記事

「レイプ妊娠でも中絶禁止」自由の国アメリカでそんな不自由がまかり通るワケ

1/2

アメリカでは大統領選挙のたびに妊娠中絶問題が大論争になる。ハーバード大学医学部・マサチューセッツ総合病院講師で医師、柏木哲氏は「根底にはアメリカ人の強い信仰心がある。宗教的信条は生活だけでなく、国の政策にも影響を与えている」という――。

最高裁判所
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/DJMcCoy

人工妊娠中絶への賛否で揺れたアメリカ大統領選

アメリカの大統領選では「人工妊娠中絶反対か容認か」というトピックが、常に大きな比重を占めている。これは日本から渡米した私には理解のしづらい問題であった。

渡米前アメリカは自由で先進的な国であるとぼんやりしたイメージを抱いていた。私が住むボストンは、ハーバード大学やMITのある学究的かつリベラルな都市であったこともあり、実際その感覚のまま過ごしていた。しかし、そんなボストンでも宗教的な慣習に違和感を抱いた事を覚えている。

ピューリタンの入植地であったボストンでは、私が渡米した2002年当時、「日曜に酒類が買えない」という州法があった。これは「Blue laws」と言われ、今では緩和されて午前10時以降なら買うことができる。しかし外で酒類を飲むことは禁止されているため、紙袋に包んで隠し飲んでいる人を今でもよく見かける。

さらに1972年に最高裁で違憲とされるまで、避妊具の購入を既婚者に限定したマサチューセッツ州法が存在していた。中絶を施行している非営利組織の「プランド・ペアレントフッド」の周辺では、常に中絶反対の集団がプラカードを持って陣取っている。進歩的なはずである私の周囲でも、「トランプは支持できないかもしれないが、プロチョイス(中絶を容認する)民主党の候補に票を入れることは絶対にない」と言いきる人がいる。

強い信仰心、生活に近い宗教

スイス人の同僚がかつて、ヨーロッパに比しアメリカの方がはるかに保守的だ、と漏らしていた。たしかにヨーロッパ人の宗教観は日本と似ており、教会に通う人の数はさほど多くはない。

教会
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/ChristinLola

米国のシンクタンクであるピュー研究所による最近の調査では、アメリカと西欧諸国ではキリスト教徒の割合などは似通っていたが、「キリスト教が非常に重要」と答えた人の割合はアメリカでは68%だが、イギリス6%、ドイツ9%、オランダ38%などヨーロッパは概して低い。アメリカは特に信仰心が強く、宗教が生活に近いのだ。

ピュー研究所によると2020年現在、アメリカ国民の約7割がキリスト教徒であり、その中でも聖書の記述を忠実に解釈するプロテスタント諸派である福音派(エヴァンジェリカルズ)は25.4%とされている。

聖書では、生命の授受は神の手に属しており、エレミヤ1:5と詩篇139:13-16には、人が胎内で創造される神の役割についての記述がある。また、出エジプト記21:22-25では胎児を死なせた人に殺人と同じ罰を課していることから、確かに中絶は聖書の教えにそぐわない。

宗教的な信条はその人の生活だけでなく、国の政策にも影響を与えている。合衆国憲法修正第1条は政教の分離を規定している。ただ、これは特定の宗教と国家の分離を定めたもので、宗教と国家そのものの分離を求めたものではないと解釈されている。

挽回する保守派……各州で広がる中絶規制法

アメリカでは1900年ごろにはほぼ全ての州で中絶は禁止されていた。これに対し、最高裁が中絶を規制するアメリカ国内法の大部分を違憲無効とした1973年の「Roe v. Wade(ロー対ウェイド)」という判決がある。

妊娠を継続するか否かの決定はアメリカ市民としての身分の広範な定義が盛り込まれた合衆国憲法修正第14条に規定されているプライバシー権に含まれると判示したもので、この判決後それまでの中絶禁止法は概ね廃止された。

しかし、保守派は黙ってこの判決を受け入れていたわけではない。中絶に規制をかけるべくたゆまない努力を続けてきている。特に近年盛り上がりを見せており、待ち時間の延長で中絶を受けにくくするなど2011年以降483にも上る中絶規制法案が各州で成立するに至っている。また、一部の過激派は中絶医を射殺したり、中絶施設へのテロリズムなどの暴力事件も起こしている。

トランプ政権下の2018年から2020年にかけては、いわゆる「ハートビート法」(胎児心拍が確認される妊娠6週目以降の中絶を禁止する法案)を可決する州も相次いでいる。2013年ノースダコタで成立した後、オハイオ、ジョージア、ルイジアナ、ミズーリ、アイオワ、ケンタッキー、アラバマ、ミシシッピー州でも相次いで可決されたが、いずれも「ロー対ウェイド」を根拠に違憲とされ、下級審で発効を阻止されている。

特筆すべきはアメリカ南部ルイジアナ州で2019年5月、胎児の心拍が確認された後は中絶を、これまで例外とされていた近親相姦やレイプによる妊娠についても禁じ、中絶手術を施行した医師には禁錮99年の刑が言い渡される可能性があるという、極めて厳しい中絶規制法が成立したことであろう。

日本のどこかの知事が「生命は神から授かった神聖なもので、それを守るために中絶を禁止する法案を可決した」とツイートすることは考えられないであろうことから、アメリカの宗教依存の高さを垣間見ることができる。

あわせて読みたい

「中絶」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ウーバーイーツ、報酬3割減に組合が怒り 安すぎて"配達拒否"する人も

    キャリコネニュース

    03月08日 22:16

  2. 2

    シン・エヴァンゲリオン劇場版ᴐ7──おとなになれないぼくたちと、第1世代オタクの悲哀

    狐志庵

    03月08日 15:09

  3. 3

    ドキュメント3・11 イギリス大使館はなぜ「真実」を見抜けたか

    新潮社フォーサイト

    03月08日 08:12

  4. 4

    コロナ禍で進む様々な好調・不調の二極化

    ヒロ

    03月08日 10:34

  5. 5

    「奇跡が起きる」と話題!ClubhouseはYouTubeをどう変えるのか!?

    放送作家の徹夜は2日まで

    03月08日 10:35

  6. 6

    河井夫妻買収事件、「被買収者」告発受理!「処分未了」の再選挙には重大な問題。各政党の対応は?

    郷原信郎

    03月08日 17:46

  7. 7

    ソフトバンクGの格付け見通し、ムーディーズが安定的に引き上げ

    ロイター

    03月08日 21:12

  8. 8

    【燃やされ消される「原発事故対応」】福島市「保存期限過ぎたので廃棄」 山形県に避難した市民説明会の記録 「保存場所無い」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    03月08日 09:15

  9. 9

    東日本大震災で〝常態化〟した自衛隊の災害派遣 「想定外」の災害にも“揺るがぬ”国をつくるには - 西岡研介 (ノンフィクションライター)

    WEDGE Infinity

    03月08日 09:48

  10. 10

    【参院予算委】木戸口英司議員 総務省接待問題で総務大臣の辞任を要求

    立憲民主党

    03月08日 14:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。