記事

意外な教育効果あり?! 三大ゲーム「マイクラ」「あつ森」「フォートナイト」その影響と注意点は?

1/2

 なかなか終息の気配を見せないコロナ禍において、「子どもが家でゲーム三昧になっている」と悩む保護者は多いでしょう。
ついつい夢中になってしまうことから「勉強の敵」になりがちなゲームですが、実は意外な学習効果もあることをご存知でしょうか?
この記事では子どもに人気の「三大ゲーム」(*)である「マインクラフト」「あつまれ どうぶつの森」「フォートナイト」を具体例として、ゲームが子どもに与える影響や学びへのつなげ方、主な注意点をご紹介します。

*ゲームのオンライン家庭教師『ゲムトレ』を運営する株式会社ゲムトレ(代表取締役 小幡和輝、以下ゲムトレ)の調査による
https://gametrainer.jp/elementaryschool/

この記事のポイント

  • 創造性を引き出す「マインクラフト」は遊びすぎに注意
  • リアルな自然と触れ合える「あつ森」は、安心だが起伏は少ない
  • eスポーツにも選出、「フォートナイト」は親の見守りが重要

創造性を引き出す「マインクラフト」は遊びすぎに注意

「三大ゲーム」の中でもっとも教育要素が強いのが「マインクラフト」です。サイコロ型のブロックでできた世界を冒険したり、建築を楽しんだりする作品で、世界で最も売れたゲームとして知られています。

最近ではプログラミング教育やアクティブ・ラーニングの教材として採用されるほか、学校向けの「Minecraft: Education Edition」(通称「教育版」)が開発・提供されるなど、教育シーンでの注目度がますます高まっています。

教育的なメリットとしては、①創造性が刺激される ②協調性が育まれる ③テクノロジーの基礎が理解できる の3点が挙げられます。それぞれについて見ていきましょう。

①創造性が刺激される
「マインクラフト」の世界はすべて同じ大きさのサイコロ型ブロック(ボクセル)で作られており、自由に採集することができます。集めたブロックを積み上げれば、個性豊かな建築物を作り上げることが可能。建築のアイディアを無料で公開しているWebサイトや動画も多数あるので、時間さえかければ誰でもオシャレな家を手に入れることができます。敵が出てこず、創作に集中できる「クリエイティブモード」も用意されており、まさにデジタル版のレゴ®ブロックのような操作感です。

これがイラストや粘土になると、どうしても器用/不器用が出てきてしまうもの。誰でも成功体験を得られる「マイクラ」は、子どもの自己肯定感を育みながら創造性を伸ばすのにピッタリです。

②協調性が育まれる
「マインクラフト」の醍醐味といえばマルチプレイ。友達やきょうだいと協力してワールドを作り上げていく楽しさは、他のゲームとは比べものになりません。

得意分野に合わせて役割分担するのも良いですし、みんなでアイディアを出し合って素敵なデザインを考えるのもよいでしょう。協力プレイを通じたコミュニケーション能力の育成は、PBL(プロジェクト型学習)として授業に取り入れる学校もあるほど評価されているポイントです。

③テクノロジーの基礎を理解できる
ちょっと高度な内容になりますが、「マイクラ」では「レッドストーン」というアイテムを使い、回路を設計することができます。

活用範囲は無限大で、自動で作物を収穫する装置から、音楽を奏でる装置まで制作可能。使いこなせれば作業効率がグッと上がるので「難しいけど、頑張って理解しよう!」と思えるのが嬉しいところです。

どんな子に向いている?
「マインクラフト」に熱中しやすいのはズバリ、凝り性の子。ブロック遊びが好きな子であれば、まず間違いなく食いつくでしょう。一方でストーリー性がなく、チュートリアルも丁寧ではないので、合わない子はとことん興味を示さない可能性も。外国製ゲームなこともあり、好き嫌いが大きく分かれる作品です。

注意点は「遊びすぎ」
「マインクラフト」には課金要素がほとんどないため、課金トラブルに関しては安心なゲームと言えます。年齢指定も「全年齢対象」で、残虐表現はありません。

注意したいのは「遊びすぎ」。ストーリーがない=やめどきが決めづらいゲームのため、家庭でしっかりルールを決める必要があります。大きな音の鳴る目覚まし時計で時間を計るなど、工夫しながら遊ばせるのがおすすめです。

  • 創造性を伸ばすことができる
  • マルチプレイで協調性が育まれる
  • テクノロジーの基礎を理解できる

Minecraft (マインクラフト) - Switch

あわせて読みたい

「ゲーム」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  3. 3

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  4. 4

    10万円給付金問題 立憲民主党も非課税世帯中心に限定給付案をまとめる これでは政権奪取は無理だ

    藤田孝典

    02月25日 13:53

  5. 5

    ワクチン確保に慌てる必要なし 政府批判は動きを非効率化させる危険も

    中村ゆきつぐ

    02月25日 07:19

  6. 6

    犬や猫の店頭販売やペットのネット販売禁止へ 動物愛好国フランスの"一歩"

    BLOGOS編集部

    02月25日 07:06

  7. 7

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

  8. 8

    2020年代の産業革命

    ヒロ

    02月25日 10:48

  9. 9

    「日本資本主義の父」渋沢栄一が現代の首相たちを見たらどう思うのか

    毒蝮三太夫

    02月25日 06:33

  10. 10

    Go Toトラベル、再開是か非か

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    02月25日 10:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。