記事

初の無観客開催が話題 欽ちゃんの“仮装大賞”が40年以上も続くワケ

1/2
司会者の2人と出場者の掛け合いも見どころの一つ(時事通信フォト)

 1979年にスタートして以降、すでに40年以上の歴史を誇る『仮装大賞』。コロナ禍に見舞われた今年の『欽ちゃん&香取慎吾の第98回全日本仮装大賞』(日本テレビ系)は、2月6日に番組史上初の“無観客”で開催される。『仮装大賞』はなぜ長年にわたって視聴者から愛されてきたのだろうか。

『仮装大賞』といえば、全国各地の予選を通過した視聴者によるシュールでユニークな仮装作品の数々で知られている。アイデアを武器に一人で出演する視聴者もいれば、家族や友人、学校や職場の仲間とともに大掛かりなセットを披露する参加者もいる。中には驚くほどの技術を駆使した作品もあるが、大半は手作り感溢れる親しみ深いパフォーマンスだ。

 1979年の大晦日に『NHK紅白歌合戦』の裏番組として第1回が放送された『仮装大賞』は、もともとお笑いコンビ・コント55号の萩本欽一が単独で司会を務める番組としてスタート。2002年元日に生放送された第65回からは、当時アイドルグループSMAPのメンバーだったタレントの香取慎吾も司会者として出演するようになった。

 放送開始時の視聴者からの応募は約300組だったものの、その後爆発的に人気を博し、最盛期には1万件以上の応募が殺到。視聴率も20%を超え、1980年代から2000年代にかけては年3回に分けて放送されてきた。現在では年1回のペースに落ち着いたものの、それでも毎回約3000組の応募が寄せられており、視聴者から愛され続けている長寿番組の一つだということができる。

あわせて読みたい

「萩本欽一」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン確保に慌てる必要なし 政府批判は動きを非効率化させる危険も

    中村ゆきつぐ

    02月25日 07:19

  2. 2

    犬や猫の店頭販売やペットのネット販売禁止へ 動物愛好国フランスの"一歩"

    BLOGOS編集部

    02月25日 07:06

  3. 3

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  4. 4

    「日本資本主義の父」渋沢栄一が現代の首相たちを見たらどう思うのか

    毒蝮三太夫

    02月25日 06:33

  5. 5

    【119カ月目の新地町はいま】災害ごみ仮置き場に響く「五輪どころじゃない!」の叫び 10年目の大地震で聖火リレーコースも損傷

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    02月24日 09:28

  6. 6

    東浩紀「“自由”の制限でウイルス消えず…長期的ヴィジョンなき罰則強化は現実逃避」

    文春オンライン

    02月24日 07:27

  7. 7

    ビートたけしが若者に「スマホを手放す勇気を持て」と語る理由

    NEWSポストセブン

    02月24日 17:00

  8. 8

    私がwithコロナではやっぱり飲食業界が厳しいと思う理由

    宇佐美典也

    02月24日 12:00

  9. 9

    2032年夏の大会の優先候補地はブリスベンに IOC

    ABEMA TIMES

    02月25日 08:28

  10. 10

    ZEROは0でない それをwithと言うと思いますが 立憲民主党はやはりPCR利益誘導?

    中村ゆきつぐ

    02月24日 06:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。