記事

2050年カーボンニュートラル:電力改革

菅政権の政策の大きな柱として「カーボンニュートラル」があります。2050年までにCO2の排出量を実質ゼロにするという野心的な宣言です。温暖化対策は世界中で待ったなしの政策であり、我が国も環境問題での国際貢献は避けては通れない課題です。

従来、環境問題というと経済の足かせになる施策として受け止められていましたが、近年では、ESG投資に代表されるように、環境問題への取り組みはビジネスの世界でも常識となっています。もちろん、そのためにはビジネスモデルや経営戦略の見直しが迫られます。

この大きな課題に国として取り組む場合、最大のCO2排出分野である電力部門の改革が必須になります。

残念ながら、我が国では東日本大震災の原発事故以降、LNGや石炭火力発電に依存する電源構成になっています。この点をどう捉えるかが鍵となります。

ひとつは再生可能エネルギー(再エネ)の活用です。太陽光発電のシステムもかなり普及が進みましたが、発電効率などを考えると限界もあります。そこで、需要の山谷を埋める「蓄電池」の普及が期待されます。

また「洋上風力発電」にも期待が寄せられています。海上に設置して海沿いの風を利用することは、我が国の地形特性にも合っていると言えます。これらの技術を総動員して、電力を需給両面から最適化していく「スマートグリッド」の普及も重要になります。

また、水素の活用も模索されていますが、おもにコストの面で、普及までは時間は掛かると思われます。2050年カーボンニュートラル実現のプロセスをどう描くか(短期で急速に進めるか、最初はじっくりと進めるかなど)によって軸足の置き方も変わります。

問題は原子力発電です。現実的には安全性の高いものから再稼働させることになるかと思いますが、その先の新型炉の開発や廃炉後のリプレースなどは、住民の理解を得ることも含め、2050年には間に合わない可能性が高いと思います。再エネに期待しつつ、原子力への依存は徐々に減らしていくことが、やはり現実的だと思います。

ちなみに、私が経済産業大臣政務官を務めていた際に、クリーンエネルギー大臣会合(CEM)に出席し、さまざまな国の代表と議論をして参りました。温暖化による海水面の上昇で国家が沈んでしまう太平洋島嶼国などは、大変な危機感をもっています。

脱原発を宣言したドイツなどを除けば、多くの国ではCO2排出量の多い石炭火力は「悪」で、むしろ原子力がクリーンなエネルギーとして位置づけられています。実際、中国は次々と原発を稼働させ、米国もSMRという小型モジュール炉の開発を進めています。

遠くない将来、中国が世界最大の原発立地国となり、安価な電力を背景に、さらに競争力を高め、存在感を増していくことは容易に想像できます。

このように電力改革だけを見ても、多くの技術的課題を解決するために、あらゆる知恵を総動員し、国際的な競争に勝ち残らなければならないのです。2050年というと先のようですが、残された時間はそれほど多くはありません。

あわせて読みたい

「地球温暖化」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言が延長へ 都民の恐怖心を煽る小池都知事の対応に苦言

    深谷隆司

    03月05日 17:44

  2. 2

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  3. 3

    「コロナ禍でも拡大戦略」アパホテルが怒涛の新規オープンを続ける理由

    PRESIDENT Online

    03月05日 16:27

  4. 4

    予算審議で拍子抜けするほど迫力不足だった野党の追及 国民からの批判を怖れたか

    石破茂

    03月05日 16:07

  5. 5

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

  6. 6

    湯水のようにばらまかれた資金 バブル崩壊の前に襲ってくるインフレという強敵

    澤上篤人

    03月05日 17:22

  7. 7

    人類は風邪を根絶し得たことはない「ゼロコロナ」を目指す立憲民主党はムチャクチャ

    ABEMA TIMES

    03月05日 14:50

  8. 8

    絶望的な格差社会を漂流する高齢者たち アメリカが「車上生活」なら日本は「万引き」という悲劇

    木村正人

    03月05日 08:33

  9. 9

    トルコで広がる‘ウイグル狩り’――中国の「ワクチンを送らない」圧力とは

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

    03月05日 15:55

  10. 10

    『無職転生』巡り中国で大炎上 中国版”ポリコレ棒”が横行する背景

    NEWSポストセブン

    03月05日 16:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。