記事

ワクチン本当に順調に投与できるかな 慎重派(一部反対派?)と積極賛成派

地方自治体と今後ワクチンをどう実際投与していくかの会議をおこないました。それこそスムーズに投与するには、

 ワクチンの輸送、分配、保管をどうするのか
 予約体制含めワクチンの破棄をいかに少なくするのか
 同意・問診をどのように効率よく行うのか
 アナフィラキシー含めた有害事象対処は誰がどうするのか
 投与した後患者に密にならずどこで待ってもらうのか
 厚労省への報告を誰がどのようにあげるのか
 医療請求をどのように効率よくするのか
 その他etc

本当問題山積みです。

そんな中昨日の朝生であの上先生がワクチンについてまたぶち上げてました。その場で二木先生が否定してましたが、このように慎重派(反対派?)と積極派が医療界でも分かれています。(私の以前の記事

1 慎重派
 長期の副作用がわからない
 日本人のデータが少ないのに承認が早すぎる
 感染予防効果ははっきりしない
 高齢者には効かない可能性(アストラゼネカのワクチンは揉めてます(独)(仏)
 高齢者が副作用に耐えれない可能性
 日本人の死者、感染者は欧米に比べて少ない
 もう少し(暖かくなる7月ぐらいまで)待ってからでもいいのでは
 政治的に日本はオリンピックに合わせて急いでるのでは?

2 積極賛成派(現場の医療者はこちらが多い)
 証明された発症予防効果重症化予防効果が素晴らしい(感染予防効果もありそう)
 副作用もさほどではない
 投与することでコロナが収束できる可能性
 診療において下手な検査や薬より医療者を守る
 医学的には投与すべきワクチン
 その他

私は断然2です。ただPS3、4の患者さんにこのワクチンをすぐに投与するのは少し迷ってます。

あといかに若い人含めてこのワクチンをたくさんの人に投与してもらうのか。それこそ2回目投与後はそこそこ気持ち悪くなる副作用があるようですから、何かインセンティブがないとうってくれないと思っています。

ドイツでは旅行自由の権利などの免税付を発行しようなどと考えているようです。感染予防は証明されていないので少し難しいですが、それぐらい思い切ったことをやらないとワクチンへの行動変容は難しそうです。

あと副作用被害の賠償はそこそこの額が設定されているようです。ただ死亡、後遺症はわかりやすいのですが、調子が悪くて仕事休んだなどの保証まで面倒見るのかな。

ただ少なくとも急所を抑えたことでさらに感染者数は減ってきてます。このまま減ってくれることを期待しましょう。そしてワクチンをどのように投与するのか、あせらず考えていきたいと思っています。

あわせて読みたい

「ワクチン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池百合子知事の耐え難い不誠実さ。公言した目標と「謝罪の言葉」はどこへ行ったのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月06日 11:29

  2. 2

    無理筋な「イラネッチケー」裁判判決

    自由人

    03月06日 18:09

  3. 3

    静岡のメディア王と女子アナのW不倫疑惑 静岡新聞社長続投で問われるコンプラ意識

    渡邉裕二

    03月06日 10:44

  4. 4

    T・ウッズ交通事故「7つの謎」が解明される日 - 舩越園子

    新潮社フォーサイト

    03月06日 13:17

  5. 5

    菅総理と尾身先生の会見 結局東京が協力しなかったというお話し

    中村ゆきつぐ

    03月06日 08:18

  6. 6

    菅総理が知らないブラック霞が関

    千正康裕

    03月06日 17:18

  7. 7

    解呪と供養のためにシン・エヴァンゲリオンを観に行く

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    03月06日 17:11

  8. 8

    湯水のようにばらまかれた資金 バブル崩壊の前に襲ってくるインフレという強敵

    澤上篤人

    03月05日 17:22

  9. 9

    在宅勤務で気づいてしまった、通勤しただけで仕事やった感の勘違い

    かさこ

    03月06日 09:01

  10. 10

    そう遠くない金融バブルの崩壊 インフレによる資産の大幅目減りなど一般人に影響も

    澤上篤人

    03月05日 17:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。