれば、ある物事について「良い」という情報ばかりが目にとまり、心情がネガティブであれば、物事をとことん「悪い」と決めつけるような情報だけを選んでしまう。 その上、冒頭で紹介したような「何もかも信じられない」という風潮が、こうした極端な思考に陥る人々を後押しするのである。

「コロナ陽性になったお父さんがいらっしゃる家庭にご連絡したのですが、濃厚接触者の疑いが強い奥様が検査を拒むんです。高齢のご両親とも同居されていて、命に関わる問題だから、検査を必ず受けてほしいとお話ししたんですが納得してくださらない」 神奈川県内の保健所職員・中野愛さん(仮名・30代)が遭遇したのは、これまで触れてきた「ネガティブ」パターンとは逆の人。つまり、危険性があるといくら説明をしても「それは考えすぎだ」と軽んじるタイプである。そしてやはり、濃厚接触者の妻も「ネットで情報を得た」と主張し、検査を拒んだ。

「男性の勤務先でクラスターが発生していたことから、男性は念のために検査したところ陽性という結果でした。ご本人は無症状。それでも人に感染させる可能性があるので、ご家族、特に高齢のご両親にとってはよくない、そういくら説明しても『コロナなんてないんじゃないの』と聞き入れられない。保健所もマスコミもグルになって、政治問題をコロナで誤魔化しているなんて最後には言い出しました。もう、返す言葉がなくなってしまった」(中野さん)

 返す言葉がなくなる、それは単純に中野さんが呆れ果て絶句しているだけなのだが、先方は「論破した」と、さらに饒舌になっていったという。結局、無症状だった男性はその後、高熱と咳、悪寒などの症状が出て、自宅療養から病院療養に切り替わった。そのタイミングで家族全員がPCR検査を受けたが、陰性だった妻は苦しむ夫を気にする様子もなく「ほら見なさい」「やはり変だ」と、自身の主張が正しかったと言い放った。男性も妻には呆れ返っていたが「仕方ないんで」と呟くのみだったというから、妻の的外れな頑迷さについては、もはや諦めていたのかもしれない。

 もちろん、マスコミや専門家、そして政治家の話がすべて正しいことはないだろうし、コロナ禍の情勢を「煽る」ような報道があると筆者も感じている。しかし新型コロナウイルスについては分からないこともまだ多く、そのため不確かな情報も少なくない。曖昧な情報が錯綜する様子に嫌気が差して「何もかも信じられない」と思ってしまうのも無理はないが、問題はそこからだ。ネットで調べた情報の出所、発言者、エビデンスを確認することなく、時と場合に応じて自分が信じたい情報だけを選択し、自身の思考を補強する材料にしていくのはあまりに危険だ。

 こういったサイクルはまず、何かおかしいと感じ、ネットで調べようとするところから始まる。自分の正しさを疑わない、もしくは思いたい結論を最初に決めている状態で検索するので、自身が正しいと思いたい事を補強するような情報ばかりを集める結果になる。そこで、わざと異なる結果を得られるような検索をかけられれば視野が広がるのだろうが、同じような用語を繰り返し検索するのでそうはならない。

 そして、調べた結果の取捨選択にも問題がある場合が多い。信頼できる情報源なのか検証することよりも、自分が不快に思うことが少しでもあれば、そのページを見なかったことにし閉じ、情報源をシャットアウトする。確実性よりも、自分の気分を優先して信頼度合いを決めているのだ。こうして、あらかじめ決めていた「正しさ」はより強固に、思いたい「結論」はより極端になる。当然のごとく、反論する意見を読もう、対論はどうなんだ、という思考は消えてなくなり、バランスが完全に偏ってしまう。 一方で、似たような考え方の人とSNSで繋がると自分は正しいという気持ちだけが強くなり、そして、仲間どうしで競うように先鋭化。この「発見した」「真実にたどり着いた」という過程にカタルシスを覚えるような人もいると思われ、思想に共鳴した人々が急速に極端化する新興宗教のカルト化を彷彿とさせるほどだ。

 こうなると、まさに「信じられない」ものだらけ、得体の知れない「情報の渦」に巻き込まれていることにすら気がつかなくなる可能性が高い。最悪の場合、コロナ禍の状態で間違った判断ばかりし続け、命を落としてしまうことだってあり得る。

 そうした危険性を指摘するマスコミや専門家も少なくないのだが、ネットでは強い調子で攻撃され、唾棄される。まさに「信じたくない」不快な情報であるからだ。そして警鐘を鳴らす人が疲弊して沈黙を選ぶと、攻撃者たちは前述の保健所の担当者を言い負かしたコロナ陽性患者のように「論破した!」と勝利宣言をして間違った確信を深めていく。こうして社会に「分断」が生まれている。

 もちろん、冷静さを失い、自身とは意見の違う他人を攻撃し続ける人は、おそらくネット上のごく一部の人々であろう。だが、新型コロナウイルスとともに生活しなければならなくなって以降、極端な考え方に染まる人々は減るどころか、明らかに増えているのがネットでの実感ではなかろうか。自分が物事を俯瞰的に、冷静さを持って眺められているのか、筆者も含め、改めて確認する必要があるだろう。

 安定した社会を維持するために、こんな荒唐無稽なことはほとんどの人は信用しないし、社会も左右されない、と高をくくってはいけない。ドナルド・トランプは不正選挙によって敗北させられたと信じている米国民が、バカに出来ない規模で存在し議事堂へ襲撃をかけてしまうようなことが実際に起きた。日本においても、特にネット上では同じような傾向がすでに現れ始めている。アメリカと同様、死人までを出す悲劇が、いつ身近で起きてもおかしくない状況なのだ。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    兵庫県うちわ会食のうちわ配布が一転“とりあえず中止”に 県職員は「驚きです」

    BLOGOS しらべる部

    04月14日 20:21

  2. 2

    大阪のコロナ 病床 医療者が足りない もう自衛隊しかない?

    中村ゆきつぐ

    04月15日 08:19

  3. 3

    カンニング竹山さんへの小池都政抗議文入手。都民ファースト都議は番組ドタキャン

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    04月14日 17:59

  4. 4

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  5. 5

    緊急事態宣言はやればやるほど効き目がなくなります

    おか たかし (元・大田区議会議員・国民民主党)

    04月15日 08:42

  6. 6

    経産省と「幹部の過半数」に見切られた東芝・車谷社長「男子の本懐」

    新潮社フォーサイト

    04月15日 08:48

  7. 7

    河井元法相公判供述・有罪判決で、公職選挙に”激変” ~党本部「1億5千万円」も“違法”となる可能性

    郷原信郎

    04月14日 11:29

  8. 8

    海外紙の論調を見つつ東京オリンピック中止の決断について考える!!!

    元官庁エコノミスト

    04月15日 14:28

  9. 9

    トリチウムのキャラ化で、原発処理水の説明ページが公開休止に。次なる議論の焦点は、福島原発処理水の「特殊性」か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月15日 10:52

  10. 10

    イソジンうがいで新型コロナの重症化予防という話はどうなったか追いかけてみた

    名取宏(なとろむ)

    04月15日 12:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。